パワステオイル漏れ修理!★JZA70スープラ★リビルト!!

最近またまたネタが溜まり気味になってきてるので、ドンドン紹介しなくっちゃ!







JZA70 スープラ!





d0156040_18274587.jpg


けっこうな年式なんですが、キレイに乗られてるクルマです。
最近のクルマには無いスタイリングですんでオーナーさんの愛着もひとしお。
ちなみに年末にナビを取り付けたスープラじゃありませんよ!
同じブラックのJZA70ですが、別のクルマです。
(過去にHIDとか装着したクルマです。)

いくら大事に乗っていても、古くなるにつれてトラブルが・・・
こればっかりは避けては通れません。

今回はパワステのオイル漏れなんです。
確認したところけっこうな漏れ具合でして・・・
リビルト品を使って修理することになりました。





d0156040_18264452.jpg


まずはパワステポンプ!
漏れたオイルでドロドロですね~。
オーナーさんによるとかなり前から漏れは始まってたみたいなんですが、
ここに来てシャレにならんレベルになったので修理に踏み切ったみたいです。
たしかにかなりキテますね~!(笑






d0156040_18372351.jpg


リビルト品のポンプです。
当然ながらキレイですね~って当たり前か・・・

リビルト品っていうのは外部のボディー等は再使用して、
ベアリングやオイルシール等内部の消耗部品を新品に交換した物なんです。
つまりリビルトメーカーがオーバーホールをした物ってことです。
そのため外したポンプはメーカーに送り返します。
で、それをまたオーバーホールして次のお客さんにってパターンです。

ウチでオーバーホールしようかとも思ったんですが、
内部の部品で欠品の物があったりして・・・
さらに工賃を考えるとリビルト品のほうが安上がりなんですよね。
エンジンやMT・ドラシャ等にもリビルト品の設定がありますけど、
いずれもオーバーホールするより安上がりな物が多いですね。






d0156040_18454390.jpg


装着後の写真です。
オイルタンクは一旦取り外して洗浄してあります。
走行距離を考えると内部に汚れやゴミが溜まっている可能性が高いですからね~。
新しいポンプがゴミのせいでトラブっちゃたら台無しですもんね。






d0156040_18493668.jpg


ギアボックスもかなり漏れていましたんで交換しました。
もちろんこちらもリビルト品ですよ!
これで当分は安心ですね。





今回パワステ以外にもオイル漏れの箇所があったんです。
それがコレ!



d0156040_18525742.jpg


何だかわかりますか?
最近のクルマにはまず付いていない部品です。
オイルでけっこう汚れてますね~。

ハイドロリックモーターって名称の部品なんですが・・・





d0156040_18545022.jpg


ラジエターファンを回す部品だったんです。
なんとこのクルマはファンが油圧式なんですよね~。
最近のクルマはほぼ100%電動ファンだと思いますんで、まずお目に掛ることの無い部品です。
当時としてはかなりお金の掛ったシステムだったと思いますが、
今となっては???ってカンジですかね~~。(笑

まあ、電動ファンもモーターやリレーの故障で突然回らなくなることはあります。
油圧式だと回転ゼロになる可能性は低いのですが、今回のようにオイル漏れになったり、
専用のポンプとかも必要ですのでトラブルの元になる箇所も増えます。
現在電動ファンが主流ってことから、この方式はベストじゃなかったってことでしょうか?
(コストの面も大きかったと思いますけど。)
時代と共に消えていく運命にあったシステムってことなのかな?

それに油圧式だと整備性も悪いですし・・・
今回思い切って電動ファンにしてしまうって選択肢もあったんですが、
ファン以外にもリレーやら水温スイッチやらの部品点数が必要になるんで見送りました。
トータルするとけっこう高くなっちゃうんでね。

この部品はリビルトではありません。
さすがにこのあたりの部品までは設定が無かったので純正新品部品です。
(つまり需要が少ないってことです。)
この年代のクルマになると純正部品もいつ廃版になっちゃうかわかりません。
古いクルマのオーナーさん共通の悩みですよね~。
なのでトラブルの出た部品は供給のあるうちに思い切って換えちゃうのが得策なんです。






d0156040_1914774.jpg


こちらもオイルタンクがありますんで、外して洗浄しました。
パワステと同じくゴミなんかでのトラブル防止のためにね。






d0156040_1916081.jpg


さらに追加でヒーターコントロールパネルもASSY交換しました。
「最近コントロールパネルの調子がおかしいんで交換しといてください!」
とのオーナーさんのご希望で交換しました。
で、交換後エンジンかけてチェックしていたら・・・

ヒーターにしても暖かい風が出ない!?
でアレコレ調べたところ・・・







d0156040_19203893.jpg


コイツが逝っちゃってました。
この部品はエンジンからのヒーターホース途中にあるバルブを開閉する部品なんです。
つまりコイツが作動しないとバルブが開かないんで温水が流れないんです。

「コントロールパネルの不調ってヒーターが効かないこと?」
ってオーナーさんに連絡したらビンゴでした。
このクルマはコントロールパネルがよく壊れるようなんで、
てっきりソレだと思いこんでたみたいなんですよね~。
まあ、外したコントロールパネルはスペアってことでOKですか!?(笑






d0156040_19373822.jpg


ホースが繋がっている丸いお椀型の物の中がダイアフラム室になっていて
負圧でバルブの開閉をする仕組みなんです。
今回逝ってた部品は矢印の部分にあって、エンジンからの負圧を
ダイアフラムに送るコントロールをしているんですよね。

これで無事ヒーターは効くようになりました!(笑


クルマは消耗部品のカタマリですので、メンテナンスは欠かせません。
特に古いクルマになると思わぬところにトラブルが発生します。
当店のスタッフは当時を知るオッサンですので、古いクルマもおまかせください!!(笑













d0156040_1912777.jpg



岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-04-19 20:07 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

<< ミスリル施工!4台まとめて!! 進化剤施工!★ステップワゴン★... >>