リジカラ装着!★フィット ハイブリッド★

相変わらず リジカラ が気になっている方は多いようですね~。
このブログの検索ワードでは依然トップ独走中です!
記事別ランキングでは先日アップしたジムニーネタが急上昇でやられてますが・・・
まあリジカラは数台分アップしているんで、分散してしまいますからね。




本日のクルマは・・・





フィット ハイブリッド!








d0156040_17591042.jpg


先日進化剤の施工とタイヤ交換をしたクルマです!
今回クルマの写真を撮り忘れたので、前回のを使いまわし・・・(笑

純正のタイヤノイズがうるさいからと言うことでレグノGR-XTに交換したんですが、
今度は乗り心地の硬さが気になってきたようなんです。
「ショック・サスでも換えようかな?」とのご相談でしたが、
別に車高は落とすつもりが無いってことだったんで、リジカラをオススメすることに。

前後とも設定がありますんで両方装着しました。


まずはフロントから・・・






d0156040_187178.jpg


フロントの装着場所は矢印の部分3ヶ所です。(左右で6ヶ所ですね。)
この写真は車輛右側部分ですので上側がフロントになります。
サブフレームをボディーに固定している部分になるんですが、ちょっとわかりにくいですかね?






d0156040_18102872.jpg


同じく右側(運転席側)を横から撮るとこうなります。
 のボルト部分にリジカラが入ります。






d0156040_1815513.jpg


フロント用のリジカラは10ピースです。
同形状の物が2個ずつあるので4種類の形状ですね。



ではまず  部から・・・







d0156040_18184546.jpg


3ヶ所のボルトを緩めてサブフレームを少し下げます。
ボルトを抜いてリジカラをはめた状態の写真で、ボルトはまだ全然締まっていません。
いつものように茶色いグリスにまみれているのがリジカラです。
上側のリジカラはグリスでボディー側に貼り付いていますね。

全てのボルトを順番に抜いてリジカラをはめます。
それから少しずつボルトを締めていくっていう作業手順になります。





d0156040_18233573.jpg


ハイ、定番の図解です。
サブフレームの上下をリジカラで挟むようになっています。
ボディーのボルト穴も大きめな径になっているので、リジカラ(1)の突起がはまり込みます。






d0156040_1827717.jpg


ボルトを締めこむとこうなります。
上側のリジカラはほとんど見えませんね。
ボルトの上側で光っているのがリジカラ(2)です。





続いては  部です。


d0156040_1835289.jpg


ここもサブフレームの上下に入れて挟み込むようになります。






d0156040_18365032.jpg


ここのボディー側の穴は径が大きくなっていませんので、
リジカラ(3)には上側の突起がありませんね。







d0156040_18382642.jpg


締めこんだカンジは  部と似ていますね。






続いて  部です。



d0156040_18405165.jpg


矢印の先にかすかに写っているのがリジカラです。







d0156040_18414389.jpg


この部分はサブフレームがボックス形状になっていません。
鉄板2枚ぐらいを溶接してあるだけのような薄い構造なので上側に入れるだけでOKなんです。
こちらもボディー側の穴径は大きくないので、上側の突起はありませんね。






d0156040_18454477.jpg


下側にリジカラが無いんで、締めるとほとんど見えませんね。








続いてはリア側です。

フィットのリアは けいんさん のクルマでもやりましたね。
RSもハイブリッドも構造は同じなんですよ!



d0156040_18543754.jpg


フィットのリアはサブフレームの無いリジッドアクスルなので、2ピースのみですね。
そのかわりフロント用より大きめの個体ですが・・・
数が少ないってことはそれだけリーズナブル!
リアだけならアライメント調整も必要ありませんからね。

この写真は1個ずつ裏返して撮っています。
左側の中央にある突起が隙間を埋めてくれる部分になります。







d0156040_1849751.jpg


取付け場所は矢印のボルト部分になります。
アクスルビームの根元をボディーに固定しているボルトですね。







d0156040_18531467.jpg


ボルトを抜きかけた状態の写真です。
矢印の先にある隙間がわかりますかね~?(白く写っている部分です。)
黒っぽいのがボディーなんですが、その穴径とボルト径がかなり違います。
この隙間に先ほどの突起が入っていくんです。

でもフィットってここの隙間が大きいように思います。
って、このタイプは他にスイフトスポーツとエスティマしかやってませんが・・・
スイスポと比べるとあきらかに大きいと思います。







d0156040_199044.jpg


アクスルビームと書いてある部分には実際にはブッシュが付いています。
で、ボルトがそのブッシュのセンターを貫通して固定しているんですよね。
(正確にはブッシュのセンターにあるカラーが固定されてるんですが・・・)







d0156040_19113673.jpg


ボルトを締めるとこうなります。



今回はフロントもありましたんで、アライメント調整もやりました。
サブフレームの位置が変わるってことは、アーム付け根の位置が変わるって事ですからね!

工賃やアライメントの費用まで含めると、決して安く無い価格になってしまいます。
でもその効果を考えたら高い買い物にはならないと思いますよ。
あんな小さなパーツでここまで変わるのか!と驚くことでしょう!!

そのあたりが口コミでどんどん人気になっているリジカラの秘密でしょうね。

by AutoReference | 2012-03-23 18:33 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★S2000★エン... 進化剤施工!★スズキ ボルティ... >>