リジカラ装着!★NHW20プリウス★他にもイロイロ!!

昨日ウチのカミさんが岡山市内を走ってたら、
走り系のクルマにフル乗車しているのを見かけたそうなんです。
人間が古いんで走り系のクルマは1人か2人しか乗らないもんだと思ってるらしい。(笑

で、よく見るとそのクルマは鳥取ナンバーだったそうで、
さらに2台が連れ立ってたようなんです。
注意してみていると他にも県外ナンバーがワンサカいたそうです。
「なんで今日は県外ナンバーがこんなに多いんだろう?」と思ったそうです。
そこは市内でも外れのほうなんで、日頃は県外ナンバーなんてあまり見かけません。

で、あっそうか!と思いついたのが・・・

ももいろクローバーZ! 

昨日市内の体育館でコンサートがあったんですよね。
その体育館の脇を通ったら上から下までまっ黄黄のスーツを着た人が歩いていたとか・・・








d0156040_9404558.jpg


こんなカンジ!?(笑
ファンの方々も華やかなんですね~!!




さて本日は約1ヶ月ぶりのリジカラ装着作業です。
リジカラ以外にもイロイロやってますよ~。

クルマは・・・








NHW20 プリウス!









d0156040_18501372.jpg


前回のリジカラ装着車が30系プリウスでしたんで、
新旧のプリウスで連チャン作業ってことになりますかね?(笑
このオーナーさんもそのブログをチェックされてました。


さて、まずはフロントから・・・






d0156040_18531534.jpg


フロントの装着ポイントは左右2ヶ所ずつの合計4ヶ所です。
一般的なFFタイプのサブフレームですね。
このタイプはほとんどが4ヶ所の装着になります。

いつものように A部 のボルトはほとんど写ってません。







d0156040_18542166.jpg


ってことで横からビュー!
これだと装着ポイントがはっきりと確認できます。









d0156040_18555424.jpg


フロント用のリジカラは2種類が2個ずつの合計4ピース!
トヨタのFF車用はピース数が少ない場合が多いです。
スプーンさんによると、サブフレームのシナリが大きい関係で、
上下に入れるとボルトが入らなくなってしまうんだとか。
30プリウスも4ピースでしたもんね。

そのかわり1個1個がかなりゴツイです。
重量換算すれば8ピースの物とあんまり変わらないかも?(笑
でもゴツイってことはそれだけサブフレームの穴が大きいってことになります。
このタイプははめ込みに苦労させられる場合が多いんですよね~。
イヤな予感がします・・・(笑







d0156040_192975.jpg


まずは A部 の図解です。
リジカラはサブフレーム上側のみに装着します。
大きなサブフレームの穴とボディーのガイド穴に突起がはまる構造ですね。







d0156040_1932195.jpg


装着中の写真です。
いつものようにリジカラはボディー側に貼りついています。
ってこれがやはり大変でした・・・

この状態っていうのは、リジカラ上側の突起をボディーのガイド穴にはめ込んでいるんです。
サブフレームの穴が大きいクルマはこの時の位置出しが難しいんですよね。
位置がちゃんと合って無いとリジカラははまってくれません。
そのまま締め込むと突起がツブれてしまうことになりかねないんです。
なのでサブフレームを押したり引いたりしながらはめ込むんですが、
これが中々思うようには動いてはくれないんですよね~。

でもまあ、何とか無事にはめ込みましたけどね。

そうそう、もちろんミスリルも塗り塗りしてますよ!









d0156040_1991467.jpg


続いて B部 の図解です。
こちらも基本的な構造は同じですね。











d0156040_19111859.jpg


はい、ここもリジカラはボディー側に!
やはりちゃんと位置出しすることが肝心ですからね。











d0156040_19131599.jpg


続いてはリア用のリジカラです!
毎度おなじみトーションビーム用の物ですね。
もうすっかり見慣れた形状です。









d0156040_19144291.jpg


ボディーの鉄板の穴とボルトの間にスキマがあるのがわかりますか?
このスキマにリジカラの突起がはまり込むことで、
スキマを埋めてボルトのセンターが出るって構造になっているんです。









d0156040_19174217.jpg


リアの図解です。
このクルマはボルト&ナットタイプですのでナット側にリジカラがはまります。
車種によってはナットが溶接されているタイプがあるんですが、
その場合にはボルト側にはめるようになりますね。











d0156040_19233588.jpg


ミスリルを塗ってリジカラをはめ込み、ボルトを仮締めします。
小さな補強プレートが付いていたのでそこにもミスリルを塗っておきました。

この後、タイヤを接地させた1G状態で規定トルクで本締めします。
本締めしたらボルトの頭にもミスリルを!
これでリジカラ装着完了です!!




当店では夏のフェアに合わせてリジカラTシャツを仕入れて、
購入してくれたお客さんにプレゼントしていました。
最近リジカラを注文するとTシャツがオマケで付いてくるようになったんです。
別にキャンペーンのお知らせとかは届いていなかったんですが・・・

スプーンさんってたまにこういうことしてくれるんですよね。
今までも何回かオマケで付いてきたこともあったんです。
で、今回送られてきたTシャツが・・・





















d0156040_19312467.jpg


リジカラマン?(笑

最初見た時にはひっくり返りそうになりましたよ、マジで・・・(笑
しかしこのTシャツを着て街を歩く勇気は私にはありませんね。(爆
シャレとしてはおもしろいですけど、実用性は・・・?
それにしてもウケを狙い過ぎ!?(笑









今回はリジカラ以外にも作業をやったんです。

まずはリジカラポイント以外にもミスリルを施工しました。









d0156040_19385696.jpg


トランスアクスル部分です。
プリウスは一般的なATでは無いんでオイルパンがありません。
そこでアルミのケースに塗ってみました。
ちょうど真ん中あたりが色が違うのがわかりますかね?

この部分が駆動を伝える働きをしているところなんです。
ただ、オイルがどの程度作動油として働いてるのかは不明なんです。
そのためATほどの効果があるかどうかは未知数です。
これってテスト施工としてはバッチリですよね!






続いては・・・

レンズリフレッシュ! 

ウチの隠れた?人気商品です!(笑

じつはレンズリフレッシュの見積りに来られて、
リジカラまで買っちゃったってパターンだったりします・・・(笑






d0156040_1938620.jpg


ええ~カンジに黄ばんでますね!(笑

これぐらいの年式のクルマってけっこうこれぐらいのって多いですよね。
特にトヨタ車に多いっていうウワサも・・・









d0156040_2041853.jpg


どうですか、キレイになってるでしょう!
内部のリフレクターとかもはっきりと見えるようになりました。
レンズ表面の蛍光灯の写り込みもクッキリと!!







d0156040_2061670.jpg


並べてみると違いがよくわかります。
これだけ透明度が上がればライトもかなり明るくなります。
しかも光軸がピシッと出ちゃうんですよね。
これから夜が長くなりますから明るいライトは重宝しますよ!








d0156040_2091960.jpg


ラストは・・・

EVIDIS! 

こちらもここ最近の人気アイテムです。
なにしろ先日はわざわざ神戸から施工に来られたぐらいですから・・・

暑かった夏が終わって、フル稼働だったエアコンからイヤ~なニオイが!
おそらくたっぷりと水分が出たんで、雑菌の繁殖も多いんでしょうね。







で、最近ウチの店で増えてるパターン!
このお客さんは・・・








d0156040_20134853.jpg


なんと 東京 からのご来店! ってウソです!!(笑

最近岡山に引っ越して来られたんだそうです。
で、近場のお店を検索していてこのブログがヒットしたみたいなんです。
今回はありがとうございました。
これからもご贔屓にお願いします。

さすがにリジカラ付けに東京からは来ませんよね。(笑



























d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-10-19 10:00 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤&RECS施工!★インテ... 進化剤施工!★レガシィ・アウト... >>