アールズRRP強化アクチュエーター装着!★コルトVerR★

GPシリーズ スケート・アメリカは
真央ちゃんが優勝したようです。 パチパチパチ~~!
SPでは両足着氷ながらなんとか降りた3アクセルですが、
フリーでは派手に尻もちをつく転倒だったようです。
でもその後の演技を無難にまとめて自己ベストに迫る高得点で、
2位のワグナーに10点差をつける圧勝だったようです。
ソチ五輪に向けてのスタートとしては良かったんじゃないでしょうか。

昨日気になると言ったトゥクタミシェワがフリーで3位になるものの、
SP9位という出遅れが響いて4位止まり。
ただ技術点では真央ちゃんの62.83を上回る64.30でトップ。
まあ、演技構成点では真央ちゃんが10点以上離してますが。

ロシア勢は地元開催の五輪ですから気合が入っていると思います。
日本と同じように熾烈な代表争いが待っているんでしょうね。

フィギュアの話題はこれぐらいにして・・・
気が向けばまた詳しく書くかもしれませんがね。
えっ?フィギュアなんかには興味は無い!?
まあまあ、そう言わないでお付き合いくださいよ~!!(笑




さて、本日のネタは・・・

アールズ製
 RRP強化アクチュエーター!
 


http://www.rsrs.jp/colt/engine/27_actuate.html

アクチュエーターっていうのはタービンに付いている部品で、
ブースト圧をコントロールしているんですよね。
これを強化品にすることでブーストを上げることが出来るんです。



クルマは・・・
“雷帝王”fanky617さん の・・・

コルトVerR!



このパーツ自体はターボ車にとってはけっこうポピュラーなパーツなんですが、
コルト用はアールズさんぐらいしか発売していないんです。
そこでオーダーを掛けたんですが・・・
7月に発注して当初の納期が8月下旬でした。
それが遅れに遅れて先日やっと入荷して来たんですよね。

アールズさんからはっきり聞いたわけでは無いんですが、
どうやら製品に不良が出て遅れたみたいです。
機械加工とかは町工場あたりに下請けに出しているでしょうから、
出来上がって来た部品にNGがあったんじゃないかと?


まあ、そんなこんなでお待たせしちゃったんで、早速取付けました。
ところが装着してみると何か違和感が・・・









d0156040_1715410.jpg


ホースとラジエターファンの距離が近すぎます。
これだとファンが回った時に接触しちゃう恐れがありますよね~。
ホースの取り廻しを工夫してみたんだけど、やっぱりキツイ!

「ええ~~、こんなにキツかったけ~?」と記憶をたどってみるものの・・・
じつは“雷帝王”fanky617さんのお友達のVerRに同じパーツを
8月に装着したばっかりだったんですが、その時にはこんな事の記憶が無いんですよね。
で、その時の写真を確認したところ・・・










d0156040_1722870.jpg


ホースを接続するニップルの出方が反対でした!
比較用の写真を撮ってなかったんでイメージ画像ですが・・・(笑
「〇」のほうが正規の商品の状態で、「X」のほうが今回の商品の状態でした。
まるっきり反対ですんで、そりゃあホースも有らぬ方向に向いちゃうかと。

アクチュエーターっていうのは構造自体は簡単なんです。
ブルーの本体の中にスプリングとダイヤフラムが入っていて、
ニップルの出ている部分がキャップのように押さえつけてるだけなんです。
なのでキャップ部分を一旦外して、正規の向きに組み直しました。
といってもスプリングを押さえないといけないんで、人力だけだとちょっと難しいかな?
今回外す時は油圧プレスで押さえて、組み付け時は長めのボルトで対応しました。

製品の組付けも下請けに任せているのかどうかはわかりませんが、
今回はアールズさんのミスですよね。
自分ところで組み付けているなら当然組付けミスですし、
下請けが組付けているんならチェックミスですよね。
まあ、ウチで対処できる内容だったんで、まだセーフでしたが・・・

VerRだけでなく、スイフトスポーツのパーツでもお世話になっていますんで、

しっかり頼みますよ、アールズさん!(笑









d0156040_1741342.jpg


と言うことで無事装着完了!
このホースの向きなら全然問題ありませんね。

装着後に試乗してみましたが、ブーストの立ち上がりも早く、
しっかりと設定値までブーストが掛ってます。
組付けミスさえ無ければ、言うこと無しだったんですけどね。(笑






今回は他にもアールズさんのパーツを装着しました。

RRP強化スタビブッシュ! 

http://www.rsrs.jp/colt/suspension/02_strengthen_stabibush.html








d0156040_1746558.jpg


純正のゴムから硬質ウレタンに材質変更した物です。
取り外したブッシュはボロボロですね。
走行距離が出てくるとゴムのブッシュはこうなっちゃうんですよね~。
まあ、VerRの場合はスタビリンクの装着位置にも設計上の問題がありそうですが。
けっこう位置と角度がキツイんですよね。
まるでスタビ無しで設計して、後から無理やり付け足したような・・・
純正ブッシュのヘタリの要因になってるかもしれませんね。









d0156040_17515271.jpg


装着完了です!
フロントの足廻りがかなりシャキッとした感じになりました。
まあ純正ブッシュがあの状態でしたんでね。

ウレタンはゴムに比べてヘタリは少ないんですが、弱点もあるんですよね。
それは・・・削れちゃうんです。
そのため回転方向に動きのある部分に使うとすぐにガタが出ちゃうんです。
スタビブッシュでもカマボコゴムのほうには使えないんですよね。
ここのブッシュやデフマウントなんかだと動きが少ないんで大丈夫でしょうけど。


ゴム製品はクルマにはけっこう使われています。
走行距離や経年変化でゴムが硬化したり、ヘタリが出たり、クラックが入ったり・・・
やはり定期的なメンテナンスが必要な部品になります。
最近は走行距離の出たクルマを大事に乗られる方が増えてきましたので、
当店でもエンジンマウントや足廻りのブッシュ交換の依頼が多くなってきました。

ゴム部品をリフレッシュすると、けっこうフィーリングが変化するんですよ!
見積り依頼もお気軽にどうぞ!!















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-10-21 10:23 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

<< 進化剤施工!★モコ★エンジン2回目! 進化剤&RECS施工!★インテ... >>