リジカラ装着!★スイフト スポーツ★

またまた リジカラ の装着です!

クルマはおなじみの・・・




スイフトスポーツ
 スーパーチャージャー1号!





先日のアルテッツァ・ジータはフロント&リアに装着しましたが
スイフトスポーツはフロントのみしか設定がありません。
最近のFF車はリジッドアクスルになっているクルマが多いので
リア側にはサブフレームが存在しないんですよね~。
サブフレームが無ければリジカラも必要ありませんもんね。






d0156040_19144525.jpg


このクルマの装着場所は矢印の4ヶ所です。
写真ではフロント側がオイルパンやドラシャのかげになっていて見にくいですが・・・






d0156040_19154183.jpg


まずはリア側です。
矢印の先で光っているのがリジカラです。





d0156040_19183085.jpg


こちらはフロント側です。
サブフレームとボディーの間に入れるヤツは写真では見えませんが
矢印の先の部分に入っています。
ボルトの根元で光っているのが下側用のリジカラになります。



先日紹介したメーカーの説明動画では、作業はわりと簡単なというような内容でしたが、
実際にはそう簡単にはいかないんですよね~。
ボディーとサブフレームの穴の位置が合っているクルマはすんなりといけますが、
その穴がズレてしまっているクルマだと・・・

サブフレームの穴にリジカラをはめるとボルトが掛からなくなるんです。
ジータの時もフロント側の1本で苦労させられました。
ボルトを緩めてフレームを下げている状態でも簡単には動いてくれないんですよね。
なにしろエンジンがのっかったままですし、足回りも付いたままですし・・・
無理やりこじりながら何とかはめてやりました。

スイフトもフロント側の2本が・・・
このクルマのサブフレームってフロント側がパイプ構造になっているんですよね。
一般的な鉄板プレス品よりも穴位置の個体差が大きいんだと思います。
そのためかサブフレームの穴径が元々かなり大きいんです。
少々位置がズレていてもボルトが掛かりやすくしているんだと思います。

ボルト径と穴径の寸法差が大きいということは、ズレの寸法も大きくなるってことで・・・
装着前のリジカラを見た時に「サブフレーム側の突起がやけにブ厚いな?」とは思っていました。
穴がデカイんで突起の厚みもそれなりに・・・ ってことですね。
まあ、苦労はさせられましたが、無事装着完了!!







d0156040_1936414.jpg


装着してしまうとリジカラ本体は写真では確認できませんね。
機能オンリーのパーツですね!!

ついでにグランドエフェクターも付けちゃいました!
って、何のついでか意味不明ですが・・・



さてさて肝心のオーナーさんによるインプレッションです。
まず感じたのはハンドルの重さ!
これはジータでの私のインプレでも指摘しましたが、単にハンドルが重いというよりは
直進性が良くなりハンドルが取られにくいので重く感じるといったとこですね。
オーナーさんにはこのインプレのことを話してあったので、
「ハンドルが重いって感覚はすぐにわかりましたよ!」とのことでした。

続いては乗り心地があきらかに良くなった!
じつは今回足も一緒に変えちゃったので正確な比較はできないんですが・・・

このクルマには元々車高調が装着されていたんです。
数か月ほど前に訳があって、SHOWAのサスペンションキットに交換しました。
乗り心地を良くするための変更だったんです。

この度その訳が無くなり、乗り心地を気にしなくて良くなったので元の車高調に戻したんです。
それなのに・・・
「もしかするとSHOWAの時よりも乗り心地がイイかも?」ってぐらいだそうです!
おそらく足がしなやかによく動くようになったことからくるんだと思います。
これもジータで私が「足が柔らかい!」って指摘したことと共通しますね。


こんなパーツでここまで効果があるっていうのは不思議です。
原理はわかりますよ、原理は!!
でも、ここまで大きく効果が出ることはとっても不思議なんです!

そもそもサブフレームを固定しているボルトってかなりのトルクでしまっているはずなんです。
そんな部分が大きく動くってことはありえないんですよね。
まあ、大きく動いていたらボルトとかが弛んじゃいますけど・・・
ってことは元々微妙にしか動いて無いはずなんです。
その動きを規制するだけで、こんなに効果が出るとは・・・やっぱ不思議です。

by AutoReference | 2011-05-21 19:59 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★MPV★エンジン... 進化剤施工!★マークⅡ★エンジンのみ >>