リジカラ装着!★新型レクサスIS300h★進化剤も!!

昨夜のGPファイナル男子シングル。
羽生くんがやりましたね!
前に滑ったPチャンが192点という高得点だったので、かなり心配でしたが、
なんとそれを超える193点をたたき出して優勝でした!

PCS(演技構成点)はちょっと盛り過ぎかな~とは思いましたが・・・
何しろジャンプの転倒もありましたし、スピンでコケそうにもなりましたから。
それでも後半に得点の高いジャンプをまとめてきたんで、
技術点はかなり伸ばしてきましたね。

これでソチ五輪代表はほぼ決まりでしょう。
優勝ってだけでなくSP・フリーともに高得点を獲得しましたからね。
あとは全日本で大輔が復活するのを祈るのみです。

さて、今夜は真央ちゃんのフリーです。
3アクセルを2回キレイに決めてアベック優勝といきましょうか!!





さて本題に入りましょうか。
連日のリジカラ装着作業の紹介です。

クルマは・・・







新型レクサスIS300h!









d0156040_17494633.jpg


今年モデルチェンジしたばっかりの新型車ですね。
リジカラもつい先日にマッチングがとれたばかりのできたてホヤホヤ。
と言ってもフロント用は旧型と共通でしたが・・・

このクルマで

リジカラ装着50台目! となりました!!
パチパチパチ~~~~!!

フロントorリアのみのクルマも1台でカウント。
別々に装着したクルマは両方で1台としてカウントしています。
お買い上げいただいた皆様ありがとうございました。










d0156040_1826964.jpg


まずはフロントの装着ポイントです。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
相変わらず  部のボルトは見えませんが・・・
このクルマの  部はちょっと特殊な形状になっています。
それはまた後ほど・・・

高級車って取付け作業の以前が大変なんですよね~。
下廻りがアンダーカバーでフルに隠されていたりしますし、
ブレースバーみたいなのが付いていたりもします。
それらを外さないとリジカラの装着作業が出来ないんですよ。
このクルマも写真の状態にするまでに、けっこう時間が掛っちゃいました。










d0156040_18484066.jpg


いつもの横からビューです。
 部はスタッドボルトになっていますね。









d0156040_18493112.jpg


フロント用のリジカラは5種類が2個ずつの合計10ピース!
 部がスタッドボルトになっていましたんで、
サブフレーム上側に入るリジカラ1は中割りタイプになっています。
真ん中にスリットが入っているのがわかりますかね~?
スタッドボルトを外さないでも装着出来るようにしてあるんですよね。










d0156040_18531472.jpg


まずは  部の図解です!
上側のリジカラは中割れの両側突起タイプ。
下側は片側突起タイプになっています。









d0156040_18544085.jpg


装着中の写真です。
ココはいつものように上側がボディーに貼りついていません。
スタッドボルトの場合はボルト自体がグラグラしないんですよね。
なのでリジカラの内側がボルトに密着している状態でサブフレームを上げていけば、
自然とボディーのガイド穴にはまり込むようになるんです。
そのためサブフレームの穴に突起をはめておけばOKなんですよね!

ミスリルも施工してあるんですが・・・
アルミの地肌にシルバー塗装なもんで、塗ってるところがわかりにくいです。(笑









d0156040_18591960.jpg


続いては  部の図解です。
ココは他のクルマではお目にかかれない複雑な構造になっています。
サブフレームの固定ボルトでロアアームブラケットも共締めしてあるんですよね。
で、その間にもリジカラがはまるようになっています。
なんと1ヶ所に3個のリジカラを装着するようになっているんです。








d0156040_19354273.jpg


装着中の写真です。
こちらは上側のリジカラがボディーに貼りついた、いつものパターンになってます。
仮留め中なんでガセットプレートは付けていません。
4ヶ所の位置出しが出来て本締めをする時に装着します。

構造が複雑なだけあって位置出しにはけっこう時間が掛りました。
4ヶ所全てを同時にやらないといけませんからね。








d0156040_1942083.jpg


本締めをしたらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
オマケにガセットプレートにも塗ってあります。
こちらは塗ってるところがよくわかりますよね。










d0156040_19473858.jpg


続いてはリア側です!
こちらも片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所!
サブフレームをボディーに固定している部分になりますね。








d0156040_19503246.jpg


リア用のリジカラは3種類で8ピースです!
1種類はワッシャタイプになっています。
このタイプって言うことは・・・








d0156040_19512426.jpg


 部の図解です!
ここはボディーから位置出し用の突起が出ているんですよね。
そのため上側のリジカラはワッシャタイプになるんです。
リジカラで位置出しをする必要がありませんから密着度を上げる役目だけになるんです。
下側は位置出しもするため突起のあるリジカラになっています。








d0156040_1954504.jpg


リアの固定ボルトは根元部分にスプラインが付いているんです。
このままだとリジカラが入らないんで加工をしてやります。
4ヶ所ともスプラインが付いたボルトになっていました。








d0156040_19564763.jpg


装着中の写真です。
ボディーにワッシャタイプのリジカラが貼りついています。
ここもガセットプレートが共締めなんですが、今は付けていません。






d0156040_20113657.jpg


続いて  部の図解です!
上下ともに片側突起の同じリジカラを使うようになっています。
突起がけっこうゴツめだったやつですね。








d0156040_20142420.jpg


上側のリジカラは写真が撮れませんでした。
狭くてカメラが入らなかったんですよね~。
ここも仮留め中はプレートを付けていません。







d0156040_20162017.jpg


ガセットプレートを付けて本締めです。
もちろんボルトの頭とプレートにもミスリルを塗っていますよ!








d0156040_20183941.jpg


最後の仕上げにアライメント調整です。
トーションバータイプと違ってサブフレームに挟み込むタイプは、
フレームの位置が装着前と変わりますので調整が必要になるんですよね。
クルマによってはかなり変わる場合もありますからね。









d0156040_20201036.jpg


そして今回エンジンに進化剤も施工しました!
ハイブリッド車はエンジンが動いている時間が少ないですが、
進化剤の効果はキッチリと出てくれます。
中にはかなり燃費が良くなった事例もありますからね~!






で、このお客さんは・・・




d0156040_202365.jpg


島根県 からのご来店でした。
最近当店でかなり多くなった県外からのご来店パターン。
遠路はるばる来ていただけるなんてありがたいことですね。


この度はお買い上げありがとうございました。



*追記*
ご帰宅されてからメールでインプレッションを送っていただいたのでご紹介します。

路面の状態が少し粗い所を走っている時の微振動が少し減りました。
クルーズコントロール機能を使い高速を巡航している時、
不測の事態に対応できるよう右足をブレーキペダルに添えているのですが、
その時に感じる振動がかなり少なくなった感じがします。
また、助手席にビニールの買物袋を置いていると、
少々の振動でパリパリッと音がするものですが、その頻度が減った気がします。
客観的なインプレでは全くないのですが。。。(笑)

高速での直進安定性は増した感じはします。
ハンドルにそっと手を添える程度で微修正はほとんど不要です。
ハンドルが前より重くなったとは感じませんでした。
直進安定性の向上はリジカラによるものなのか、
アライメント調整を含めての効果かは分かりません。

停車時、エンジン停止→始動のショック低減効果。
これははっきりと分かりました。
走行中のモーター→エンジン始動は今までもあまり分かりませんでしたが、
停車している時、アイドリングストップ状態→エンジン始動時に横揺れのような振動があり、
その都度ビクッとしていたのですが、リジカラ装着後はそれが大幅に低減されました。

段差の突き上げ軽減効果について、劇的に改善とまでは感じませんでしたが、
例えば少し手前に段差があった場合、なんとなくこのぐらいの突き上げがあるだろう、
と無意識に予測していたのが、実際その段差を乗り越えてみると、
「ああ、コレぐらい(の衝撃)で済んだんだ。」っていうような感触は得られています。

後、予想していなかった効果として、発進時が少しスムーズになったことが挙げられます。
スムーズになったというか、青信号に変わった時にアクセル踏んだ感触と
実際の車の動きの一致感が増したと言うか。。。
車と僕とがリジカラで固定された訳ではないのですが(笑)
車との一体感が増したと言うか。。。


このインプレッションにもあるエンジン再始動時の振動にも効果が出るみたいです。
ハイブリッドだけで無く、アイドリングストップ機能の付いたクルマでも
効果が出ているみたいですね。


スプーンさんがIS300hでの検証動画をアップしています。

http://youtu.be/ao6hKt_LUXo

http://youtu.be/pOvBIJN9UMA


比べてみるとけっこう違うもんなんですね~。
















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-12-08 17:01 | リジカラ | Comments(0)

<< リジカラ装着!★ZVW30 プ... リジカラ装着!★ダイハツ エッ... >>