リジカラ装着!★三菱ⅰ(アイ)★もちろんミスリルも!!

せっかくの3連休だっていうのに、3日とも雨が降りましたね~。
まあ、昨日・一昨日は夕立でしたけど・・・
朝からずっと雨が降ってるっていうのはいつ以来になるんでしょうか?
なんせ今年は空梅雨でしたもんね。

それにしても昨日の夕立はすごかったです。
ゲリラ豪雨ってヤツなんですかね?
雷もけっこう鳴ってましたし・・・

ウチの駐車場と前を走っている県道188号線の歩道との間に排水溝があるんです。
そこは昨日ぐらいのドシャ降りになると・・・










d0156040_12544348.jpg


こんなになっちゃうんです!

歩道はすっかり川ですね!!(笑

これでも以前に比べるとだいぶマシになったんですよ。
数年前に排水溝の迂回工事をしてから、こんなになる回数は激減したんです。
以前はちょっとした夕立ですぐにこの状態だったんですよね。
昨日みたいなドシャ降りだったらおそらく縁石が隠れるぐらいの水深にはなってたかと・・・
車道まで川になってクルマが通るたびに水しぶきがスゴかったんです。
今はそこまでなるのはほとんどありませんけどね・・・



さて本題のリジカラ装着です。

クルマは・・・






三菱ⅰ(アイ)!






d0156040_18201164.jpg


進化剤も施工してあるし、ミスリルもテスト車輛としてアチコチに施工してあります。
やはり進化剤とリジカラはリンクしてる?
このクルマが今までリジカラを付けてなかったってことが不思議なぐらいです。(笑







d0156040_18222384.jpg


まずはフロントの装着ポイント。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所ですね。
 部はバンパーに隠れているので、バンパーを外さないと作業できません。








d0156040_18243057.jpg


3種類のリジカラで合計8ピース!
リジカラ①が4個と②・③が2個ずつですね。
通常このパターンだと・・・

 部に①と②を使い、  部に①と③って組み合わせが多いのですが・・・








d0156040_1829619.jpg


なんと左右でサブフレームの穴径が違うんです!
そのため穴の小さいほうには突起の小さなリジカラ②を、
大きいほうには突起のゴツイリジカラ③を使うようになるんです。

これは  部の写真ですが、小さいほうが運転席側です。







d0156040_18414619.jpg


いつもの図解です。
4個あったリジカラ①はボディーのガイド穴に突起が入る構造で左右共通です。
ここがサブフレーム側に突起が出ていないのは・・・
おそらく両方に突起を出すとボルトが入らなくなるからじゃないかと?

以前スプーンさんから聞いた話しだと、クルマによってはキツキツにしすぎると、
4本のボルトのうちどれかが入らなくなることがあるようなんです。
実際にこのクルマはこの構造のリジカラでもけっこうキツキツで、
4ヶ所をちゃんとはめ込むのにけっこう時間が掛りましたからね~。
もし両方に突起が出ていたらと思うとゾッとします。(笑







d0156040_1843157.jpg


リジカラ①がボディーに、リジカラ③がサブフレームに貼りついた状態です。
この状態でサブフレームのズレをなくして締め込んでいきます。
ここはバンパー外してるんでマル見えですね。(笑

もちろんリジカラフェアでサービス中のミスリルも塗り塗り!!








d0156040_192255.jpg


 部も穴径が違います。
こちらは穴の大きいほうが運転席側でした。
サブフレームの対角線上に穴の小さい所を持ってくることで
工場での組立時のズレを少なくしようって意図なんじゃないかな?

けっこうアイって手の込んだ仕事をしてますね~、三菱さん!







d0156040_1981024.jpg


 部の図解です。
ここも下側は穴径に合わせて2種類のリジカラを使います。







d0156040_1993888.jpg


上側のリジカラはボディーに貼りついた状態です。
下側はまだはまってませんね。
これをサブフレームの穴にはめながらボルトを締め込みます。
って、言うのは簡単ですがけっこう気を使いながらやらないとダメなんですよね~。
突起をツブしちゃったら元も子もありませんからね。








d0156040_19123237.jpg


続いてリア側です。
アイのリアアクスルはリジッドタイプなんですが、
一般的な軽自動車のような一体型のトーションビームではありません。
ミッドシップですのでエンジンやATがありますので、
左右のアームを最後尾のビームでつなぐような構造になっています。
でも、基本的な動きは同じなんですけどね。







d0156040_1917157.jpg


なのでリジカラはFF車のリア用に多いこのタイプ!
ボディーの穴に突起がはまり込むいつものヤツですね!!







d0156040_19182581.jpg


アームをボディーに固定する部分の構造は一般的なトーションビームと同じです。
まあ、トレーリングアームとクロスビームが別体になっているだけで、
基本的な方式は一緒ですからね。







d0156040_19273676.jpg


ボディーの穴とボルトの隙間がわかりますか?(矢印部分)
けっこう大きな隙間がありますよね~。
この隙間にリジカラの突起がはまり込んでガタをなくすんです。







d0156040_19304278.jpg


リジカラがちゃんと穴にはまってるのを確認しながらボルトを締め込みます。
最後にタイヤが接地した1G状態でトルクレンチで増し締めして終了!

もちろんリアもミスリルを塗ってますよ!






d0156040_1934387.jpg


さらに追加で エアコン進化剤! も施工しました。
正式リリースになったばっかりですが大人気になってます。
暑い夏にはピッタリですからね~。
























d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-07-15 19:41 | リジカラ | Comments(0)

<< ダウンサス&ホイール装着!★ⅰ... 進化剤&ミスリル&RECS施工... >>