エアコンサーボモーター修理!★ウィッシュ★てっきりキシミ音かと・・・

台風一過の晴天!



d0156040_1429851.jpg


まさにその言葉通りの青空ですね。
朝の通勤途中なんかは雲一つない晴天だったりしました。

台風の直撃は避けられたものの、けっこう風雨は強かったですね。
みなさんは被害はありませんでしたか?
夕方ぐらいから雨脚が強まり、ウチの前の歩道は川になってました。(笑
いつも夕立とかのドシャ降りの時にはお馴染みの光景なんですが、
今回は閉店時間までず~っと川のままでしたね。

昨夜は帰りにスーパーで買い物をして、
住宅街を抜けて農道に出るルートで帰ろうとしたんです。
(昨年のあの花火大会の時に通ったルートです。)

住宅街に入って角を曲がった途端、
ザバザバザバ~~~ って凄い音が・・・
何と道が冠水してるじゃないですか!
それもけっこうな深さです。

その道は住宅街の外周になる道なんですが、
反対側に1~2m幅ほどの用水路があるんですよね。
そこから水が溢れていたんだと思われます。
農道もどうなってるかわからなかったので、Uターンして30号線で帰りました。
あれから2時間あまりは雨が強く降ってたから、
周辺の住宅は床下浸水とか大丈夫だったかな~?




さて本日はエアコンのサーボモーター修理のネタです!
溜まってるネタがたっぷりあるんで早めに消化していかないとね。(笑


本日のクルマは・・・




ウィッシュ!





d0156040_14483768.jpg


ハイ、私の通勤鈍足号です!(笑





d0156040_14493288.jpg


春先頃から矢印部のパネルあたりからキシミ音がしていたんですよね~。
ギシギシキシキシってかんじの音だったんで、
てっきりこのパネルが何かに擦れて音が出てるもんだと思ってました。

ただ音が出る条件が一定では無かったので若干違和感はあったんですよね。
信号待ちで止まってる時に出てたのが、走り出したら止まるとか・・・
さほど大きな音では無かったので、
「そのうちパネルをバラしてスポンジでも貼るか!」ぐらいのつもりで放置してました。
医者の不養生ってヤツで中々自分のクルマだと・・・(笑

最近涼しくなってきたんで、夜はエアコンを切って窓を開けて走ることが多くなりました。
で、ある時キシミ音が出ていないことに気付いたんです。
確認のためエアコンをONにすると、しばらくして音が出始めました。
ここでやっとキシミ音で無いことが判明!

以前にアルテッツァジータで同じような症状を修理しましたが・・・

http://mizoarf.exblog.jp/20861883/

この時はあきらかにどこか壊れてるんじゃないかと思うほど盛大な音がしてたんです。
ところが今回はさほど大きな音では無く、
マジでキシミ音と効き間違えるようなレベルの音だったんですよね~。
と、言い訳してみる。(笑

音の出る条件が一定でない時点で他を疑うべきだったんでしょうが、
キシミ音だと思い込んでいたもんですから・・・

原因がわかったので修理に取り掛かることにしました。





d0156040_1585698.jpg


エアミックスサーボモーター! 

この黒い箱が音の元凶だったんです!!
部品代は数千円レベルの物のようなので、
お客さんのクルマなら確実性を考慮して新品交換するんですが・・・
自分のクルマだし、ブログのネタにもなるし(笑)ってことで修理してみました。

この部品がどんな役目をしているのかと言いますと・・・
ダクトから出てくる風の温度調節をしているんです。
エバポレーターを通った冷気とヒーターコアを通った暖気を、
ミックスして設定温度に調節しているんですよね。



d0156040_15164979.jpg


エアミックスダンパーというのがダクトに流れる風を、
コントロールしている扉というか蓋というかのような機構なんです。
冬場はエバポを通った冷気が直接ダクトに流れないよう蓋をして、
ヒーターコアを通すようにして暖房にします。
夏場は反対にヒーターコアのほうに蓋をして冷気を直接流すわけです。
で、この蓋の動きをコントロールしているのがサーボモーターなんですよね。

実際にはこの図のように100%蓋をするのは、
温度設定を夏場に最冷にしたり、冬場に最暖にしたときぐらいなんです。
普段は蓋はこの中間で動いて、冷気と暖気をミックスさせて、
室内を設定温度に保とうとするんですよね。

まあ、これはオートエアコンならではの動作なんですが。
温度設定を常に一定に設定しているとこの症状が出やすいらしい。
って、オートエアコンはそういう使い方をするもんじゃないの・・・?
と思っちゃいますが。(笑





d0156040_15364697.jpg


まずはサーボモーターを取り外します。
ってホコリが凄いことに・・・(笑

ウィッシュは簡単に外すことができましたが、
車種によってはサイドブレーキレバーを外す必要があったりするらしい。
その点からもお客さんのクルマだったら新品交換ですよね。
サイドを外すとなると工賃も掛かるし、直るかどうかの冒険はできませんよね。

この黒い箱の中にモーターとギアが仕組まれており、
エアコンのコントロールユニットからの信号で白いレバーを動かします。
このレバーにミックスダンパーが繋がっていて蓋の開閉をするわけです。




d0156040_15464085.jpg


箱を開けると中にはモーターとギアが組み込まれています。
年式が年式ですのでプラスチックが硬化しちゃってますから、
ツメを折らないように注意が必要です。

一番大きい白いギアが今回の原因になります。
このギアに先ほどのレバーが固定されているんですよね。





d0156040_1550978.jpg


先ほどのギアのウラ側です。

何やら基盤のようになっておりグリスが塗ってありますね。
右下部に60度ぐらいの幅で筋が付いているのがわかりますか?
これはユニット側の端子が接触していた痕なんです。

このシステムは ポテンショメーター といいまして・・・
ギアが回転することで端子の接触する位置も円周上で変わります。
接触する位置によって抵抗値が変わるように作られています。
抵抗値が変わることで端子に流れる電圧も変化します。
その電圧変化をコントロールユニットに送ることでレバーの位置を検出しているんです。

で、今回の原因となったのが矢印部分。
古くなって汚れたグリスが溜まっているのがわかりますかね?




d0156040_1694633.jpg


アップにしてみました!
これならグリスが溜まっているのがわかりますね。

溜まったグリスによって電流が端子に流れなくなっちゃうんです。
そうなるとコントロールユニットは現在の位置が判明できなくなります。
で、モーターが正回転と逆回転を小刻みに繰り返すようになり、
ギシギシ音が出るようになっちゃうんですよね。

オートで温度設定を一定のところにしていると、
ギアがあまり回転しないのでグリスが溜まりやすくなるということのようです。
症状がヒドくなるとギアが全く回転しなくなり、
温風や冷風に調節できなくなってしまうようです。


古いグリスを拭き取って、新しいグリスを薄~く塗っておきました。





d0156040_16202966.jpg


ユニット側の端子もご覧のとおり!
汚れたグリスがテンコ盛りになっていますね~。
もちろんキレイに拭き取っておきましたよ!!





d0156040_16223361.jpg


箱を組み立ててレバーを固定し、クルマに装着したら完了です!
無事に音は消えました。
涼しくなったとはいえ、まだまだエアコンを使う機会は多いですからね~。
もっと早くに修理しておけば良かったな~。

キシミ音だと思い込んでましたから・・・
自分のクルマとはいえ、ちゃ~んとチェックしないといけませんね。(笑







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-09-18 16:35 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

リジカラ装着!★VW ゴルフ6 R★ ダウンサスも!!

なんか台風が直撃コースになってますね~。
今回は大型みたいなんで直撃となるとちょっとヤバイかも??
いつものように日本海とか高知沖とかにそれてくれるとありがたいんですが・・・
数年に一度ぐらいの割合でこのへんにも被害が出ますもんね。



さて本日はリジカラのネタです!


ただいま当店では・・・

10月末まで秋のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。



本日のクルマは・・・




VW ゴルフ6 R!





d0156040_15435695.jpg


ゴルフ6のハイパフォーマンスモデルですね!
2リッターDOHCターボのハイパワーエンジンに、
6速DSGと4MOTION(4WD)システムが組み合わされています。
このボディーで256PSだそうなので、さぞかし速いんでしょうね~。






d0156040_16194112.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。


装着ポイントが多いのでいつものパターンではなく、色分けにしてあります。

 印が  部です。

 印が  部です。

 印が  部です。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
やはりコンパクトクラスだとこの構造が国際的なスタンダードになってますね。

このクルマはサブフレームがアルミ製になっています。
前後方向の幅もけっこう広く、強度がありそうです。





d0156040_16233385.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。





d0156040_16244920.jpg


フロント用のリジカラです!
2種類が6個ずつの合計12ピースになります。

両側突起タイプとザグリワッシャタイプが6ピースずつの構成です。





d0156040_1627322.jpg


フロントの図解です!
6ヶ所ともに同じ方式になっています。

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。

サブフレーム下側は突起の無いザグリワッシャタイプを使います。
下側に突起の無いタイプを使うクルマの場合は、
サブフレームのシナリとかが多い車種なのですが・・・

このクルマの場合はサブフレームがアルミ製なので、
おそらく穴位置の融通が利かないんだと思われます。
そのため下側も突起を付けるとボルトが入らなくなる恐れがあるのかと!?




d0156040_16352097.jpg


まずは  部の装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態になっており、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。

この状態でサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになるんです。

下側はザグリワッシャタイプですのでボルトにハメておけばOKです。


今回もミスリル施工をしてますよ!
フェアの特典でサービスになってますからね。
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。




d0156040_16404712.jpg


続いて  部の装着中の写真です!

ここも先ほどと同じ状態になっています。





d0156040_16415890.jpg


続いて  部の装着中の写真です!

ここはサブフレームではなくロアアームブラケットの固定部になります。
反対側はサブフレームに固定されており、
こちらはボディーに直接固定される構造になっています。

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いた状態になっていますね。
6ヶ所が同時にこの状態になったらサブフレームを上げてボルトを本締めします。
ところがこの6ヶ所同時にっていうのが中々のクセモノでして・・・
1ヶ所が入りにくいっていうような事が頻繁にあるんです。
なのでけっこう時間が掛かっちゃうんですよね。
まあ最近はマル秘テクを駆使して、だいぶ時間短縮できるようにはなりましたが・・・(笑






d0156040_1650093.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。





d0156040_16505346.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

サブフレームをボディーに固定している部分ですね。
リアのサブフレームはけっこうイビツな形状をしている物が多いんです。
そのためアルミでは成型が難しいんでしょうね。




d0156040_177559.jpg


リア用のリジカラです!
2種類が4個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプが4ピースと、
ザグリ付片側突起タイプが4ピースの構成です。




d0156040_17401491.jpg


リアの図解です!
こちらも4ヶ所とも同じ方式になっています。

サブフレーム上側は両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマリ、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマるようになります。

下側は片側突起がサブフレームの穴にハマリます。




d0156040_17432094.jpg


まずは  部の装着中の写真です!

やはりここも上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
フロントと同じように上下の突起が各々の穴にハマった状態ですね。
下側も突起がサブフレームの穴にハマっています。





d0156040_17453933.jpg


続いて  部の装着中の写真です。

ここも先ほどと同じ状態になっています。
4ヶ所が同時にこの状態になったらサブフレームを上げてボルトを本締めします。





d0156040_17472926.jpg


こちらも本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
ワッシャ状の部分にもオマケで塗ってありますよ。


リジカラの装着作業はこれで完了なのですが、
今回はスプリングの交換もやりました!




d0156040_18205039.jpg


H&R SPORT SPRING! 

輸入車用のスプリングでは有名なH&Rのダウンサスです。
冷間成形でヘタリを防ぐ耐久性を実現したスプリングになります。
こちらはフロントですね。





d0156040_18272545.jpg


もちろんリアも交換していますよ!




d0156040_18275854.jpg


装着後の写真です!

スポーツグレードですので元々車高が低かったですから、
ダウンサスを組んだ後でもさほど差が無いのが寂しいんですが・・・(笑
メーカーのデーターでは前後とも2cm程のダウンとのことでしたので、
はっきりわかるほどの落ち幅ではないんですよね。


最後にアライメント調整をして完了です!


この度はお買上げありがとうございました。






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-09-16 09:24 | リジカラ | Comments(0)

SPOON STIFF PLATE装着!★S660★ ステアリング用も!!

ベイスターズはついに4位転落してしまいました。
カープとの3連戦初日は投手陣の踏ん張りで勝利!
ゲーム差無しで並んでいた巨人は9回に追いつき延長12回引き分け。
ここで0.5ゲームリードしたんですが・・・

翌日ベイスターズはボロ負け。
巨人が阪神に勝ったので逆転され4位に転落。

そして昨夜もカープに1点差で負けちゃいました。
8回表のノーアウト満塁で無得点っていうのが痛かった・・・
よく「ノーアウト満塁は点が入らない!」と言われるのでイヤな予感はしたけど、
本当に1点も入らないとは思わなかった。

そのウラにカープに勝ち越し点が入り、
9回表ワンナウト1・2塁からダブルプレーでゲームセット!
巨人が引き分けたのが不幸中の幸い?
でもまたまた9回に追いついての引き分けじゃからな~。
阪神にがんばって勝ってもらいたかったですね。
まあ、阪神が負けなかったことで胴上げは見ずにすみましたが・・・(笑

さあ、週末は巨人との直接対決2連戦!
なんとか2戦とも物にして逆転3位と行きたいところです。
ただ台風が接近してきているのが気になるところ。
東京ドームなんで雨の心配はありませんが、
観客の安全を考えたら中止になるかもしれませんね。
さてさて、どうなることやら・・・




さて本日はリジカラ・進化剤以外のネタをご紹介します!
他の作業のネタがたんまりと溜まってきているんで早めに更新しないと!!





S660!





d0156040_13302854.jpg


以前にリジカラの装着でご紹介したクルマです!
今回はリジカラとの相乗効果が期待できる作業なんですよね~。



で、このお客さんは・・・




d0156040_1332157.jpg


鳥取 からのご来店でした!
遠方からわざわざのご来店ありがとうございます。


今回装着したアイテムは、まず・・・




d0156040_13335843.jpg


SPOON STEERING STIFF PLATE KIT! 

ステアリングギアボックスの固定をより強固にするキットです!!
S660のギアボックスはボルト2本での固定のため、
「剛性不足」「頼りなさ」があるようなんです。
このキットを装着することで剛性を上げてやることが出来るんです。

キットの内容は・・・
ギアボックス固定ボルト部に挟み込むリジカラが4ピースと、
補強用のSTIFFプレート2枚の構成になっています。




d0156040_13412067.jpg


STIFFプレートには「SPOON」のロゴが抜かれています。
このあたりもニクイ演出ですね!





d0156040_13442264.jpg


ボンネットを開けてユーティリティーボックスを外せば、
ギアボックスが丸見えになります。
S660はミッドシップですのでフロントにエンジンはありませんからね。





d0156040_13444424.jpg


ギアボックスを固定しているボルト部です!
ボルトとの間に微妙なスキマがありますね。
まあ、サブフレームのスキマに比べればかなり狭いですが・・・





d0156040_13471051.jpg


今回も図解を作ってみました!

ギアボックス固定部の上下にリジカラがハマリ、
ボルトとのスキマを埋めて一体化することで締結強度を上げます。
さらにSTIFFプレートを共締めすることでさらに強度が高まる構造ですね。

固定部のスキマは下側のほうが大きいようで、
リジカラの突起も大きめになっていますね。



d0156040_1356370.jpg


まずは下側のリジカラをスキマにハメ込みます。




d0156040_13564660.jpg


続いて上側のリジカラをスキマにハメ込みます。
サブフレームの時と同じようにリジカラグリスを塗っています。
グリスを塗ることでリジカラと締結面・ボルトとの勘合性が良くなるんです。





d0156040_1402415.jpg


ギアボックス固定部にSTIFFプレートを共締めします。





d0156040_1422418.jpg


プレートの反対側はボディーに固定します。
これでギアボックスの上側もボディーにガッチリと固定されました。




d0156040_14466.jpg


助手席側はプレートを所定の位置に入れるのがちょっと大変!
ラジエターホースやABSのブレーキパイプが邪魔をします。
ちょっとした知恵の輪状態ですね。(笑

こちらも固定できたら装着完了です!!



続いての装着アイテムは・・・




d0156040_14792.jpg


SPOON STIFF PLATE FRONT! 

S660はフロントにエンジンが無いためサブフレームが存在しません。
そのためロアアーム固定部周辺の強度が足りないようなんです。
このプレートを装着することで左右のロアアーム固定部と、
ボディーが一体化され剛性が向上します。





d0156040_14125526.jpg


ノーマルの写真です!

色付け()してある部品が今回取り外す部品になります。
赤い部品はロアアーム後方の固定部を補強するためのプレートになります。
ただ、左右が独立した構造なんですよね~。

緑の部品はロアアーム前方部のフレームと、
後方部のフレーム&サイドシル部を繋ぐ補強部品です。
でも先ほどのロアアーム補強プレートとは繋がっていないんですよね。
つまり赤・緑それぞれに独立しているわけです。

リジカラ装着作業の時にいつも、
「ここの補強プレートは何か心許ないな~」って思ってたんですよね。
なんせロアアームの固定部ですからね。
「もうちょっと頑丈な構造にすればいいのに!」ともね。





d0156040_14202166.jpg


赤い矢印部の穴がロアアーム固定用の穴になります。
その固定穴の部分が左右で繋がれ一体化されています。(黄矢印部)
左右独立していた補強プレートが一体化されるわけですね。

さらに繋がっていなかったフレームの補強板も前部は一体化され、(三角形部)
後方~サイドシル部分も共締めになる構造になっています。
ノーマルでは独立していた3点の部品が全て一体化することになりますね。





d0156040_14275449.jpg


リジカラ装着時に補強プレートにミスリルを塗っていたので、
今回もオマケで塗っておきました。





d0156040_14292179.jpg


リジカラがズレないようにロアアームをジャッキで支えておきながら、
ノーマルの補強プレートを外して交換します。




d0156040_14314476.jpg


装着完了です!

ノーマルと比べるとはるかに剛性は高そうですよね~。
まだ空いている部分があるのでそこを埋めればさらに剛性が上がるのでしょうが、
あまりやりすぎると重くなってしまいますからね。
これ以上やっても重量増に対するメリットが無いんだと思います。

ロアアーム固定部ですので、もちろん 1G締め をやってますよ!
この辺は手を抜けないポイントですからね。




d0156040_14375789.jpg


赤矢印部はノーマルでは何も無かった部分です。
後方部にスティフナー形状になっておりボルトで固定されています。
横の2本のボルト部からも立体化されていますし、
縦方向の剛性がかなりアップしていると思いますよ。

横方向はロアアーム固定部の真横で左右が繋がってますし、
全体的に縦・横でかなりの剛性アップでしょうね。


最後にアライメント調整をして完了です。

この度はお買上げありがとうございました。


って、じつは追加の作業が・・・




d0156040_14471290.jpg


エンジンに初めての進化剤施工となりました!

遠方からのご来店でしたので、
せっかく来たんだからってなるのは当然ですかね?(笑




d0156040_14514011.jpg


MTにも初めての施工をしました!

MTに進化剤を施工するとシフトがスコスコ入るようになります。
フィーリングが良くなるので運転が楽しくなるんです。
何度も言ってますが、マジでヤミツキになる方が続出なんです!?(笑

もちろんベアリング等の保護効果もありますしね。
MT車にお乗りの方はゼヒお試しください!!




d0156040_1454840.jpg


冷却系進化剤! ZOMA(ソーマ)!! 

ZOMAを冷却水に注入することで水温が下がります。
ただしサーキット走行等の過酷な状況じゃないと温度変化はわかりません。
通常の走行だとオーバーヒートするような水温にはなりませんからね。

しかもノーマルの水温計は表示がアバウトなんで、
少々の温度変化では針が動かない構造なんですよね。
電動ファンが作動する前と後では10℃ほどの温度変化があるんですが、
水温計の針はピクリとも動きませんよね。
もし動くなら、そのクルマは壊れています!(笑

温度変化がわからないのに何故施工するのかと言いますと・・・

水温が下がることでシリンダーの熱膨張が抑えられ、引締め効果が生まれます。
その結果、圧縮抜けが減って低速トルクがアップするんです。
熱に弱いアルミブロックのエンジンには効果が大きいんですよね。

詳しくはコチラで!!↓

http://www.auto-r.com/sinka/zoma/zoma.html


ただしZOMAの施工には条件があります。
先ほど説明した引締め効果によってエンジンの回りが重くなるんです。
そのためエンジンに進化剤を施工していることが条件になるんです。
進化剤でエンジンの回りを軽くしておく! っていうことですね。

出来れば先にエンジンに施工しておいたほうがベターなんですが、
同時施工でも大きな問題はありませんのでご安心ください。


進化剤のドロ沼へようこそ!(笑






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-09-15 15:22 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

進化剤施工!★フォレスター★エクリプス★スイフトスポーツ★レヴォーグ★

ベイスターズは連夜のサヨナラ負けで阪神に3タテ喰らいました。
とうとう巨人にゲーム差無しに追いつかれちゃいました。
明日からは首位カープとの3連戦。
前節では3夜連続サヨナラ勝ちでしたが、
カープは連勝中でノリノリだから厳しいだろうな~。

マジックが「5」なんで、ヘタすると目の前で胴上げって可能性も・・・
阪神は巨人との3連戦なんで、3タテでもしてくれればありがたいんですよね。
そうすれば胴上げも阻止できるし、巨人にも抜かれないし・・・
てか、ベイスターズが勝てばいいだけのことなんですが!?(笑



さて本日は進化剤のネタを4台まとめてご紹介します!


まず1台目のクルマは・・・





フォレスター!






d0156040_1571465.jpg


エンジンに 7回目 の施工となりました!

オーナーさんは他のクルマにも複数回施工していますので、
かなりのヘビーユーザーさんなんですよね。
複数回目の施工でも効果が体感できるのが進化剤の凄さなんです!!





d0156040_1510791.jpg



冷却系進化剤! ZOMA(ソーマ)!! 

ZOMAを冷却水に注入することで水温が下がります。
ただしサーキット走行等の過酷な状況じゃないと温度変化はわかりません。
通常の走行だとオーバーヒートするような水温にはなりませんからね。
じゃあ施工する意味が無いんじゃない? って思いますよね。
ところがちゃんと効果があるんですよ!

水温が下がることでシリンダーの熱膨張が抑えられ、引締め効果が生まれます。
その結果、圧縮抜けが減って低速トルクがアップするんです。
熱に弱いアルミブロックのエンジンには効果が大きいんですよね。

詳しくはコチラで!!↓

http://www.auto-r.com/sinka/zoma/zoma.html


ただしZOMAの施工には条件があります。
先ほど説明した引締め効果によってエンジンの回りが重くなるんです。
そのためエンジンに進化剤を施工していることが条件になるんです。
進化剤でエンジンの回りを軽くしておく! っていうことですね。





2台目のクルマは・・・



えくりさん の・・・


エクリプス!






d0156040_15291093.jpg


エンジンに 4回目 の施工となりました!

年式が年式なもんでアチコチにトラブルが出ることも・・・
先日から純正部品の生産中止にも悩まされてるようなんです。
せめてエンジンは良いコンディションを維持したい!
ってことで進化剤は定期的メンテナンスの一環なんですよね。




3台目のクルマは・・・




スイフトスポーツ!





d0156040_15361882.jpg


エンジンに 3回目 の施工となりました!

当店オリジナル進化剤ステッカーGETです!!
パチパチパチ~~~~!!!

このクルマは以前にリジカラやら何やらかんやらでご紹介しています。(笑
イロイロと手を加えた愛着のあるクルマですから、
進化剤でコンディションを整えて永く乗りたいですよね~。





d0156040_15403273.jpg


MTにも 2回目 の施工となりました!

MTに進化剤を施工するとシフトがスコスコ入るようになります。
フィーリングが良くなるので運転が楽しくなるんです。
先日も言いましたが、マジでヤミツキになる方が続出!?(笑

もちろんベアリング等の保護効果もありますしね。
MT車にお乗りの方はゼヒお試しください!!




4台目のクルマは・・・



レヴォーグ!





d0156040_15433654.jpg


エンジンに 2回目 の施工となりました!

なんと前回の施工から1ヶ月あまりのインターバルなんです!!
かなり短い期間での2回目の施工となりましたね~。
今まででもかなり上位の短期間記録になるんじゃないかと思います。


まあ、38日で3回施工達成 っていう方もいらっしゃいますが・・・
当分は破られそうにない、当店での最短記録です。


本日ご紹介したクルマは全て複数回目の施工でした。
リピーターのお客さんが多いっていうのも進化剤の特徴なんです。
それだけ効果が大きいっていう証しですね。


進化剤のドロ沼からは抜けられません!(笑







d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-09-11 16:10 | 進化剤 | Comments(0)

リジカラ装着!★ZN6 ハチロク★ 車高調も!!

ここのところ過ごしやすい日が続いてますが、
こう一気に涼しくなるとシッペがえしが怖いですね~。(笑
涼しさに慣れちゃった体には暑さのブリ返しはキツイでしょうね~~!
どうにかこのまま秋になってくれることを願うばかりです。



さて本日はリジカラのネタです!


ただいま当店では・・・

10月末まで秋のリジカラフェアを開催中! 


d0156040_1121449.jpg



いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!

リジカラをご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく!!
お気軽にお問い合わせくださいね。



本日のクルマは・・・



ZN6 ハチロク!





d0156040_16273220.jpg


この型のハチロクへの装着は当店では初となります!
以前にAE86には装着しましたけどね。

と言うことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。





d0156040_16293431.jpg


ハイ、いつものクリップたちです。
最近のクルマはアンダーカバーを外すのがけっこう時間が掛かるんです。
なんせ、この数ですからね。
それでもマツダ車に比べればマシなんですが・・・(笑





d0156040_16314193.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

通常FR車はエンジンが縦置きなので、当然ながらハチロクも・・・
でもこのクルマのエンジンはスバルの水平対向なんです。
スバル車はFFや4WDでも縦置きなんですよね。
なのでサブフレーム形状はクロスメンバータイプになっています。

クロスメンバーをボディーに固定している部分が、装着ポイントになります。





d0156040_16374172.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。





d0156040_16384917.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースになります。

両側突起タイプが2種類で4ピースと、
ザグリ付片側突起タイプとザグリワッシャタイプが2ピースずつの構成です。
両側突起タイプの1種類は突起が小さめですね。





d0156040_16421542.jpg


まずは  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起タイプを使います。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、
下向きの突起がサブフレームの穴に各々ハマリます。

下側はザグリ付片側突起タイプがサブフレームの穴にハマリます。




d0156040_16531522.jpg


装着中の写真です!

いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にしっかりとハマった状態で、
下向きの突起の先端もサブフレームの穴に掛かっています。

このままサブフレームを上げていけば、突起のテーパーに沿って上がりますので、
自然とセンターが揃うことになるんですよね。
下側のリジカラも突起がサブフレームの穴にハマっています。


今回もミスリル施工をしてますよ!
装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。





d0156040_16551732.jpg


続いて  部の図解です!

こちらも先ほどと同じくサブフレーム上側に両側突起タイプを使いますが、
突起がかなり小さめのタイプになります。
まあ、それだけサブフレームの穴も小さいってことなんですが・・・
そのため下側は突起の無いザグリワッシャタイプになります。





d0156040_16581523.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いているんですが、
突起が小さかったので狭いスペースでの作業が要求されます。
サブフレームを密着寸前で一旦止めて、
上下の突起がちゃんとハマっていることを確認する必要があるんです。

もしズレた状態でボルトを締めこんじゃうと、突起がツブれてしまうことがあるんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。
狭くてやりにくいですが、手を抜くわけにはいきませんよね。





d0156040_173357.jpg


本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね。






d0156040_1743073.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

サブフレームをボディーに固定している部分ですね。





d0156040_1761593.jpg


リア用のリジカラです!
4種類で合計10ピースになります。

両側突起タイプが1種類で4ピースと、
片側突起タイプが3種類で6ピースの構成です。
ただし リジカラ2 と リジカラ3 は選択使用となります。
ですので実際に装着するのは8ピースということになります。





d0156040_17101538.jpg


まずは  部の図解です!

上側に両側突起タイプを使い、下側に片側突起タイプを使います。
一番オーソドックスなパターンですね。
上下ともに突起はやや小さめですが・・・(笑

ここの下側が選択使用のポイントになります。
年式の違いなどによる仕様変更に対応するための手段なんですよね。
現車の穴径に合うほうを選んで装着してやります。

最近はこのパターンも増えてきましたね。
スプーンさんの在庫管理がラクなんだと思います。(笑

ここはガセットプレートが共締めになっています。




d0156040_17162853.jpg


まずは上側の装着中の写真です!

やはり上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
下向きの突起もサブフレームの穴に掛かっていますね。

ただ、突起が小さめでしたので狭いスペースでの・・・(笑





d0156040_17183928.jpg


下側の写真です!

ここはガセットプレートが共締めになりますので、その前にパチリ!!





d0156040_17202356.jpg


続いて  部の図解です!

ここも上側に両側突起タイプ、下側に片側突起タイプを使うのですが・・・
突起の向きが先ほどとは上下逆になっています。
サブフレームの穴よりもボディーのガイド穴のほうが大きいという、
かなり珍しいパターンですよね~。
まあ、サブフレームの穴は小さいに越したことはないんですが・・・

ここもワッシャ状のプレートが共締めになります。





d0156040_17253584.jpg


上側の装着中の写真です!

下向きの突起のほうが小さかったのでサブフレームにハメ込んでいます。
上向きの突起もボディーのガイド穴に掛かっていますね。
先ほどとは逆のパターンです。





d0156040_17275989.jpg


下側の写真です!

ここもプレートが共締めになりますので、その前に・・・






d0156040_17285042.jpg


こちらも本締め後にはボルトの頭にもミスリルを!
もちろんガセットプレートやワッシャ状プレートにもオマケで塗っています。
これもいつものパターンですね。


今回はリジカラ以外の作業もやりました!





d0156040_17304046.jpg


BLITZ ZZ-Rダンパー! 

リーズナブルな価格帯なのに、
全長調整式、32段減衰力調整といった機能を装備しています。
さらにキャンバー調整式のピロアッパーまで・・・
けっこうお買い得な車高調だと思いますよ。

このクルマには元々車高調が装着されていました。
最近コトコト音とかが出始めたようなんですよね。
そこでリジカラ装着に合わせて足廻りも一新することになったんです。




d0156040_1736492.jpg


もちろんリアも全長調整式ですよ!
アッパーマウントはキャンバー調整式ではありませんが・・・
リアはマルチリンクタイプの足廻りですので、
ショックの頭を動かしてもキャンバーは変化しませんので。(笑


この度はお買上げありがとうございました。


リジカラの溜まりネタはだいぶ消化できてきました。
ところがその他の作業ネタの溜まり具合がドえらいことに・・・(笑
ここのところの更新が進化剤とリジカラに偏ってましたからね~。
早めにご紹介できるようにがんばります!
って何度言ったことやら・・・(笑






d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

# by AutoReference | 2017-09-07 17:47 | リジカラ | Comments(0)