リジカラ装着!★S660★5台目!!

ハリルジャパンはUAEに勝ちましたね。
まあ、普通にやれば負ける相手じゃないと思ってましたが・・・
初戦は中東の笛にやられたようなもんでしたし。
オージーがイラクと引き分けたようで、少しはラクになりましたかね?
次戦はホームでのタイ戦ですからまず大丈夫でしょう。
ロシアW杯が少しは見えてきたのかな?


ところで来週開催されるフィギュアの世界選手権。
さっとんの欠場が発表されました。
四大陸欠場の時に股関節の疲労骨折で全治4週間といってましたが、
そんなに早く治るもんなのかな?とは思ってたんですよね。

彼女は練習の虫らしいので、良くなりかけたとこで練習を再開して、
さらに痛めちゃった可能性がありますよね~。
なにしろ今回の世界選手権は来年の五輪の枠獲りがかかってますから。
休んだ分を取り戻そうとがんばっちゃったのかもしれない。
来季に備えてしっかり治してくださいね。

エース不在で日本女子の3枠確保は厳しくなってしまいました。
舞依ちゃん・わかばちゃんの二人は初出場だし、
またまたピンチヒッターとなった理華ちゃんもここのところ不調だったし・・・
マジで3枠が危なくなってきちゃいました。
2枠は間違いなくいけるとは思うんですが・・・

まあ、出場する3人には思い切って自分の滑りをしてもらいたいですね。
そうすれば枠は後から自然と付いてくると思うんで!




さて本日はリジカラのネタです!
ただいま当店では、

4月末まで春のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。



本日のクルマは・・・





S660!






d0156040_1413956.jpg


S660への装着はこれで5台目となります!
プリウスぐらい売れているクルマなら装着台数が多くても不思議ではありませんが、
このクルマはそんなに台数が出ているわけじゃありませんよね?

それなのに装着台数が多いってことは、
やはりスポーツカーなんで走りに影響のあるパーツは外せないんでしょうね。





で、このお客さんは・・・



d0156040_1454835.jpg


鳥取 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。

リジカラは県外からのお客さんがほんとに多いですね~。
わざわざご来店いただけるっていうのは、ありがたいことです。





d0156040_148183.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!

S660はミッドシップですのでフロントにサブフレームがありません。
ロアアームはボディーに直接固定されているんですよね。
その固定部分4ヶ所に装着するようになります。

降雪地区のクルマですので防錆塗装をされていますね。
下回り全体がベタベタした塗料でまっ黒になってます。(笑
岡山県南部のクルマではまず見かけません。





d0156040_1412717.jpg


装着ポイントのアップです!

ロアアームは前後2ヶ所でボディーに固定されています。
どちらもブッシュが圧入されている構造ですね。
この固定部にリジカラを装着します。





d0156040_14142342.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類が2個ずつの合計6ピースになります。

両側突起タイプが2ピースと片側突起タイプが2種類で4ピースの構成です。






d0156040_14162013.jpg


まずは  部の図解です!

ここはブッシュが水平方向に固定されています。
アームの上下方向の動きを担っているブッシュですね。
リアのトーションビームと同じような構造になります。

ボディーの穴径とボルト径の違いによるスキマに突起がハマリ込むことで、
ボルトのセンターがボディー穴に揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。





d0156040_14213221.jpg


まず、塗料の剥がれている部分がボルトの締まっていた痕です。
ボディーの穴とは偏芯しているのがわかりますよね。
スキマのせいでこれだけズレていたというわけです。

そしてS660で多く見受けられる症状が・・・
矢印部分の奥側の鉄板の穴がズレているのがわかりますか?

ここは予め穴の空いたプレス鉄板を貼り合せて溶接してあるんですが、
穴位置がズレた状態で溶接されちゃったわけです。
これはS660に限ったことでは無く、いろんな車種でもあることなんです。
このクルマはズレの写真が撮りやすい(わかりやすい)んでご紹介しているんですよね。

純正の固定方法ではズレていても何の問題もありませんが、
リジカラ装着時にはこれが大きなネックになるんです。
何故かと言いますと・・・





d0156040_14274347.jpg


ズレた鉄板がバリとなって突起に干渉するので、リジカラが奥まで入らないんです。
この状態で無理やり締めてしまうと突起がツブれちゃいますからね~。
そのため出っ張っている奥側のバリ部分を切削加工してやります。





d0156040_14345621.jpg


バリを加工しましたので、リジカラは奥までしっかりとハマリ込んで、
ボディーに密着した状態になっています。

ここはブッシュを固定している部分ですのでこのまま本締めしてはいけません。
とりあえずブッシュが軽く動く状態で仮締めをして、
後から車重を掛けた状態で1G締めをします。


今回もミスリル施工をしています。
フェアの特典でサービスになっていますからね。
装着部周辺に塗ることで強度がアップしますので、
リジカラ効果を高めてくれる働きがあるんです。





d0156040_14451728.jpg


続いては  部の図解です!
ここは垂直方向にブッシュが固定されているポイントになります。

上側は両側突起タイプがボディーのガイド穴とブッシュのインナーカラーにハマリます。
下側は片側突起がインナーカラーにハマリます。
これによりボディー穴とボルトのセンターが揃い、
インナーカラーの固定位置もちゃんとセンターになるわけなんです。





d0156040_14502734.jpg


インナーカラーが固定されていた痕です!
サビが付いているのがカラーの外周部の痕ですが、
ボディーの穴とは偏芯してズレていますね。





d0156040_14523329.jpg


装着中の写真です!

上側のリジカラはいつものようにボディーに貼り付いています。
補強ブラケットとカラーの間に下側のリジカラが入っているんですが、
突起がカラーにハマリ込んでいるでわかりにくいですかね?

ここもブッシュを固定していますので仮締めにしておきます。





d0156040_14554466.jpg


リア用のリジカラです!
4種類で合計14ピースの豪華版です!!
やっぱしホンダ車はエコ贔屓されていますね。(笑

両側突起タイプが2種類で4ピースずつの計8ピース。
片側突起タイプが1種類4ピースとワッシャタイプが2ピースの構成です。

径の大きい8ピースがサブフレーム用で、
小さい6ピースはコントロールアームブラケット用になります。




d0156040_1504957.jpg


リアの装着ポイントですが、まずはサブフレーム部から。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

赤く色付けしてある部分がコントロールアームブラケットなんですが、
こちらはまた後で説明しますね。






d0156040_1524991.jpg


 部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う、一番オーソドックスなパターンですね。






d0156040_155184.jpg


装着中の写真です!

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっており、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになるんです。
下側の突起もサブフレームの穴にハマっています。

ただし4ヶ所を同時にこの状態にしないといけないんですよね~。
車輌誤差やシナリなどで最後の1ヶ所が中々入らなかったりすることがあり、
けっこう時間が掛かっちゃうんです。






d0156040_15131386.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!






d0156040_1514999.jpg


続いてはコントロールアームブラケットの装着ポイントです!
先ほど色付けをしていた部分ですね。
合計6ヶ所に装着するようになります。




d0156040_15164149.jpg


ボルト部分のアップ写真です!

 部はボルトとの間にスキマがありますが、
 部はほとんどスキマの無い構造になっています。

これは C部 で位置出しをしながら、B部 のボルトを入れやすくするための、
ホンダさんの工夫なんでしょうね。




d0156040_151984.jpg


まずは  部の図解です!

両側突起タイプがサブフレームのガイド穴と、ブラケットの穴にハマリます。




d0156040_15205088.jpg


続いて  部の図解です!

ここはスキマがありませんでしたので、突起の無いワッシャタイプを使います。
ワッシャタイプを挟み込むことで、密着度を上げる効果を出しながら、
ディスタンスカラーの役目も兼ねているんです。

B部 でフランジ部が挟み込まれていますから、
ここにも同じ厚みの物を挟まないと高さが合わなくなりますからね。





d0156040_15245490.jpg


装着中の写真です!

B部 は密着寸前の状態で上下の突起がハマっていることを確認します。
ちゃんとハマっていない状態で締めちゃうと、突起がツブれてしまいますので・・・

C部 はただのワッシャタイプなので気を使う必要はありません。(笑




d0156040_15281810.jpg


こちらも本締め後にはボルトの頭にミスリルをヌリヌリ!





d0156040_1529779.jpg


最後にフロントの1G締めをします!

ブッシュのインナーカラーが動く程度にボルトを仮締めしたら、
タイヤを付けてリフトから降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
再度リフトに入れてタイヤが接地したまま、車重の掛かった状態で本締めします。

これを1G締めと言い、これをやらないとブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しですからね。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

ここも本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
いつものように補強ブラケットにも塗ってあるのですが・・・
防錆塗料でベタベタでしたので、ウラ面に塗っておきました。(笑





d0156040_15332795.jpg


今回クスコのパワーブレースも装着しました!
リジカラとの相乗効果も期待できますかね?

最後にアライメント調整をして完了です。



オーナーさんからインプレッションをいただきました。

とても乗り心地が変わって、言われた通り硬さがなくなりました。
53号とか道が悪いところを通りますが、楽に帰れました。
こうなると他のSPOONのパーツもつけてみたくなります。
またお世話になると思いますので、その際には宜しくお願い致します。



効果を体感いただけたようですね!
また、何なりとお気軽にご相談ください!!

この度はお買上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-03-24 15:53 | リジカラ | Comments(0)

NA2ブレーキ移植!★NSX★大径ローター!!

侍ジャパン負けちゃいましたね。
ちょうど休みだったので自宅で応援しながら見てたんですが・・・
8回の筒香の打席は打った瞬間「イッタ~!!!!」と叫んだんですが、
ライト定位置ぐらいのフライでしたね。
角度的にはいつもの筒香のホームランの角度だったんですが、
球威に押されたのか、動く球を捕らえきれなかったのか・・・?

まあ、メジャーのピッチャーはスゴイってことですね。
3・4・5番打者が全員ノーヒットに抑えられたんだから。
TVで見ていても球が動いているのがわかるぐらいじゃったし。

守備のミスが2回とも得点に繋がっちゃたのも痛かった。
まあ、菊池はホームランで獲り返したけど。
ツキが無かったってことなんですかね?
やっぱ、アメリカが本気出すと強かったということですか??
プエルトリコに完封勝ちだったようで、初優勝おめでとうございます。

さあ、侍ジャパンは東京五輪に向けて一旦リセットですね。
めざせ五輪の金メダル! 





本日はブレーキの大径化の作業ネタです!

クルマは・・・







NSX!







d0156040_14534328.jpg


NSXのオーナーさんはみなさんキレイにされていますね~。
もちろんこのクルマもピカピカでしたよ。

NSXは3.2Lエンジン&6MTに変更されたマイナーチェンジで、
ブレーキも大径化により強化されているんです。
この時に型式もNA1からNA2に変更されましたので、
大径化された物を「NA2ブレーキ」って呼んでいるんです。

NSXは15年間も生産されていましたので、
各部が時代に合わせて進化しているんですよね。
さほど台数の見込めないクルマに改良を続けたあたりは、
ホンダさんのフラッグシップモデルへの熱意が感じられますね。

で、それらの後期型パーツを前期へ流用することで、
前期型も進化させることが可能になるわけです。
当店でもお馴染みの後期ABS換装やエアコンの134a化、
6MTへの載せ換えなんて流用が出来るんですよね。

数年しか生産していないクルマだと純正部品は進化していませんし、
次モデルの部品だと流用できない場合が多いでしょうからね。
やはり15年も生産されていたNSXならではのチューニングなんですよ!!



さてそれでは作業のご紹介です!






d0156040_1522836.jpg


まずはフロントキャリパーです!
左側がNA2用の新品キャリパーになります。

パッと見ではサイズとかの違いは無さそうに見えます。
まあ、ピストン径とか測ったわけじゃありませんけど。
大きな違いはキャリパーのキレイさ!?(笑

NSXは初期型からフロントブレーキは2POTです。
さらにNSXの刻印(浮き彫り?)も入っていてカッコイイですね。


社外品でブレーキオフセットキットっていう物も発売されています。
これはノーマルのキャリパーを外側にオフセットさせることで、
大径のローターに変更することが出来るキットなんです。
オフセットさせるためのステーと大径ローターがセットになっています。

でもそのキットだとキャリパーはそのまま再使用となります。
NA2ブレーキはキャリパーも新品に交換しますので、
オーバーホール+大径化を考えたらこちらのほうが良いと思いますね。






d0156040_15354194.jpg


ローターはディクセルのスリットローターをチョイス!
純正ローターってけっこう高いんですよね。

ローターの大きさはこれぐらい差があります。
もちろん手前のサビてるほうが付いていたNA1用ですよ。(笑
NA1は純正ホイールが15インチでしたので、
このNA2ローターに交換すると使えなくなります。
まあ、インチアップしているクルマが多いでしょうから問題無いと思いますが・・・






d0156040_15415394.jpg


キャリパーブラケットです!

キャリパーを外側にオフセットさせるために寸法が異なっています。
これも一緒に交換しないとNA2ブレーキは移植できません。
新品部品はキャリパーとブラケットがセットでしか注文できないんですが、
もし中古品を使おうと思ったら注意が必要ですね。






d0156040_15461153.jpg


フロントブレーキの組み付け完了です!

写真には写っていませんが、ホースもステンメッシュに交換しています。
パットもディクセル製を組み合わせてあります。






d0156040_1547479.jpg


交換前後の比較写真です!
こうやって比べると大きさの違いが良くわかりますね。






d0156040_15495175.jpg


続いてリアのキャリパーです!
フロントと違ってこちらは明らかにピストン径が大きくなっています。

NSXはミッドシップですのでリアのほうが重いんです。
ところが初期型ではブレーキバランスがフロント寄りになっていたようで、
リアの効きが悪かったみたいなんです。
と、いうよりフロントが効きすぎて、ロックしやすいらしい・・・

そこでNA2ではローターの大径化に加えて、
リアキャリパーのピストンを大きくして制動力を高めたようなんです。
たしかにこんだけ大きいと効きは全然違うでしょうね~。






d0156040_15562029.jpg


リアローターもディクセルのスリットローターです!

フロント用よりも径の違いが大きいですね!!
ローター径はより大きく、ピストン径も大幅アップで、
制動力はかなり違っていることでしょう。






d0156040_1603224.jpg


もちろんリアのブラケットも寸法が異なります。






d0156040_1655275.jpg


リアも組み付け完了です!
最後にブレーキオイルのエア抜きをして完成となります。







d0156040_167465.jpg


リアの比較写真です!
やはり径の違いが一目瞭然ですね。

これでミッドシップに合ったブレーキバランスに変化したことでしょう!



で、このお客さんは・・・





d0156040_1684188.jpg


兵庫県 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございました。
また何なりとお気軽にご相談ください。


この度はご依頼ありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-03-23 16:19 | NSX | Comments(0)

リジカラ装着!★ANH20W ヴェルファイア★足廻りのリフレッシュも!!

4月末まで春のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。


おかげさまで多くのご注文をいただいておりまして・・・




d0156040_18511014.jpg


取付け待ちのリジカラがこんな状態になってます。
今度の3連休も作業予約で埋まっちゃってるんですよね~。
日程的にご迷惑おかけするかもしれませんが、ご了承ください。


さて本日のクルマは・・・




ANH20W ヴェルファイア!





d0156040_18562262.jpg


ヴェルファイアへの装着は2台目になりますね。
ミニバンへの装着も久々ですね。

オーナーさんは以前にプリウスにリジカラを装着しています。
なのでリジカラ効果は体感済みなんですよね。
今回足廻りをリフレッシュしたいので、一緒にリジカラも!とのご依頼だったんです。







d0156040_1902842.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですが、
車重があるクルマですのでフロント側に補強フレームが追加された構造になってます。






d0156040_193173.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。






d0156040_1952258.jpg


ハイ!恒例のクリップです!(笑
最近のクルマはアンダーカバーに多くのクリップが使われているんです。
特に高級車になるとカバー自体も大きいもんで・・・
でもマツダ車に比べれば少ないほうかも?(笑







d0156040_1991415.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが4ピースずつの構成です。





d0156040_19105244.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
下側に片側突起タイプを使う一番オーソドックスなパターンですね。

両側突起タイプは上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。
片側突起タイプはサブフレームの穴のみにハマリます。






d0156040_19141225.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっており、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、突起のテーパーに沿って上がりますので、
ボルト・サブフレーム・ボディー穴のセンターが自然と揃うことになります。
下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマってますね。


今回もミスリル施工をしています。
フェアの特典でサービスになっていますからね。
装着部周辺に塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんですよね~。





d0156040_19194848.jpg


続いて  部の図解です!

基本的な構造は先ほどと同じです。
ここはガセットプレートが共締めになっています。





d0156040_1921857.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
4ヶ所を同時にこの状態にしないといけませんので、けっこう時間が掛かります。
サブフレームのシナリなどで最後の1ヶ所がハマらなかったり・・・
けっこう個体差で時間が変動するんですよね。





d0156040_19234538.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。
オマケでガセットプレートにもヌリヌリしてあります。






d0156040_19251768.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。






d0156040_19265261.jpg


ボルト径とボディーの穴径に差があるのでスキマが出来ています。

ここは補強プレートが共締めされています。
黒い鉄板が補強プレートです。
矢印部分の穴から見える白い部分はボディーの鉄板です。
ボディー鉄板の穴から見える茶色っぽい部分はブッシュのインナーカラー端面です。

つまりボディー鉄板と補強プレートのダブルでスキマが出来ていて、
各々のスキマから奥が見えているってことですね。





d0156040_1932791.jpg


トーションビーム用のリジカラです!

突起の形状がいつもとは異なっています。
ダブルのスキマがありましたので、突起も2段階の形状になっています。
ボディー穴と補強プレート両方のスキマを埋めるためですね。






d0156040_19343175.jpg


リアの図解です!

先ほどの突起がスキマにハマリ込むことで、ボルトとボディー穴のセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんです。
さらに補強プレートのスキマも埋まるようになります。

このタイプのリジカラはボルトのフランジとボディーに挟まれる本体部分が、
フロント用とかに比べて肉厚に作られているんです。
これはボディー鉄板の補強板の役目も兼ねているんですよね。
補強プレートに加えてさらに補強をすることになりますので、
ボルトの締付けトルクがしっかりと掛かり締結強度がアップするんです。





d0156040_19395013.jpg


このクルマはボルトの根元にスプラインが切ってあります。
リジカラがこのままでは入らないので切削加工をしておきます。





d0156040_19411570.jpg


本締め後はやはりボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
補強プレートにも塗ってありますよ~。

もちろん1G締めをしないといけません。
ここはブッシュを固定している部分ですので、
リフトアップしたまま本締めをするとブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとリジカラ効果が台無しですからね~。

まずリフトアップした状態でボルトを仮締めします。
ブッシュのインナーカラーが軽く動くぐらいの硬さですね。
タイヤを付けてクルマを降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
再度リフトに載せてタイヤが接地した状態で、車重を掛けたまま本締めします。

簡単なことですが大事なポイントなんです!



今回は足廻りのリフレッシュ作業もやりました。



d0156040_19594847.jpg


まずはフロントです!

今回ショックは純正品をチョイスしました。
アッパーマウントやアッパーベアリング・ダストブーツ等も新品にしました。




d0156040_2011546.jpg


続いてはリアショックです!
こちらもダストブーツやマウントゴムも新品にしてあります。

新品ショックとリジカラの相乗効果で乗り心地はバッチリでしょうね!


この度はお買上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-03-17 20:09 | リジカラ | Comments(0)

進化剤施工!★BMW M2★ゴルフ7★ミスリル&RECS施工!★フィットRS★

小久保監督ごめんなさい! 
あなたの見る目は確かでした!!(笑

昨夜のイスラエル戦。
先発の千賀投手が5回1安打無失点に抑えているのに、
侍ジャパンもランナーは出すが無得点の膠着状態。
何とか流れを変えたい時に、筒香の値千金の先制ホームラン!
ここぞってとこで4番の仕事をしてくれました。
流れに乗った日本は一挙5得点のビッグイニングになりましたね。

その後1死満塁のチャンスでもう1本出てれば最高だったんだけどね。
まあ、5点も獲った後だったんで、空振り三振もご愛嬌ってことで・・・(笑
8回には4番の貫禄で敬遠され、得点に繋がったし。

前日のキューバ戦では2度の同点タイムリーを含む3安打と1四球で凡退なし。
でもチームには貢献したけど、ホームランが無かったのが残念。
やはり4番バッターに期待されるのは、ねえ。
昨日みたいに1本で流れがガラッと変わっちゃうんだもんね~。

どうしても筒香には厳しく見ちゃうんですよね~。
今までを良く知っているだけに、重圧に負けないかと心配で・・・
その分、打った時にはTVの前でガッツポーズしながらの絶叫ですけどね。(笑

昨年の本塁打王ではありますが、40本越えたのは去年だけなんです。
それまでは20本台だったわけで・・・
ベイファンの大きな期待をルーキー時代から背負いながら、
その期待に応える結果が中々出なかったんです。
なので心配性な親心が・・・


中田がホームランは打ってるもののイマイチ本調子ではない状態で、
山田が復活してきたのは大きなプラス材料ですね。
青木・内川も2塁打が出たし、坂本・松田・小林は好調をキープしてますし・・・
あとはピッチャーですね。

今まで先発が打ち込まれていましたが、昨夜は完璧でした。
ロングリリーフ要員だった千賀を先発させたのはナイス采配でした。
半面、今まで無失点だったクローザーの牧田が3失点。
完封リレーになると思ってたんですが・・・
牧田の時は捕手を炭谷に変えたほうがいいんじゃないかな?
日頃からいつも受けてるわけじゃし、
キューバ戦では完璧なコンビネーションで三者凡退だったんだから。

いよいよあと2勝で世界一奪還です!
何かアメリカラウンドが混戦になってるようで、
準決勝でいきなり前回優勝のドミニカと当る可能性も・・・
できればプエルトリコにリベンジしたいけどね。

さあ、アメリカに行っても
ガンバレ!侍ジャパン!!
筒香も打てよ!!!(笑





さて本日は進化剤&ミスリル&RECSのネタです。

まずは進化剤から。
1台目のクルマは・・・





BMW M2!






d0156040_17314664.jpg


2シリーズクーペのハイパフォーマンス・ホットモデルですね!
バンパーのデザインも凄いし、フェンダーの張り出しも・・・
ブレーキもデッカイのが付いてました。

オーナーさんは過去にアクセラとVWシロッコRに施工されています。
進化剤の効果を体感済みですから、このクルマにも!っていうのは当然の流れです。




で、このお客さんは・・・


d0156040_1735512.jpg


岩国 からのご来店なんです!
遠方から何度ものご来店ありがとうございます。






d0156040_17364156.jpg


まずはエンジンに施工しました!

最近のBMWはレベルゲージが付いていないんですよね。
そのため少量ずつ数回に分けて注射器で注入します。
長めのホースを注射器に挿して、壁面を流すように注入します。
壁面であれば進化剤が直接かかっても問題ありませんからね。

で、エンジンを掛けて回転を上げた状態をキープ。
エンジンを止めて、また注入! これを何度か繰り返すわけです。
そうやって徐々に進化剤の濃度を上げていくんです。

レベルゲージの無いエンジンは少々施工に手間が掛かりますから、
料金も若干割高になりますので、ご了承ください。






d0156040_17433258.jpg


エアコンにも施工しました!
かなり奥まったところだったんで、けっこうやりにくかったですが・・・(笑






d0156040_17443189.jpg


冷却系進化剤 ZOMA! も施工しました。

エンジンの水温を下げる働きがあります。
シリンダーヘッドやブロックの歪が減ることで、圧縮抜けが低減できるんです。
その結果、低速トルクがアップする効果があるんですよね。

ただしZOMAを施工するとシリンダーの引き締め効果で回転が重くなります。
そのためエンジンに進化剤を施工してあることが条件になります。
今回のように同時施工でもOKですけど・・・

本当は先にエンジンに施工しておいたほうが、より効果はわかりやすいんですがね。
遠方からのご来店ということで、やれる施工は全部しておきたいとのことでした。
まあ、進化の過程の体感度合いが違うだけで、最終的な結果は同じなんです。


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑




2台目のクルマは・・・




VWゴルフ7 ヴァリアント!








d0156040_17554441.jpg


エンジンに4回目の施工となりました!

進化剤は複数回施工される方や、
2台目、3台目と施工されるリピーターのお客さんが多いんです。
一度効果を体感してしまうとヤミツキになっちゃうんですよね。
それだけ進化剤の効果がスゴイって証拠です!






d0156040_1758633.jpg


エアコンにも2回目の施工をしました!

こちらはよく見える位置だったので、ホッと一息・・・(笑


やはり進化剤のドロ沼からは・・・(笑



続いてはミスリル&RECS施工です。

クルマは・・・


けいんさん の・・・





フィットRS!





d0156040_1822110.jpg


まずはRECS施工です!

このクルマはスロットルやインマニが、
バルクヘッド側の奥まった位置にあるんですよね~。
そのため施工をするのにワイパーやアッパーリッドパネルを外さないといけません。
パネルを外すことでやっと負圧のホースにアクセスできるんです。
ちょっと手間が掛かりますが、しょうがありませんよね。

このように通常とは異なる部品の脱着が必要な車輌は、
施工料金に加えて追加工賃が発生しますのでご了承ください。






d0156040_189315.jpg


さあ、白煙モクモクの儀式です!
って白煙はほとんど出ませんでしたが・・・(笑

軽くレーシングした時にホワッと出たくらいでした。
でも例のクッサイ臭いはバンバンにしてましたんで、洗浄液はバッチリ燃えてます。




今回はプラグ交換もしました!
というか、こっちがメインの作業なんですけどね。





d0156040_18115783.jpg


NGK IRIWAY7! 

じつはプラグ交換もアッパーパネルを外さないと作業できないんです。
ちょうど交換時期が来たので交換することになったのですが、
どうせアッパーパネルを外すならRECSもやっとこうかってパターンです。

新品のプラグにミスリルを施工しました。
プラス側とマイナス側に塗ってありますので、電気抵抗が減る効果があります。
その結果火花が強くなるんですよね~。
低速トルクがアップしたり、燃費にも影響が出るんじゃないかと思います。

火花が強くなることで耐久性が心配されますが、
何台も施工実績がありますが今のところ大きな弊害は出ていませんね。
私のウィッシュでも問題なく使ってます。
プラグ交換のついでにオススメの施工ですよ!!


この度はお買上げありがとうございました。








d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-03-16 18:38 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★ZVW30 プリウス★

昨夜の侍ジャパン、やっとこさの勝利でしたね。(笑
国際試合は内容よりも結果が大事と言われてますが、
今後の試合に不安が残る内容でしたね。
まあ、勝ったから良しとしましょうか?!

先日、私が 「ゴメン!」 と謝ったとたんにダメダメ筒香になっちゃいました。(涙
1次ラウンド最終戦でも3打数1安打0打点ではあったのですが・・・
昨日は2三振に3凡打と大ブレーキ!!
プレッシャーに弱い筒香が顔を出しちゃいましたかね~。

当初の2試合は中田がソロ本塁打のみの1安打だったかわりに、
筒香が5打点の活躍でしたが、昨夜は立場が逆転しちゃいましたね。
でも中田は打てなかった2試合でも3四球を選んでます。
ところが筒香は4試合で1四球のみ。

4試合の二人の成績を比べてみると・・・
中田が、17打席・5安打・3本塁打・8打点・3四球・1三振
筒香は、17打席・4安打・2本塁打・5打点・1四球・4三振
安打数はさほど変わりませんが、打点と四球と三振の数字が・・・
やっぱし中田が4番のほうが良いんじゃないかな~?

坂本も好調なんで5番にして、筒香も6番あたりならプレッシャーも少ないはず。
でも小久保監督は変えないんだろうな~。
なんで最初に「4番筒香宣言」しちゃうのかが理解できない。
調子を見て臨機応変に打順を組替えてもいいと思うんだけどな~。
全然調子の上がってこない山田も心配じゃけど・・・

次戦でキューバに勝てば決勝ラウンドが見えてきます。
苦労したオランダとはもう決勝まで当らないしね。

ガンバレ!侍ジャパン!! 筒香もね・・・(笑


さて本日はリジカラのネタです。


現在、当店では

4月末まで春のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。

 


本日のクルマは・・・





ZVW30 プリウス!








d0156040_1547599.jpg


プリウスへの装着は当店ではダントツトップの台数です!
もう、かれこれ20台以上は装着しています。

でも昨年夏にプリウスαのリア装着して以来なんで、久々ではありますが・・・





d0156040_1691031.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!

片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。





d0156040_16103874.jpg


恒例のクリップです!(笑
最近のクルマはアンダーカバーを外すのにけっこう手間が掛かります。
マツダ車に比べれば少ないですが、
プリウスはこの他に補強バーとかも外さないといけないんですよね。





d0156040_1626885.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。







d0156040_16272247.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプと片側突起タイプが4ピースずつの構成です。
以前のプリウス用は両側突起タイプ4ピースのみだったんですが、
仕様変更されて8ピースに改良されました。






d0156040_16295927.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所とも同じ方式になっています。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使い、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴に突起がハマリます。
下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。
一番オーソドックスな組合せのパターンですね。






d0156040_16323345.jpg


まずは  部の装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっており、
下向きの突起の先端はサブフレームの穴に掛かっています。
このままサブフレームを上げていけば、突起のテーパーに沿って上がりますから、
自然とセンターが揃うことになるんです。

下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリル施工をしています。
フェアの特典でサービスになっていますからね。
装着部周辺に塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんですよね。





d0156040_16382088.jpg


続いて  部の装着中の写真です!
ここはガセットプレートが共締めになっています。

リジカラは先ほどと同じ状態になっています。
とはいえ、4ヶ所を同時にこの状態にするのに苦労させられるんです。
特にプリウスはサブフレームのシナリが大きい個体が多くて、
最後の1ヶ所が中々入らない場合があるんです。

ウチではプリウスの台数をこなしてきましたんで、
そんな時に使うマル秘テクニックがあるんですけどね。(笑






d0156040_1744825.jpg


で、ここのポイントによくあるトラブルがコレです!
ボディーはプレスした鉄板を何枚か重ねてスポット溶接してあるんです。
その鉄板には元々穴が空いているんですが、
この穴の位置がズレた状態で溶接されてしまっているんです。
で、ズレた鉄板がバリとなって突起が奥まで入らないんですよね~。

純正の固定方法だと鉄板がズレていても何の問題もありませんので、
トヨタさんがここに気を使うっていうことは無いわけです。
まあ、これはトヨタ車に限らずいろんなメーカーの車種にあることなんですが・・・
サブフレーム側にバリが出ていることも多々あります。

スプーンさんは突起の寸法をけっこうキツキツに作ってあります。
バリがあってもすんなり入る寸法だと意味がありませんからね。
ただ、取付け説明書にはこの問題の記載がありませんので、
あまり経験の無いお店だと「寸法が違うじゃないか!」ってことになっちゃうかも?
老婆心ながらクレームにならないのか心配になります。(笑






d0156040_176773.jpg


本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。
ガセットプレートにもオマケで塗ってあります。






d0156040_17105152.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

毎度お馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着します。







d0156040_17125841.jpg


ボディーの穴径とボルト径に差があるのでスキマが出来ています。
矢印部分の穴の中に見える灰色の部分は、ブッシュのインナーカラー端面です。
つまりスキマから奥が見えているってことですね。






d0156040_17153491.jpg


こちらもお馴染みのトーションビーム用リジカラです!

センター部分の突起が先ほどのスキマにハマるようになります。
このタイプのリジカラは本体部分が肉厚に造られています。
ボディーの鉄板とボルトのフランジ部に挟まれる部分になりますので、
ここを肉厚にすることでボディーの補強板の役目も兼ねているんですよね。
補強することでボルトの締付けトルクがしっかりと掛かり、締結強度がアップするんです。





d0156040_17194010.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマリ込むことでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになるんですよね。






d0156040_1721893.jpg


こちらも本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

もちろん1G締めをしていますよ!!
ブッシュを固定している部分ですので、リフトアップした状態で締めてはいけないんです。
タイヤを接地させて、車重を掛けた状態でブッシュを落ち着かせて本締めします。
これをやらないとブッシュにヨジレが出てしまうんですよね。
簡単なことですが大事なポイントなんです。


最後にアライメント調整をして完了です。

この度はお買上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-03-13 17:37 | リジカラ | Comments(0)