リジカラ装着!★MPV★

ここのところ更新をサボリ気味だったうえに、なでしこネタが多かったりしたもんで、
作業ネタがけっこう溜まっちゃってます。
今月はがんばって「溜まりネタ解消月間!」にしたいと思ってます!!(笑


横浜ベイスターズにも大きな動きがあったんですが・・・
まあ、まだ申請段階ですんで、正式決定してからにしましょうかね。



で、先月にやった作業の溜まりネタ、リジカラ!

装着したクルマは・・・


MPV!




このクルマはフロント用しか設定がないんですよね~。
プレマシーやCX-7なんかは前後の設定があるのに・・・



d0156040_17351513.jpg


フロントだけとは言え、装着する部分は6ヶ所もあります。
数が多いと作業もけっこう大変なんですよ~。

この写真はメーカーのHPから拝借!
わかりやすいように Ⓐ・Ⓑ・Ⓒ を入れてみました。





d0156040_17435792.jpg


MPV用のリジカラは全部で10ピース!
Ⓐ・Ⓑ 部で上下同じカラーを使うんですが、
上側に入れる時には2分割にしますので、割りやすいようにスリットが入っていますね。





d0156040_1749822.jpg


まずは  の部分!
赤い矢印の部分にリジカラを装着するようになります。
写真ではわかりにくいですが・・・
黒い部分がサブフレームで、ボディーとの接合部にブッシュが圧入されています。
そのブッシュのセンターカラーの内径とボルトの径とが違うので隙間ができちゃうんですよね。

リジカラを入れることでその隙間を埋めて、ボディーとサブフレームをきっちり固定!
さらに間に挟まった板状の部分が密着度を上げる効果もあるんです。






d0156040_17572074.jpg


いつものように取説の図です。
茶色の部分がブッシュになり、ボルトが通っているのがセンターカラーです。
上下に入れたリジカラがそこの隙間に入り込んでいます。
クルマによってはボディー側(黒い部分)のボルトの付け根が窪んでいる場合があります。
その場合は両側に突起の出たUFO型のリジカラになります。

リジカラを装着する場所って奥まった部分が多いので、カメラが入らないんですよね。
そのためちゃんとした写真が撮れないんで図解のほうがわかりやすいんです。







d0156040_1873720.jpg


続いては  の部分!
こちらも矢印の部分にリジカラを装着します。

やはり上側はカメラが入らず、写真が撮れません...






d0156040_1811487.jpg


で、図解です。
内容的には先ほどと全く同じですね。







d0156040_18115617.jpg


下側だけはバッチリ写真が撮れました。
金色に光っているのがリジカラです。
オレンジ色の物は付属のグリスで、締めこんだ後にキレイにふき取ります。







d0156040_18133979.jpg


最後は  の部分!
このクルマにはオートエグゼのメンバーブレースが付いていたので、
1枚目の写真とは見た目が違っています。
この写真もメーカーHPから拝借したんですが・・・(笑
丸印の部分にリジカラを装着します。







d0156040_18164978.jpg


またまた図解です。
ここは他の部分とは異なり、上側だけにリジカラを装着します。
赤い部分がメンバーブレースです。







d0156040_18182613.jpg


矢印部分に装着するんですが、やっぱり写真は撮れません。(笑


各装着場所のボルト・ナットを規定トルクで締めたら完成です!
サブフレームとボディーの間に入れるタイプの物はアライメント調整が必須になります。

先ほども説明したようにボルトとセンターカラーに隙間があるため、
ボディーとサブフレームがズレている可能性が高いんですよね。
リジカラを入れることでそのズレを解消することになりますので、
元々の状態からサブフレームの位置が変わっちゃうって事になります。

サブフレームにはロアアームとかが固定されていますので、
足廻りの位置も変化してしまうことになるんです。
そのため作業後にアライメントの調整が必要なんですよね~~。


最近リジカラの装着を検討されている方が増えているようです。
装着された方からの評判も良いですし、ヒット商品になりそうな予感が・・・

by AutoReference | 2011-11-06 17:43 | リジカラ | Comments(0)

<< リジカラ装着!★フィットRS★... 進化剤施工!★ハリアー★エンジ... >>