ミスリル施工!★コルトVerR★あちこちに・・・

最近月1回のミスリル施工が恒例行事となりつつあるのが

“雷帝王”fanky617さん の・・・

コルトVerR!


わざわざ三原からおいでいただいている、あの赤いVerRです。
今までにボディーの剛性アップを狙った施工やら、IN・EX系の効率アップを狙った施工やら、
あちこちに施工をしてテスト車輛として大活躍してもらってます!

そろそろ「やりつくした感」が漂っていたんですが、欲望は留まるところを知らず・・・(笑
今回は趣向を変えて新しい段階の実験です。
まず1点目は以前に施工した部分に追加施工をしたらどうなるか?
2点目は、他の方が施工したけどまだまだ実績の少ないポイントへの検証施工です。


それでは排気系の追加施工から・・・







d0156040_1313359.jpg


まずは触媒前のパイプ部分!
触媒は以前に施工してムチャクチャ効果が大きかったポイントです。
今回はパイプ部の追加ですんで、そこまで大きな効果は無いでしょうね。






d0156040_137249.jpg


続いてサブ触媒。
以前に1本ラインで施工していたんですが、ベタ塗りにしてみました。
メイン触媒がベタ塗りで効果が大きかったもので・・・





d0156040_1394015.jpg


続いてサブタイコ!
反対側に1本ラインで施工していたので、こちら側にも施工して左右対称に!!

排気系はやはりメイン触媒への施工が一番劇的だったようで、
今回の施工ではプラスαぐらいの効果だったみたいですね。






続いても追加施工!
ホイールです。

ここの追加施工にはある理由がありまして・・・
以前に1本ラインで施工して、乗り心地や回転のスムーズさを体感しました。
先日お友達のVerRが同じように施工したのですが、
自分のクルマより変化具合が大きかったのでビックリしたそうなんです。

お友達のVerRはホイールがノーマルだったんです。
インチアップした大径ホイールには1本ラインでは足らないのではないか?と思い、
今回追加でもう1本施工することになりました。



d0156040_1319153.jpg


以前は裏リムに近い部分に施工しました。
アルミ地肌にシルバー塗装でわかりにくいんで黄色に塗り分けている部分です。
(実際の色は黄色じゃありませんので・・・)

そこで今回表リムに近い部分に追加施工!
ポリッシュ仕上げになっている表リムに直接塗るわけにもいきませんので、
ディスクとリムの接合部の裏面に施工しました。(緑の矢印部分です。)
これで裏表の2本ラインになりました。
(どちらもセンター寄りではありますが・・・)

で、効果のほどは・・・

>これはやはり想像していたような乗り味になりましたね。
>突き上げがマイルドになり、橋の継ぎ目とかギャップがある所でも結構運転が楽です。
>「ちょっと厚いゴムを使ったタイヤ」のようなフィーリングになります。
>やはりアルミホイールの大径サイズは塗る箇所を複数に・・・
>幅方向に2リング取ったほうが効果が劇的だということが分かりました。
>転がりも以前の1リングの時よりも良いみたいです。



ただし・・・

>AW施工のデメリットとして、タイヤが貧弱だとそのまんま分かります。
>施工してない時だとタイヤと一緒にAWも(微妙に)変形するので、
>そのまんま消しゴムになってグリップは感じるのですが、
>2リングだとタイヤの性能にかなり依存するような気がします。
>(減りはやはりタイヤの性格次第でしょうけど・・)


といった面もあるようです。
ただこれはタイヤ本来の性能が端的に感じられるということになりますので、
単純にデメリットとは言えないかもしれませんね。
良いタイヤを使っている人にとっては、タイヤの性能がモロに体感できるってことですから
メリットと言ってもいいかも・・・?





続いては検証施工です。






d0156040_14101733.jpg


クランクプーリーです。
以前にみん友である けいんさん が施工して、
効果を体感されていたので、自車でも検証してみようかと・・・
ホイールでも体感されたように、回転系はけっこう効果が大きいんじゃないかと思います。

今回は追加でウォーターポンププーリーにも施工しました。
こちらは初の施工になりますが、同じく回転系ですから効果はあるのではないかと・・・
VerRに限らず、社外品で軽量アルミプーリーがけっこう発売されてますからね。
まあミスリル施工では軽量にはなりませんけどね。
塗料の分を考えれば、微妙に重量プーリー?(笑









d0156040_14315085.jpg


続いてはプラグです。
こちらは3台目の施工になりますが、前2台がNA車でしたんでターボ車としては初施工!

いつものようにプラス側とアース側に施工してあります。
アース側はオーナーさんの希望ではネジ部への施工だったんですが、
ここはモロに電気の通り道になりますので、絶縁体である塗料を塗るのはマズイと思い、
いつものようにネジの根元部分に塗りました。


さて、このクルマもそろそろ施工する場所が無くなってきましたね~。(笑
まあ発想を変えれば、まだまだ可能性を秘めた部分はあると思います。
オーナーさんもいろいろと検討されているようなんで、
ウチとしても目新しいアドバイスができるようにがんばらなくっちゃネ!


さあ、アナタもミスリル施工の効果を体感してみませんか?

実験台となるテスト車輛はまだまだ募集中です!
おトクなお試し価格でお待ちしています!!
 















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-02-24 14:48 | ミスリル施工 | Comments(0)

<< ミスリル施工!★ステップワゴン... サウンドナビ取付け!★DIAT... >>