リジカラ装着!★マツダスピード アクセラ★進化剤も!!

進化剤のネタが連日続くことはよくありますが、
他のパーツのネタの連チャンはかなりマレですよね。

と、言うことで本日も・・・

リジカラ! です。



装着したクルマは



マツダスピード アクセラ!







d0156040_10542114.jpg


クルマを見てお気づきの方も多いと思いますが・・・
そうです、高知県 から遠路はるばるご来店の方です。
進化剤の時には高知に施工店が無かったので、(最近高知にも出来たみたいです。)
こちらまで来るのはわかりますが、リジカラはどこの店でも扱っているはずなのに・・・
わざわざ来ていただけるとはありがたいことです。









アクセラ用のリジカラは発売になったばかりなんです。
現在設定車種がドンドン増えていますね~。

今回はは前後に装着しました。
まずはフロント側から・・・






d0156040_1125748.jpg


アクセラは6ピースで1セットです。
クルマによってサブフレームの構造も違ってきますので、セット内容も変わります。






d0156040_11274846.jpg


ちょっとわかりにくいですが、装着場所の写真です。
黄色い矢印のボルトと、写真では見えませんが緑の矢印部分にもボルトがあります。
合計4ヶ所ですね。






d0156040_11315581.jpg


緑の矢印部分がこのボルトです。








d0156040_11324078.jpg


一旦ボルトを抜いて、肌色の部分の上下にリジカラをはめ込みます。
金色に光っているリジカラがわかりますかね?
ボルトを締めた状態の写真も撮りたかったんですが、狭くてカメラが入りませんでした。





d0156040_11402867.jpg


いつものように図で確認です。
サブフレームの上下にリジカラが装着されています。





d0156040_11414670.jpg


サブフレームの後側、黄色の矢印部分です。
こちらはブッシュの上側、サブフレームとボディーの間にのみ装着します。
光っているのがリジカラです。
オレンジ色に見えるのは専用のグリスを塗っているからです。
ココも締めこんだ後はボディーに邪魔されて写真は撮れませんでした。





d0156040_11442046.jpg


またまた取り説の図です。
ちょっとピンボケ気味だったので、後から水色で塗ってみました。








続いてはリア側です。



d0156040_11481238.jpg


こちらも6ピースですね。
フロント用と違って全て同じサイズの物になっています。






d0156040_11492490.jpg


装着場所はココです。
片側3ヶ所づつの左右合計6ヶ所ですね。







d0156040_1150566.jpg


後側の装着場所です。
6ヶ所ともにサブフレームとボディーの間にのみ装着します。
ブッシュが使われていないんでこれでOKなんでしょうね。






d0156040_11533330.jpg


締めこむとこうなります。
ココはバッチリ写真が撮れました!






d0156040_11542680.jpg


前側の装着場所です。
ここも同じようにはめ込みます。


センター部分の装着場所はとてもカメラが入るようなスペースがありませんでした。
それどころか手も入りにくいような狭さ!
リジカラをはめるだけで精いっぱいってカンジでしたね。






d0156040_11554198.jpg


で、締めこむとこうなりました。
フロントはサブフレームの位置出しは問題無く締めこめたんですが、
リアはちょっと苦労させられました!
6ヶ所のボルトを均等に締めこんでいくんですが、ボディーの穴とサブフレームの穴が
ズレているためすんなりとは締めこめないんですよね。
バールやジャッキを駆使しながら穴位置を合わせて締めこみました。
穴位置がズレたまま締めこむと、リジカラの突起部分がつぶれちゃって
使えなくなるって事態に陥りますから、ここは慎重に作業しないとダメなんですよ。





d0156040_126415.jpg


リア側の図です。
6ヶ所とも同じ構造になっています。

この後アライメントを調整して作業終了です。
リジカラを装着することでサブフレームの位置が変わる可能性がありますので
装着後のアライメント調整は必須ですね。
なにしろ足回りのアーム類はサブフレームに付いていますからね。


高知からご来店の方ですので、行き帰りの道中で装着前後の違いが高速道で実感できます。
オーナーさんのインプレッションによりますと・・・
まずは直進性が良くなり、コーナーでもスムーズに安定して曲がるようになったそうです。
よく考えると相反するような性能が両方良くなっているってことになります。
サブフレーム部分での剛性がしっかりとしたことで、直進安定性が良くなり、
足がスムーズに良く動くようになったのでコーナリング性能も上がったんでしょうね。

瀬戸大橋では橋げたや高架の継ぎ目などにそこそこの段差(ギャップ?)があり、
それを乗り越える度にボディーが揺さぶられるような振動があったそうです。
帰り道にはその振動はほとんど無くなり、安定した挙動になったようです。
ギャップからの衝撃をしっかりと足回りで吸収してくれているような感じなんだとか。

やはり リジカラ はかなり効果は大きいみたいですね。
第二の進化剤になるのか!?
進化剤よりはちょっと高価なアイテムではありますが・・・




せっかく高知から来られたので進化剤も施工しました!
とはいえこのクルマはすでに3回施工を達成しています。
そこで今回は・・・

超進化剤NT-1 を施工しました!

そしてMTオイルの交換と一緒に進化剤も施工!
これで4回目のMT施工となりました。
先日ステージアのお客さんがエンジンに4回目の施工をしましたが、
MTで4回目の施工をしたクルマは初ですね。

こちらのインプレッションは・・・
MTはさらにスコスコ入るようになってシフトチェンジが楽しいそうです。
そしてトルク&パワーアップに特化した超進化剤のNT-1効果は、
ETCレーンで減速しても6速のまま加速できるほどになったそうです。
以前から6MTがセミオートマのようにスムーズになっていたようなんですが、
今回の施工でさらに輪をかけたような状態になったようです。

こちらもやはり 効果大!! ニヤリ・・・


高知に施工店ができましたが、
「倉敷で見つけたドロ沼ですから、最後まで倉敷でハマっていようと思います。」
とのありがたいお言葉をいただきました。(感涙

こちらこそ今後とも長いおつきあいをお願いいたします。

by AutoReference | 2011-07-30 12:56 | リジカラ | Comments(0)

<< 販促用ノボリ!★ブリヂストン★ リジカラ装着!★スイフト スポ... >>