リジカラ装着!★レガシィ・アウトバック★

またまたリジカラの装着作業の紹介です。
最近問い合わせもかなり増えてきて、巷でも人気になっているようですね~。
ネットなどで口コミで広がっているんでしょうか?
まあ、車種を問わず効果が体感できるんで当然なのかもしれませんが・・・


本日のクルマは・・・







レガシィ・アウトバック!









d0156040_18512529.jpg


足廻りはもちろんのこと、アルミホイールも純正のノーマル車輛です。
リジカラを装着される方ってけっこうノーマル車輛が多いんですよね~。
乗り心地や直進性が改善されるっていうリジカラの効果からなのかもしれませんね。
最近お気に入りの「大人の乗り味!」を求めているんだと思います。

もちろん車高調などでローダウンしているクルマにも効果がありますよ!
ノーマルより乗り心地が悪化している分、変化の度合いは大きいかも?









d0156040_1913382.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所!
スバルのクルマはエンジンが縦置きなので、
いつものFF車タイプのサブフレーム形状ではありません。
FR車と同じようなエンジンメンバータイプになっているんです。
写真ではボルトがちゃんと写っていませんが・・・

そんな時は・・・










d0156040_1954884.jpg


ハイ!横からビューです!
これなら装着ポイントのボルトがちゃんと確認できますね。











d0156040_1964914.jpg


装着するリジカラは全部で8ピース!
サブフレーム上部にはめる物は4ヶ所とも同じ物になります。
下側用は  部と  部で形状が異なります。

スバル用のリジカラは発売元がプローバになります。
そのため商品名も「クロスメンバーカラー!」
でも、オマケで付いてくるステッカーは「リジカラ」ですけど・・・(笑










d0156040_19133652.jpg


まずは  部の図解です!
サブフレーム上側は両側突起のタイプになっています。
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴に突起がはまる方式ですね。

下側は突起の無いザグリワッシャタイプですね。
これは恐らくサブフレームのシナリを考慮しているんだと思われます。
車種によっては全部に突起を付けちゃうとボルトが入らなくなる場合があるそうなんです。
ボルトが入らなかったら元も子も有りませんからね。









d0156040_1917294.jpg


 部の装着中の写真です!
いつものように上側のリジカラはボディー側に貼りついています。
ココがリジカラ装着作業の重要なポイントなんです。

ボディー側に貼りついているってことは上側の突起がガイド穴にはまった状態なんです。
そしてサブフレームの穴には下側の突起のテーパー部分が掛っています。
このままジャッキを上げていけば自然とセンターが出るようになるんですよね。

実際の作業ではリジカラをサブフレームの穴にはめておいてジャッキを上げていきます。
サブフレームとボディーの間隔がこれぐらいになったところでストップ。
そしてリジカラをボディー側にはめ込むんです。
その時に下側の突起がサブフレームから外れないような間隔にしておく必要があります。
間隔が広すぎると外れちゃうし、狭すぎると作業がしにくいし・・・
ってことでけっこう微妙な調整が必要なんですよね。










d0156040_19294895.jpg


続いて  部の図解です!
こちらは下側のリジカラにも突起が出ていますね。
上側の突起は同じ物です。











d0156040_19314095.jpg


装着中の写真です!
ココも上側のリジカラはボディーに貼りついていますね。











d0156040_19324745.jpg


もちろん今回もミスリルを施工していますよ!
リジカラ装着には欠かせない作業になってきましたね~。
同時施工の場合はお得なオプション価格になります!

トルクレンチで本締め後にボルトの頭にもヌリヌリ。









d0156040_12151612.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
こちらも片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

このクルマはリアもサブフレームのあるタイプになりますので、
ボディーへの固定部分のボルトに装着します。
ここはボルトがちゃんと写ってますね。









d0156040_12191383.jpg


リア用のリジカラは2種類が4個ずつの8ピース!
サブフレーム上側にはまる両側突起のタイプと、
下側用の片側突起のタイプの2種類ですね。








d0156040_162765.jpg


リアの図解です!
 部  部ともに同じ構造ですね。

上側はボディーのガイド穴とサブフレーム上部にあるブッシュストッパーの穴に
突起がはまり込む方式になっています。
このブッシュストッパーっていうのはアウトバックにのみ付いているんですよね。
セダンやワゴンに比べて車高が高いですから、スペーサーのような物かな?









d0156040_1692327.jpg


 部の写真です!
上側のリジカラはサブフレーム側の突起がけっこう小さいので、
サブフレームとボディーの間隔をけっこう狭目にしないといけないんですよね。
写真ではほとんど密着しているように見えますが、微妙に間隔が開いているんです。
この状態でリジカラをボディーのガイド穴にはめないといけません。
狭い間隔での作業なんでけっこう苦労します。

下側のリジカラはサブフレームの穴にはまった状態です。
ここには本来ガセットプレートが共締めされているんですが、
仮留めの時点なんで装着していません。
4ヶ所のリジカラが位置出しできて、本締めの時に装着します。










d0156040_16211693.jpg


続いて  部です!
ここも密着しているように見えますが、微妙に間隔が開いています。
やはりガセットプレートは装着していませんよ。









d0156040_1622509.jpg


ガセットプレートも装着して本締めをしたら、ボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
オマケでガセットプレートにも塗っておきました。




で恒例のキャンペーンTシャツ!








d0156040_17351180.jpg


今回初めてロゴバージョンが来ました!
これなら着て街を歩いても恥ずかしくありませんかね?

でもちょっと寂しい・・・?(笑



今回はお買い上げありがとうございました。















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-11-26 17:54 | リジカラ | Comments(0)

<< 高橋大輔欠場!★GPファイナル... 進化剤施工!★レガシィ・ワゴン... >>