リジカラ装着!★アウディA1★リアのみ!!

昨日から衣替えしたとたんに気温が下がっちゃいましたね。
夕方なんかは寒いくらいでした・・・
あれだけ暑い日が続いてたのにね~~。
まあ、あのまま夏本番に突入されたらたまりませんから、
これぐらいの気温のほうがすごしやすくていいんですけどね。




久々にリジカラの装着作業です。
クルマは SEIやん さんの・・・






アウディA1!







d0156040_10244879.jpg


小さくてもしっかりとアウディ顔してますね~!(笑
最近のアウディはデザインが洗練されてるように思います。
一昔前に大人気になった80以降はなんか低迷してたような印象がありますが・・・

今回はリアのみに装着します。








d0156040_1028516.jpg


A1のリア用は2ピースです!
国産のFF車と同じくトーションビームアクスルなんで、
左右の付け根部分に1個ずつの装着となります。

このタイプの方式車はリジカラを試すのにもってこいなんです。
2ピースなんで、まず商品価格が安い!
で、数が少ないってことは工賃も安い!!
さらに、アライメント調整が不要!!!
(リアには調整機能が付いてませんから・・・)
トータルでフロントに比べてかなりお安く収まっちゃうんですよね。

なのでリジカラ効果を体感してみるのに気軽に試せちゃうんですよね。
まあ、フロントのほうが効果自体は大きいんですけどね・・・









d0156040_1047239.jpg


いつもの図解です。
このタイプの多くにはボディーの穴とボルトのスキマを埋める突起が出ているんですが、
A1用にはその突起がありませんね。
その理由は後ほど・・・








d0156040_10364989.jpg


装着ポイントは丸印の部分2ヶ所です。
トーションビームをボディーに固定しているポイントですね。









d0156040_1038430.jpg


このボルトが装着ポイントです。
実はカバーで隠されているんで、そのカバーを外さないと作業はできません。
まあ、簡単に外せますけどね・・・










d0156040_10485972.jpg


突起が出ていない理由はコレです!
ボルトの根元部分が太くなっているんですよね~。
太くすることでボディー穴とのスキマを埋めるようになっているんです。
まあ、若干のスキマはありますが、(全く無いとボルトが入りませんもんね・・・笑)
突起を付けて埋めるほどでは無いぐらいなんですよね。

以前に装着したAZワゴンでもスキマが無くって、
「やるな!マツダ!! じゃなかったスズキ!!!」って思いましたが、
アウディも同じことをやってたんですね!








d0156040_10574269.jpg


いつものようにリジカラグリスをたっぷり塗って装着完了です!

ここの固定方法は大きく分けて2種類あります。
ボディーにナットが溶接してあるタイプと、ボルト&ナットで締めるタイプ。
溶接タイプはボルト側にしかリジカラを入れることはできませんが、
ボルト&ナットタイプではナット側に入れることが多いんです。

ところがこのクルマはボルト側に入れるようになってます。
センター出し効果が必要ないんで、強度アップがメインになりますから、
スプーンさんの思惑があるんでしょうね!(笑


リアがトーションビームのクルマにお乗りの方にはオススメですよ!
なにしろ安いんでコスパは抜群です!!



















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-06-02 13:05 | リジカラ | Comments(0)

<< WAKO’S★RECS レック... 天井クリーニング!★ヴォクシー... >>