リジカラ装着!★コルトVerR★ミスリル施工も!!

只今当店では リジカラフェア をやってます。
アライメント調整がスペシャルプライスになるのに加えて、
塗る進化剤ミスリル施工も
オマケでサービス中!!


リジカラをご検討中の方には大チャンスですよ!




先週の3連休に続いてこの週末もリジカラウィークエンドで、
2日続けてのリジカラ装着作業がありました。




今回のクルマは・・・






コルトVerR!











d0156040_1824573.jpg


先日3回目のMT進化剤を施工したクルマです。
進化剤をやりに来たついでに(?)リジカラのご注文もいただいたんですよね。
やはり進化剤とリジカラはリンクしているような・・・
以前に装着したVerRの結果から、他のクルマに比べても
このクルマは効果が大きく感じられるように思います。









d0156040_18284929.jpg


フロント用は8ピースです。
一般的なフロント用の設定になってますね。









d0156040_18294696.jpg


装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所!
サブフレームの構造も一般的なFF車の形をしていますね。







d0156040_18551385.jpg


横から見た装着ポイントです。









d0156040_18554788.jpg


まずは  部の図解から。
サブフレーム上側に入るリジカラ①はボディーのガイド穴にも入る構造ですね。









d0156040_1858212.jpg


リジカラ①の突起はサブフレームに入る側のほうが若干厚くなってます。
ボルト側になるリジカラ②は片面がフラットです。










d0156040_1904221.jpg


サブフレームのスキマはけっこう大きいですね~。
ここはパイプ構造になっていますので、接触面の面積はけっこう少ないですよね。
リジカラを入れることでスキマが埋るだけでなく、
接触面もしっかりと密着して締結強度を上げてくれるんです。










d0156040_1941587.jpg


リジカラをはめた状態です。
上側はボディーに貼りついています。

今回ミスリル施工は完璧に塗れる同時施工を選択!
密着面にもバッチリ塗ってますよ!!

このオーナーさんは福山から来ていただいている方なので、
後日施工だとまたわざわざ来てもらわないといけませんしね。
もし来週に施工となると3週連続で倉敷に来ることになっちゃいますもんね。(笑









d0156040_19104247.jpg


続いて  部の図解です。
ここは上下とも上側の穴にはまる構造です。
上側のリジカラがボディーのガイド穴を埋めて、下側がサブフレームの穴を埋めます。
サブフレームの寸法がさほど厚くないのでこの方式なんでしょうね。








d0156040_1915622.jpg


そのため上下ともに片面がフラットになったタイプの同じ物を使います。










d0156040_191693.jpg


 部に比べるとサブフレームの穴もそんなに大きくありません。
なので突起も小さくてOKなんですよね。











d0156040_19175389.jpg


こちらもミスリルをしっかりと塗ってますよ~!
ココみたいにサブフレームの接触面が広い構造の場合には、
後日施工だとハケの入る場所が限られてしまいます。











d0156040_19203460.jpg


ボルトをトルク締めしたら完成です!
締めたあとにボルトの頭にもミスリルを塗っておきました。









続いてはリアの作業です。



d0156040_19222823.jpg


リア用も8ピースです。
コルトVerRのリアアクスルはFF車に多いトーションビーム式なんですが、
ボディーへの固定部分がちょっと変わっているんです。
そのためにピース数が多くなっているんですよね。










d0156040_19245338.jpg


装着ポイントは丸印のボルト4ヶ所です。
トーションビームの付け根部分ではあるんですが・・・









d0156040_1926943.jpg


で、図解です。
一般的にトーションビームの固定方法はブッシュのセンターカラーに
ボルトを通してボディーに固定することが多いんです。
(フィット・スイフト・プリウス・ウィッシュ等はその方式でしたね。)

このクルマのブッシュのセンターにはカラーの代わりにマウントステーが付いています。
そのマウントステーに穴が開いており、ボルトでボディーに固定する構造です。
前日に作業をしたFD2のリアのアームと同じタイプの構造ですね。
そのためピース数が多くなっちゃうんですよね。
まあ、FD2はアーム2本分で12ピースでしたからね~。









d0156040_1932184.jpg


リジカラ①はボディーのガイド穴とマウントステーの穴に入るため
突起が両方に出ていますね。
リジカラ②は片側がボルトに当たるためフラットになっています。









d0156040_19344615.jpg


当然ながらココもミスリルをしっかりと塗っていますよ~!
いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。











d0156040_1936597.jpg


ボルトをトルク締めして終了です!
マウントステーの横から上側のリジカラがちょこっとだけ見えていますね。
ココも締めたあとにボルトの頭にミスリル施工しときました!!


この日はコルトVerRのお客さん2人がセカンドカー(バイク)に
進化剤の施工でご来店されていましたので、
この方も入れてて3人のVerRオーナーが顔を合わせることに・・・
クルマは1台しかいませんでしたが。
さほど台数の多い車種でもないですから、こういった事も珍しいですよね~。

このオーナーさんとレーシングキングの“雷帝王”fanky617さんはお友達なんですが、
別に示し合わせて来たわけじゃなかったそうです。
そしてもう1人の方は全くの偶然です。
こんなこともあるんですね~。


さて今度の週末もリジカラの作業予約が入りました!
リジカラウィークエンドも継続ですね!!

リジカラをご検討中の方はお得なフェアをお見逃しなく!!!

by AutoReference | 2012-07-23 20:04 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★アクセラ★エンジ... 進化剤施工!★レーシングキング... >>