リジカラ装着!★シビックTypeR★

先週の3連休は3日ともリジカラの装着作業がありました。
今週末もリジカラウィークエンドになってます!





本日のクルマは・・・






FD2シビックTypeR!







d0156040_10423132.jpg


先日MTに進化剤を施工したクルマです。
やはり進化剤施工とリジカラはリンクしていますね~。






d0156040_10434031.jpg


FD2のフロント用は8ピース!







d0156040_10444093.jpg


装着場所は片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所。







d0156040_10453733.jpg


まずは  部の図解です。
サブフレーム上側はボディーのガイド穴にも入る構造ですね。








d0156040_10472758.jpg


上側用のリジカラ①には両方に突起が出ています。
ゴツイほうがサブフレームの穴に入る突起で、小さいほうがボディーのガイド穴用です。
ボルト側のリジカラ②のサブフレーム穴用の突起はかなり長いですね。
フィットとかも似たような形でしたので、ホンダ車用の特徴なんでしょうかね。
ボルトフランジに合わせたザグリもありますね。








d0156040_10505852.jpg


サブフレームとボルトのスキマがわかりますかね?







d0156040_10515694.jpg


リジカラをはめた状態です。
上側のリジカラはボディーに貼りついています。
どちらも茶色いグリスにまみれてます。(笑







d0156040_10533917.jpg


ボルトを締めるとこうなります。








d0156040_10544198.jpg


続いて  部の図解です。
基本的には  部と全く同じ構造ですね。








d0156040_105617.jpg


基本的な構造は一緒ですが、上下用ともにサブフレームに入るほうの
突起の寸法がやや厚くなってますね。








d0156040_15495550.jpg


サブフレームの穴は大きいように見えますね。








d0156040_15505331.jpg


リジカラをはめた状態です。
ここも上側はボディーに貼りついてますね。








d0156040_17352962.jpg


で、ボルトを締めるとこうなります。
これでフロント側は終了です。






続いてはリア側です。


d0156040_17365893.jpg


なんとリア用は12ピースです!!
今まで付けたクルマの中では最多の設定ですかね。







d0156040_17383555.jpg


リジカラの数が多いわりには取り付けるポイントは4ヶ所です。
なんか肩すかしのようですが・・・







d0156040_17395686.jpg


ピース数が多い理由がこれなんです。
FD2はマルチリンクの足廻りなんですが、サブフレームはありません。
各アームがボディーに直付けになっているんです。
そこの固定ボルトにリジカラを装着するようになります。

 部がロアアームの固定ボルトで、 部がアッパーアームです。
それぞれ2本ずつのボルトで固定されています。







d0156040_18261498.jpg


まずは  部の図解です。
アームの先端にブッシュが圧入されていて、そこがボディーに固定されているんですが、
一般的なトーションビーム式あたりのブッシュとは構造が異なります。
ブッシュのセンターに溶着されているのはカラーではなくマウントステーです。
ショックでいうクロスピンタイプってやつで、コルトのリアブッシュもこの構造ですね。

ブッシュから横に延びたマウントステーに穴が開いていてボルトで固定されています。
この部分にリジカラを装着してやります。
上側のリジカラ①はボディーのガイド穴とマウントステーの穴に入る構造です。
ボルト側は強度アップ用のフランジのみのタイプです。
その理由は後ほど・・・









d0156040_17545239.jpg


上側に入るリジカラ①はゴツイほうの突起がボディーのガイド穴用です。
小さな突起がマウントステー側になります。
通常だとサブフレーム側(ここで言うマウントステー側)がゴツくて、
ガイド穴用の突起が小さいのですが、今回は反対になってますね。
その理由がさきほどの事とも関係してくるのですが・・・








d0156040_17592848.jpg


ボルトの根元が太くなっているのがわかりますかね?
ココがマウントステーの穴径と合っているため、元々センターが出る構造なんです。
そのためボルト側のリジカラ②がフランジだけのタイプなんですよね。
写真ではわかりにくいですが、ボディーのガイド穴はけっこう深いです。
なので突起もゴツくなっているんですね。







d0156040_1841891.jpg


リジカラをはめた状態です。
やはり上側はボディーに・・・









d0156040_1851325.jpg


元々センターの出やすい構造だったとはいえ、やはりズレていたようです。
ボディーに薄っすらと残っているサビの痕が元々固定されていた所になります。
リジカラ装着後は微妙に位置が変わっていますよね。
これで正確にセンターが出たことになりますね。









d0156040_18253770.jpg


続いては  部の図解です。
ここは上側だけに入る構造ですね。
しかもボディーのガイド穴用の突起しかありませんね。
ここもボルトとマウントステーの穴径が合っているんでしょうね。








d0156040_18111564.jpg


ガイド穴用の突起のみですので、ウラ面はフラットな構造です。
マウントステーの穴位置のズレが少ないため、ここはセンター出しは必要なく、
フランジによる強度アップのみでOKなんでしょう!








d0156040_1813333.jpg


リジカラをはめた状態です。
ここは写真が非常に撮りづらかった・・・
そのためこんなアングルの写真しかありません。









d0156040_18151161.jpg


ボルトを締め付けて完成です!
マウントステーの横にリジカラがチョコっとのぞいてますね。


今回のオーナーさんはミスリル施工は後日をチョイス!
まずはリジカラのみの効果を堪能されるようですね。

リジカラフェア期間中はアライメント調整が特価ですし、
ミスリル施工もオマケでサービスしています!
同時施工か、後日施工かはお客さんに選択してもらうようにしています。
どちらにしても
タダのサービス施工は変わりません!
このチャンスをお見逃しなく!!

by AutoReference | 2012-07-22 13:55 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★レーシングキング... 進化剤施工!★ヴィヴィオ★MT... >>