リジカラ装着!★ミラ・イース★

最近の軽自動車は燃費競争が激化してますね~。
ハイブリッドではないのに30km/Lオーバーが目白押しですもんね。
そんな軽自動車に買い替えたお客さんが・・・

なんとプリウスから買い替えちゃったんです。
たしかにカタログデータの燃費性能はプリウスを上回ってますし、
車検や税金の維持費を考えたら軽に軍配が上がるんですかね?
さらに晴れの日通勤用にカブも買ったらしい・・・(笑
こちらは軽自動車でも太刀打ちできない燃費性能ですからね~。


で、そのクルマにリジカラの装着です!









ミラ・イース!









d0156040_20282330.jpg


燃費のことだけを考えて選んだんで何にも付いていないグレードです。
鉄チンホイールですし、ドアミラーやドアノブもブラックのチープなルックス!(笑
一応パワーウインドウは付いてましたが、キーレスや集中ドアロックも無し。
家族でお出かけした時には各自がドアロックをするらしい。
今までやってなかったから面倒くさいですよね。
まあ、昔はそれが当たり前だったんですが・・・

さらにオーディオも何も付けてなかったんで奥さんがキレちゃったそうです。(笑
「節約するにも程がある! いいかげんにしなさい!!(怒)」
プリウス売ってこのクルマとカブならオツリがあるだろうにと思ったら・・・
ストレス発散用にリッターバイクも買ったんだとか。
そりゃあ奥さんが怒るのも無理はない!(笑
自分が乗る時に音無しっていうのはイヤでしょうからね~。

で、先日ナビを付けたんですが、
「こんな介護施設のみたいなクルマにリジカラが付いてるなんて誰も思わんじゃろう~。」
ということでリジカラも一緒にお買い上げになったんです。












d0156040_20423795.jpg


まずはフロントの装着ポイントです。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所。
いつものFF車用構造のサブフレームですね。










d0156040_20441329.jpg


いつもの横からビューです。
 部はボルトの頭が黒いんでわかりにくいですが・・・











d0156040_20453824.jpg


装着するリジカラは3種類で8ピース!
一般的なピース数ですね。








d0156040_20471175.jpg


まずは  部の図解です!

ここはサブフレームの厚みが薄いんです。
鉄板を貼り合わせた構造になっているんですよね。
そのため上下のリジカラともに片側だけに突起が出ているタイプです。
上のリジカラがボディーのガイド穴に、下のリジカラがサブフレームの穴にはまります。
サブフレームの穴は少々大きめなんで突起の径は太めです。










d0156040_20531924.jpg


装着中の写真です。
片側突起タイプなんでそれぞれ穴にはまり込んで貼りついています。
両側突起のように気を使う必要が無いんで簡単ですね。

もちろんミスリルも塗ってますよ!











d0156040_2055433.jpg


続いては  部の図解です!
ここはサブフレームの固定ボルトがロアアームの固定ボルトを兼ねている構造です。
上側のリジカラは両側突起タイプで、下側のリジカラは片側突起です。










d0156040_20575339.jpg


上側のリジカラは両方の突起が小さいもんですから、位置出しに苦労させられました。
さっき楽をしちゃったもんだから、倍返しされちゃいました・・・?(笑
見えにくいですがリジカラはボディーに貼りついてガイド穴にはまってます。
一応サブフレームの穴にも突起が掛っている状態です。
この状態から締めていかないと、ズレて突起がツブレちゃうことがあるんですよね~。
なのでこの作業は細心の注意が必要です。
突起をツブしちゃったら元も子もありませんから。









d0156040_214363.jpg


ここはロアアームの固定ボルトも兼ねていますんで、
タイヤを接地させて1G状態でトルクレンチで本締めをします。
本締め後ボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
ガセットプレートも付いてましたんで、そちらにもミスリルを塗っておきました。










d0156040_217260.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
毎度おなじみトーションビームアクスルですね。
ボディーに固定している矢印部分のボルトに装着します。










d0156040_2194980.jpg


リア用のリジカラです。
いつものタイプと違って突起がありませんね~。

ってことは・・・











d0156040_21141660.jpg


元々ボディーの穴とボルトにスキマがほとんど無いんです!
つまり純正でもちゃんとセンターが出ているってことなんですよね。
「やるな、ダイハツ!」ってカンジでしょうか!?(笑

じゃあ、リジカラは必要無いんじゃない?って思いますよね。
ところがちゃ~んと秘密があるんです。









d0156040_21171628.jpg


トーションビーム用のリジカラはセンター出しをするだけでなく、
もうひとつの役割りがあるんですよね。
ボルトの固定強度を上げるため、ボディー側の補強も兼ねているんです。
なのでサブフレーム用とかに比べてブ厚い構造になっています。

このブ厚いリジカラを挟み込むことで、
ボディーに補強板を付けたのと同じ効果があるんです。
なのでボルトのトルクがしっかりと掛って締結強度がアップするんですよね。









d0156040_21223315.jpg


こちらもタイヤを接地させて1G状態で本締めです。
もちろん固定部周辺とボルトの頭にもミスリルを塗っています。


で、お約束の・・・












d0156040_21285193.jpg


リジカラマンTシャツ!(笑

このキャンペーンはいつまで続くんでしょうかね~。
なんでもロゴのNewデザインのTシャツもあるそうで、
どちらになるかは来てみてのお楽しみなんだとか。
でもウケ狙いならこっちですよね~!(笑


オーナーさんとは引き渡しの時にもイロイロと話しをしたんですが、
今度は進化剤にも興味津津。
どうやら燃費性能でカタログデータを目指すようです。(笑





















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-10-25 21:44 | リジカラ | Comments(0)

<< リジカラ装着!★ランエボワゴン... 進化剤施工!★ステージア★大台... >>