リジカラ装着!★ランエボワゴン★マウント交換・進化剤も!!

連チャンでのリジカラネタです!
今回はリジカラだけでなく、エンジン&リアデフマウント交換に
リアスタビ&リンク交換・進化剤施工までやっちゃいました。

エンジンやデフのマウントを交換するのって、
サブフレームを緩めてずらしたり、一旦外さないとダメな場合が多いんです。
なのでリジカラ装着と同時にやることで、工賃の節約になるんですよね。
ついでって言ってしまうには作業箇所が増えるんですが、
それでもカブる作業が多いんで、一緒にやったほうがオトクなんですよね。


と言うことで盛りだくさんの作業となりました。

クルマは・・・








ランサー・エボワゴン!










d0156040_9272431.jpg


ワゴンなのにエボリューション!
ブリスターフェンダーも迫力がありますね~。
このクルマはエアロも付いていてバッチリ決まってます。







まずはリジカラの作業から・・・


d0156040_9302838.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所。
4WDではありますが、ベースがFF車なんで一般的なサブフレーム形状です。
若干特殊な部分もあったりしますがね。

やはり前側のボルト部分は見えにくいですね。








d0156040_933667.jpg


と言うことでいつもの横からビュー!(笑

 部はボルトではなく、スタッドボルト&ナットになってます。
ナットの色が黒いんでわかりにくいですが・・・









d0156040_16493327.jpg


フロント用のリジカラは4種類が2個ずつの合計8ピースです。
スタッドボルトなんでリジカラ1は中割りの分割タイプになってますね。
ヒレの部分にスリットが入っているのがわかりますか?
ここを折って分割するんです。








d0156040_18193974.jpg


まずは  部の図解です。
スタッドボルトなんでボディーにガイド穴がありませんので、
上側のリジカラはサブフレーム側にのみ突起が出ています。
下側のリジカラは突起がけっこうゴツイですね。









d0156040_18224428.jpg


いつもと違って上側のリジカラはボディーに貼りついていません。
ボディーにガイド穴がありませんので、サブフレームにはめ込んであります。
下側も当然ながらサブフレームにはめ込んでます。

今回もミスリルを同時施工しています。









d0156040_18251779.jpg


続いて B 部の図解です!

先日のミラ・イースと同じように、サブフレーム固定ボルトが
ロアアームの固定ボルトも兼ねている構造になっています。

ここは上下ともに片側突起のタイプですね。
上側の突起がボディーのガイド穴にはまり、下側がサブフレームの穴にはまります。










d0156040_18292076.jpg


上側のリジカラは見えにくいですが、ボディーに貼りついています。
下側はサブフレームの穴にはまっています。
ボルトのすぐ上にあるのはリジカラではなくワッシャです。
リジカラはその上でサブフレームに貼りついているヤツになります。








d0156040_1832171.jpg


ロアアーム固定ボルトを兼ねていますので、
本締めはタイヤを接地させて1G状態でトルク締めします。
締め込みが終わったらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリしてます。








続いてエンジンマウントの交換です。
実際にはリジカラの作業でサブフレームを下げた状態の時にやってます。


d0156040_18353145.jpg


まずはミッションマウント!
ここはセンターカラーがボディーに固定されて、ブラケットがMTに固定されます。
そのため矢印の方向に力が加わるようになるんです。
新品と比較するとセンターカラーの位置が上方にズレていますよね。
それだけゴムがヘタってるっていうことなんです。
大きなクラックとかはありませんでしたが、細かいヒビは入ってました。









d0156040_18395483.jpg


続いては車輛右側のエンジンマウント!
エンジンのクランクプーリー側のマウントですね。

ここもセンターカラーがボディーに固定されていますので、
矢印方向の力が掛ってセンターカラーが上方にズレていますね。







d0156040_18411746.jpg


続いては車輛前側、エンジンのEXマニ側のマウントです。
ここは今までと反対にセンターカラーにエンジンが固定されていますので、
力の掛り方も反対になり下方にズレが生じています。

エンジンはアクセルのON・OFFで横揺れが発生しますので、
その揺れを抑えるためにここのマウントはスキマの無い全ゴムタイプですね。
ハイパワーのスポーツ車ならではの配慮なんでしょうか?
パワーがある分、横揺れも大きいでしょうから・・・

でも全ゴムタイプだと横揺れは押さえられても、振動はボディーに伝わりやすくなります。
普通のエンジンのクルマだとここもスキマのあるマウントの場合が多いです。
スポーツ性を採るか、居住性を採るかをメーカーが判断しているんでしょうね。










d0156040_1354424.jpg


最後にバルクヘッド側のマウントです。
ここも横揺れ制御のスキマの無い全ゴムタイプでした。
ブラケットが大きくて横に並べて写真が取れなかったので、
縦方向の比較写真になってしまいましたが・・・
まあ、センターカラーの位置ズレは確認できますんでOKかな?
ここもカラーには下方の力が掛ります。

このマウントはサブフレームに固定されているんです。
なのでリジカラ装着のためにサブフレームを下げる時に交換すれば、
作業性が良いんですよね~。


今回エンジンマウントは純正品をチョイスしました。
ゴム硬度を上げた強化品という選択肢もあったのですが・・・
強化品にすればアクセルレスポンスが良くなる等のスポーツ性能が上がります。
それは何故か・・・?

アクセルを踏むとエンジンは回転数が上がりますよね。
と言うことは、クランクシャフトが回ることになるんですが、
この時にエンジン本体は反力で反対方向に回ろうとするんですよね。
その動きをエンジンマウントが抑えているんです。
つまりマウントが柔らかいとエンジンが一旦反対に動いてからクランクが回りはじめるわけです。

その昔、アメ車のカマロだったかトランザムだったかを空吹かししたことがあるんですが、
アクセルをちょっと踏んだだけでエンジンが揺れるどころか
車体が一旦右側に傾いてからブオ~~ンって吹け上がったんですよね。
6リッターだか7リッターだかの大排気量のビッグトルクエンジンでしたから、
エンジンの揺れもハンパなかったんでマウントが吸収しきれなかったんでしょうね。

これは極端な例ですが、一般のクルマでもマウントが柔らかいと
ほんの一瞬ですが反応遅れが出るんですよね。
マウントを硬くすればエンジンが動かなくなるんで、
クランクの回り始めが早くなり、アクセルレスポンスが良くなるってワケです。

ところがこの強化品にはデメリットもありまして・・・
エンジンの動きを抑えるってことは、マウントが動きを吸収しないってことなんです。
そうなるとエンジンの振動はマウントからボディーに伝わり、
車内での居住性の悪化を招いちゃうんですよね。
競技車輛等でしたら居住性なんか必要無いんで、レスポンスアップのために
迷わず強化品なんでしょうが、街乗り車輛だとそうはいきませんからね。
そこで今回は純正品にしたってわけです。
距離の出ているクルマだと、純正でも新品に交換したらけっこう違うもんなんですよ!












d0156040_14264631.jpg


今回スタビリンクも新品に交換しました。
もちろんカマボコゴムって呼ばれてるブッシュも一緒にネ。

本当は足廻りのブッシュも全て交換したかったようなんですが・・・
ランエボのブッシュって単品設定されている物が少ないんです。
そのためアームごとでの交換になっちゃうんですが、
このアームがアルミ製なんでけっこう高いんですよね~。
特にリアは本数が多いですし・・・

強化ブシュはそれなりに設定はありましたが、全てのブッシュをカバーしてはいませんでした。
それにランエボのアームはブッシュが付いているのはボディー側だけ。
ナックル側はボールジョイントになっているんですよね。
アームごと交換だとボールジョイントも新品になりますけど、
ブッシュ打ち換えだとそのまま再使用になっちゃいます。
走行距離が13万kmを超えてるんで全部交換しときたいですよね。
今回一緒にやっちゃうと金額が恐ろしいことに・・・(笑
そこでアームごと交換が次回の目標と言うことになりました。







さて、リジカラ装着作業に戻ります。


d0156040_14442486.jpg


リアの装着ポイントは全部で8ヶ所。
サブフレームは8本のボルトで固定されていますんで、全てのボルトに装着です。

左右の固定箇所に違うリジカラをはめるポイントが混在しています。
この理由はまた後ほど・・・

この写真はマフラーとスタビを外した状態です。
リアのスタビは強化品に交換するんです。
さらにデフマウントの交換もありますんで、邪魔ものを先に外しておきました。










d0156040_1631858.jpg


リア用のリジカラは8ピースです。
1本のボルトに1個ずつ装着するようになります。
片側の突起がゴツイものが6個と、両側の突起が小さいものが2個の2種類ですね。




でリジカラを装着する前にデフマウントの交換です。
何故かと言いますと・・・









d0156040_16352817.jpg


サブフレームを一旦外さないとダメなんですよね~。
このデフサポートメンバーの両端にブッシュが圧入されているんですが、
サブフレームの上に乗っかる形で付いているんです。
前側にはデフ本体があるんで抜けないし・・・

どうせリジカラを付ける時にサブフレームは下げちゃいますから、
一旦外すのもちょっと手間が増えるだけですからね。
だから同時作業だと工賃の節約になるんですよ。








d0156040_16455873.jpg


ブッシュをプレスで打ち換えました。
このブッシュには向きがあるので圧入の時に注意が必要です。









d0156040_16474468.jpg


デフマウントブッシュも交換しました。
ここはブッシュ単品の設定が無く、ブラケットごと交換してあります。


さて、デフマウントの交換が終わったのでリジカラに戻ります。









d0156040_16495287.jpg


種類の違うリジカラを使う要因がコレです。
 部と  部でサブフレームの穴径が違うんですよね~。
なのでリジカラの突起のゴツさに種類があったわけなんです。












d0156040_16512666.jpg


サブフレームが外れている時にミスリルをヌリヌリ。
車上でやるよりは簡単ですからね~。
相変わらずアルミ地肌への施工はわかりにくいですけど・・・(笑

で、サブフレームを取り付けると同時にリジカラを装着します。









d0156040_18323634.jpg


 部の図解です。

サブフレームとボディーの間にリジカラがはまります。
小さい突起がボディーのガイド穴用で、ゴツイ突起がサブフレームの穴用です。
先ほどのサブフレームの大きいほうの穴用になります。










d0156040_18354336.jpg


リジカラはボディーに貼りついています。
これは上側の小さい突起がボディーのガイド穴にはまっている状態で、
下側のゴツイ突起はサブフレームの穴に掛っていますので、
このままサブフレームを持ちあげれば自然とセンターの位置出しが出来るんです。










d0156040_183972.jpg


続いて  部の図解です。

基本的な構造は同じです。
突起の大きさが違うぐらいですね。









d0156040_18413758.jpg


サブフレーム側の穴サイズがキツキツだったので、
ボディー側ではなくサブフレーム側にはめ込んであります。
このあたりは穴のサイズを確認しながら臨機応変に対応しないとダメなんです。









d0156040_18433336.jpg


サブフレームのセンター部分です。
規定トルクでの本締め後にボルトの頭にもミスリルを!










d0156040_18453241.jpg


リアのスタビはクスコの強化品に交換!
硬さが3段階に変更できるタイプになっています。
もちろんスタビリンクも新品に交換してありますよ。
カマボコゴムはスタビに付属してました。
まあ、スタビの径が太くなりますんで、純正品は使えませんけどね。









d0156040_18473467.jpg


マフラーも付けて作業完了です。
リジカラは効果が体感できるところは良いのですが、
装着してしまうとほとんど見えなくなるのがちょっと寂しいとこですね。(笑

この後アライメント調整に取り掛かります。








d0156040_1850566.jpg


今回交換した純正部品です。
やはりゴム関係は経年変化で劣化しますんで、定期的なメンテが必要です。
日頃見えないところですので、案外ヒドイ状態になってるかもよ?







で、お約束の・・・




d0156040_18522090.jpg


リジカラマンTシャツ!(笑

ロゴバージョンのTシャツもあるみたいですが、
ウチではこっちが3台目ですね。
ウケ狙いにはバッチリですが・・・(笑

「部屋着にするにもちょっと恥ずかしいかな・・・(笑」とオーナーさん。
たしかに家でコレを着てる時に宅急便が来ちゃったら・・・(笑








d0156040_18565094.jpg


最後の仕上げに進化剤施工! って何の仕上げじゃ?(笑
エンジンに2回目の施工となりました。
やはりリジカラと進化剤はリンクしてますね~。

足廻りはリジカラで仕上げて、エンジンは進化剤で!
どちらも当店一押しのオススメパーツですよ!!


お買い上げありがとうございました。
















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-10-28 19:21 | リジカラ | Comments(0)

<< COXボディーダンパー装着!★... リジカラ装着!★ミラ・イース★ >>