リジカラ装着!★AW11 MR-Ⅱ★進化剤も!!

久々のリジカラネタです。


本日のクルマは・・・








AW11 MR-Ⅱ!








d0156040_16718100.jpg


懐かしの名車ですね!
当店お得意の80'S(エイティーズ)のクルマです。
オーナーさんの愛情が感じられるキレイな1台ですね~。









d0156040_1694143.jpg


AW11用はF・Rセットの設定で合計14ピースになっています。
フロントが8ピースでリアが6ピースですね。








d0156040_161121.jpg


14ピースありますが、形状は2種類です。
小さな突起が両側に出ている リジカラ①
フロント・リアともに4ピースずつ使います。

ちょっとゴツイ突起が片側のみにあり、反対面がフラットなのが リジカラ②
これはフロントに4ピース、リアに2ピース使います。
フロント・リアともにこの2種類を使うようになっているんです。








d0156040_16151019.jpg


フロントの装着ポイントは丸印のところです。
テンションロッドの取付けブラケットをボディーに固定している部分です。
ん? 何でテンションブラケットなの??
リジカラってサブフレーム締結部に装着する物じゃないの・・・?

その答えは・・・









d0156040_16172579.jpg


サブフレームが存在しないんですよね~!
先日紹介したスズキKeiと同じようにボディー自体がサブフレームのような形状になっており、
ロアアームが直接固定されているんです。
なのでリジカラを装着することが出来ないんです。

今回オプション設定のミスリル施工もやることになりました。
リジカラ装着部だけでなく通常ならサブフレームであろうと思われる部分にも
オマケで塗っておきました。
これでロアアーム付け根付近の強度が上がり、リジカラ効果が増大するでしょうね!!








d0156040_16255146.jpg


テンションブラケットの固定ボルトはココです。
 部のボルトは1本ブラケットに隠れて写っていませんが・・・









d0156040_17515291.jpg


いつもの図解です。
リジカラが2種類ですのでF・Rで同じ物を使う部分は構造も同じです。

フロントの  部とリアの  部が
両側に突起が出ていたリジカラ①を使います。

フロントの  部とリアの  部が
ちょっとゴツイ突起が片面に出ていたリジカラ②を使います。
突起がゴツイってことはその分ブラケットの穴径が大きいってことになります。









d0156040_17585320.jpg


カメラを入れるスペースが無かったんで撮りにくかったんですが・・・
手前のボディーに貼りついているのがリジカラ①です。
奥側のブラケットの穴にリジカラ②の突起が少しのぞいているのがわかりますかね?
この写真ではわかりにくいと思いますが・・・








d0156040_1823795.jpg


トルク締めをしてボルトの頭にミスリルを塗ったらフロントの終了です!










d0156040_1842070.jpg


リアの取付けポイントはココです。
こちらもサブフレームっていうカンジでは無く、左右独立のブラケットに
ロアアーム等が固定されている構造になっていますね。
やはりミッドシップなんで普通のクルマとは構造が違うんですかね~。








d0156040_1874133.jpg


このブラケットをボディーに固定しているボルト部分にリジカラを装着します。
 部がリジカラ①で、  部がリジカラ②になります。








d0156040_18133036.jpg


こちらも写真が撮りにくい!
やっと撮れたのがコレです。
ボディーとブラケットに挟まれたリジカラがわかりますかね~?








d0156040_18145033.jpg


ボルトを締め付けて完了です!

通常のクルマとは若干構造が異なりましたんで、効果の出かたも違うかもしれませんね。
まあ、基本的な方向性は一緒でしょうけどね。
オマケのミスリル施工もしておいたんで体感いただけると思いますよ!




本当の目的は車検での入庫だったんですよね。
「過剰整備は嫌いなんですけど、予防整備は大好きなんです!(笑 」
って言うオーナーさんの言葉に従って油脂類は全交換しました。

そして仕上げに・・・







d0156040_18225397.jpg


エンジンとMTに進化剤を施工しました!
どちらも3回施工達成となりました!!
当店オリジナルの進化剤ステッカーゲットですね。パチパチパチ~~。

やはり古いクルマには細かいメンテナンスが重要になります。
新しいクルマのように乗りっぱなしってわけにはいかないんですよね~。
そして重要なのがトラブルの元を早期に発見することです。
まあ、早期発見の大切さは古いクルマに限ったことではないのですが、
部品の供給体制とかが段々と怪しくなってきますからね~。
どうしようもなくなる前に手を打っておく必要があるんですよ!

今回の点検で次なる予定も浮かび上がってきました。
こうした古いクルマのサポートもおまかせください!!
なんせウチはスタッフの年式も古いですから・・・(笑










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2012-10-19 09:39 | リジカラ | Comments(0)

<< ミスリル施工!★アルテッツァ・... ミスリル施工!★コルトVerR... >>