リジカラ装着!★コルトVerR★

検索サイトからこのブログに来訪される方の中で、
一番多いキーワードが リジカラ なんです。
ここのところ単独トップを独走中です。(笑
けっこう気になっている方が多いんでしょうね~。


当店でも問い合わせが増えていますし、全国的にもヒットしてるんでしょうか?
効果が確実に出るって事からクチコミで増えているのかもしれませんね。



本日の装着車は・・・



コルトVerR!






d0156040_1536381.jpg


「あれっ、このクルマは・・・?」
そうです、一人で3台のクルマに進化剤を施工したあの方のメインカーです!
進化剤を複数回施工されている方はリジカラにも興味津津な方が多いですね!!

コルトは前後ラインナップされているので、もちろん両方に装着しましたよ!






まずはフロントから・・・

d0156040_163022.jpg


フロントの装着場所はココです。
サブフレームをボディーに固定している矢印部分に装着します。
前側のA部は写真では見えにくいんですが、ドラシャの影からボルトの頭が写っているとこです。







d0156040_15431268.jpg


フロント用は8ピースです。
出っ張りが大きいヤツがボルト側からサブフレームの穴に入っていく部分です。
これがスッポリ入るぐらいサブフレームの穴が大きいってことですね。







d0156040_1546348.jpg


これはドラシャに隠れていたAの部分です。
黒いサブフレームの上下にあるのがリジカラです。
上側のヤツはボディー側にグリスで貼り付いている状態です。
ボルトのすぐ上で光っているのが下側のヤツ。
あいにくと「ヒレ」の部分しか写っていませんけどね。
茶色いのは毎度おなじみリジカラグリスです!







d0156040_1550339.jpg


いつものように図解です。
写真が中々いいアングルで撮れないもんで、こっちのほうがわかりやすいですよね。

ボディーの浅い穴とサブフレームの大きな穴、
そしてボルトの3点がきっちり芯出しされているのがわかります。
そして「ヒレ」の部分が押しつぶされるかたちで密着度を上げているんです。








d0156040_164846.jpg


続いてはBの部分です。
こちらも上側のヤツはボディーに貼りついた状態です。
下側はグリスにまみれすぎてリジカラ本体が見えませんね。(笑







d0156040_1664611.jpg


こちらもきっちりと芯出しするようになってます。







お次はリア側です。


d0156040_17582135.jpg


装着場所は矢印の部分です。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

コルトも最近のFF車と同じようにリアアクスルはトーションビーム式です。
ただ、アクスルビームの固定方法が他のクルマとはちょっと違っています。
基本的な考え方や構造は同じなんですけどね。

トーションビーム式のアクスルビームには両端にブッシュが圧入されています。
そしてそのブッシュをボディーに固定しているんです。
ブッシュが捩れることでアクスルビームが上下動する仕組みになっています。
コルトはこのブッシュをボディーに固定する方法が一般的なのとは違っているんですよね。







d0156040_18382.jpg


左が一般的な固定方法です。
当店でリジカラを装着したクルマでは、
スイフトスポーツ・フィット・エスティマとかがこの方法でした。
ほとんどのメーカーがこの方法を採用しています。

コルトの場合は右側の構造になります。
ショックのブッシュで言う「クロスピンタイプ」の構造ですね。
ブッシュのセンター部分にカラーでは無くクロスピンが溶着されており、
このクロスピンをボディーに固定する仕組みです。

アクスルビームはブッシュのセンターを回転軸として上下動します。
コルトはクロスピンがブッシュに溶着されているので、この回転軸がズレる事はありません。
そのかわりクロスピンをボディーに固定する部分にズレが出てくるんです。
ここがズレると言うことは、アクスルビーム全体が前後や左右にズレるってことになります。

一般的なタイプだとボディーの穴とボルト径に差があるので回転軸にズレが出ます。
反対にボディーの穴位置が決まっているので、前後左右のズレは少ないです。
どちらも一長一短ってところですが、コルトのタイプのほうがコストは掛りそうですよね。

リジカラの装着も意味合いが違ってくるんですよね。
一般的なタイプは穴とボルトの隙間に装着して、回転軸の芯を出すかたちになります。
コルトの場合にはクロスピンの固定位置のズレを矯正するかたちで、
アクスルビームをボディーに対して正しい位置にするのが目的ですね。








d0156040_18312915.jpg


リア用も8ピースですね。
4ヶ所にそれぞれ2ピースずつ使用します。








d0156040_18324457.jpg


リア側はこれまた誠に写真が撮りづらい!
黒くて丸いのがアクスルビームで、四角くぶ厚いステーのような物がクロスピンです。
上側のリジカラは光って見えますが、下側はまたまたグリスまみれで見えません!(笑








d0156040_18381735.jpg


4ヶ所全てがこの図解になります。
図で「MOUNT」と書かれているのがクロスピンになります。
ボディーの浅い穴、クロスピンの大きい穴、ボルトの3点が芯出しされる構造です。
これによりアクスルビームの前後左右のズレが解消されるんです。








d0156040_1841492.jpg


装着後の写真です。
内側のボルトは補強バーのステーが共締めされているのでリジカラは見えませんね。
この白いステーとクロスピンの間にリジカラが入っています。
あっ、もちろんボディーとの間にもね!!



フロントがサブフレームに入れるタイプですのでアライメント調整も必須ですね。
ズレが無くなるっていうことは、サブフレームの位置が変わるってことになりますので、
アライメントの数値が変わってしまう可能性が大なんですよね。
リアはズレが治ったとしても、調整機能がありませんけど・・・





オーナーさんに引き渡して20分ぐらいたった頃かな?
再び帰って来られました。
「もう、全然違いますよ!」
「うれしくなって思わずインプレを言いに帰って来ました!!」
とのこと。

まずは乗り心地!
段差を越えた時とかの初期の突きあげ感がかなりマイルドに。
元々けっこう乗り心地が硬かったようなので、大満足の仕様になったそうです。

そして直進性の向上!!
コルトのステアリングってパワステなのにけっこう重いんですよね。
直進状態から切り始めると最初にちょっとした抵抗感があるんです。
ただ左右の抵抗感が出始める領域の間にアソビのような感じがあるんです。
ステアリングの切れ角にして10°ぐらいかな~。
直進時にその間をステアリングがフラフラってかんじで安定してなかったんです。

装着後はそのフラフラが無くなりました!
節度のある重さといった感じでビシっと直進性が出てるんですよね。
この感覚っていうのは言葉で言い表すのはなかなか難しいです。
じつは私も作業の前後で試乗してみたんです。
日頃乗り慣れていないこの私でも体感できたぐらいですから、
コルトオーナーなら乗ってみれば一発でわかる違いだとは思いますけどね!!


コルトVerRのオーナーさん!
リジカラはかなりオススメですよ~~!! 

by AutoReference | 2012-02-10 17:02 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★フィットRS★M... 進化剤施工!★FIAT 500★ >>