リジカラ装着!★ホンダ CR-Z★COXボディダンパーも!!

今朝もカブトムシちゃんは生きていました。
この寒さですんで、完全に固まっていたんですが・・・(笑
でも指で触ると足を動かしました。
もう、12月も半分終わったっていうのに・・・
何か年明けも有りうるんじゃないかと期待しちゃいますね。



さて本題に入りますか、

当店で人気沸騰中の商品と言えば・・・

リジカラ! 

今月に入ってからで、もう5台目となりました。
本日のクルマは・・・








ホンダ CR-Z!







d0156040_15244297.jpg


CR-Zのリジカラ装着は当店では初になります。
最近車高調を装着したそうです。
ただ、ちょっと車高が低すぎて車庫で摺ってしまうんだとか。
メーカーの推奨範囲内で若干上げる作業も追加でやることになりました。










d0156040_1532025.jpg


フロントの装着ポイントは片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所です。
基本的にはGE系フィットと共通のサブフレームのようですね。

今回は珍しく?  部のボルトが写ってますね。










d0156040_15343579.jpg


でも、恒例の横からビュー!(笑
サブフレームはフィットと共通のようですが、ロアアームはアルミ製になってます!!
このへんはスポーツモデルの拘りなんでしょうか?









d0156040_153721100.jpg


フロント用のリジカラは4種類で10ピース!
やはりホンダ車はスプーンさんにエコ贔屓されてますね。(笑
だってプリウスなんか4ピースなのに・・・
でも、プリウス用に比べると1個1個は小さめなんで総重量は変わらないかも?

サブフレームがフィットと共通ですんで、リジカラも共通の物になってます。









d0156040_1542410.jpg


まずは  部の図解です!
上側のリジカラはサブフレームの穴とボディーのガイド穴にはまる両側突起タイプ。
下側はサブフレーム側にのみ突起のあるタイプですが、
かなり突起が長いタイプになっていますね。
ボルト側にはザグリのある構造になってます。







d0156040_15441878.jpg


装着中の写真です。
いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
この状態っていうのはボディーのガイド穴に突起がはまっている状態なんです。
で、サブフレームの穴にも突起のテーパー部分が掛っています。
この状態からサブフレームをジャッキで上げていけば自然とセンターが出るんですよね。

ただ、上側の突起は両方とも短めでしたんで、
サブフレームの位置をこの写真ぐらい上げた状態で作業するようになります。
そうしないとサブフレームの穴から突起が外れちゃうんですよね。
けっこう狭いんではめるのにちょっと苦労しますが・・・

もちろんミスリルも施工していますよ!
リジカラ装着と同時施工の場合はオトクなオプション価格でやってます!!










d0156040_15564749.jpg


続いて  部の図解です!
上側のリジカラは片側突起のタイプで、突起自体も短めですね。
下側も片側突起ですがここも長めの突起で、ボルト側にはザグリがありますね。











d0156040_15594972.jpg


装着中の写真です!
上側が片側突起でしたので、ボディーのガイド穴にはめておく必要がありません。
そのためサブフレームの穴にはめ込んでいる状態です。
下側は突起が長いんで簡単にはめることが出来ますね。










d0156040_17554756.jpg


 部の図解です!
ここはサブフレームが薄いので上側のみにリジカラがはまります。
 部の上側の物と同じ物を使います。









d0156040_17562963.jpg


ちょっとピンボケ気味の写真になっちゃいましたが・・・
ここもサブフレームの穴にリジカラがはまっています。

6ヶ所の位置出しが出来たら、ジャッキを上げてサブフレームをボディーに密着させます。
トルクレンチで増し締めしたら終了です。
仕上げにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!









d0156040_17595963.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
お馴染みのトーションビームタイプですので、ボディーに固定するボルト2ヶ所ですね。
矢印の部分にかろうじてボルトの頭が写ってます。










d0156040_1822328.jpg


リア用のリジカラは2ピースです。
トーションビーム用は数が少ないんで価格もお安くなっています。
さらに工賃も割安ですし、リアだけの装着ならアライメントも不要です。
とってもリーズナブルなんでお試しにはピッタリ!
最近とりあえずリアだけ付けてみてって人も増えていますよ!!
サブフレームタイプはそうはいかないんですが・・・

ピース数は少ないですが、サイズはけっこうデカイです。
装着部のボディー鉄板の補強も兼ねているので厚みもけっこうあります。
このクルマ用は突起も出ていますね。









d0156040_1881581.jpg


ボディーの穴とボルト径にはこんなに違いがあるんです。
他の車種と比べてもかなり大きなスキマだと思います。
フィットと共通ですので、生産効率を優先しちゃった結果なんでしょうかね?
なにしろフィットは販売台数のトップを争う車種ですもんね。









d0156040_18121383.jpg


リアの図解です!
ボディーの穴とボルトのスキマに先ほどの突起がはまり込んで、
ボルトがセンター位置で固定されるようになります。
結果的にトーションビームが正しい位置で固定されることになるんですよね~。
スキマが大きい車種ほどズレも大きいんで効果的なんです。









d0156040_1817296.jpg


トーションビームにジャッキをあてがって調整し、
リジカラがセンター位置に確実にはまっていることを確認しながらボルトを締めます。

この後タイヤを接地させて1G状態で増し締めします。
もちろんリアにもミスリル施工してありますよ!
増し締めが終わったらボルトの頭にもね!!








今回はリジカラ以外の作業もやりました!
まずは・・・





d0156040_18214520.jpg


COXボディーダンパー! 

先日も1台装着しましたんで、CR-Zでは2台目ですね。
ボディーの変形や振動を吸収することで、ボディー性能を向上させるパーツです。
乗り心地の向上やコーナリングの安定性といった効果があります。

ある意味リジカラと同じような方向性の効果になりますかね。
大人の乗り味を目指すなら、最強のタッグになるかもしれません。








d0156040_1833263.jpg


フロントはサブフレームに装着します!
矢印部分が本体なんですが、ちょっとわかりにくいですかね?
EXパイプが近くにあるんで、ヒートインシュレーターを巻いてあります。
そのためシルバーになっちゃってますが・・・








d0156040_18351824.jpg


このパーツも本締めは1G状態で締め付けます。
リフトアップした状態だとボディーが歪んでいますんで、
その時に締めてもボディーダンパーの効果が台無しになりますからね。








d0156040_18372540.jpg


取付けステーの固定ボルトの1本はリジカラの  部と共締めです。
そのためもう1本のボルトと共にミスリルを塗っておきました。










d0156040_18391764.jpg


リアはバンパーのアンダー部分を外して装着します。
ちょうどバンパーのウラに隠れるようなカンジになりますね。









d0156040_18413855.jpg


当然ここも1G状態で本締めです。








d0156040_1842265.jpg


リア用ステーの固定ボルトにもミスリルを塗っておきました。
フロントとのバランスも取らないといけませんからね。





続いてもう1点のパーツの装着です。








d0156040_18443985.jpg


ノーマル状態のボディー下部です。
フロアトンネルの中をマフラーが通っていて、両側にボックスフレームがあります。
で、けっこうフロアはデコボコしているんですよね。

そこで・・・










d0156040_18472821.jpg


SPOONアンダーパネルキット! 

デコボコだったフロアがフラットになりましたね。
このパーツは恐らく純正品だと思われます。
あきらかに純正クオリティーの製品でしたからね~。
(大量生産じゃなきゃコストが合わないような出来栄えって意味です。)
輸出仕様とかで装備されているクルマがあるんじゃないかな?

高速域での整流にはかなり効果的だと思いますんで、
アウトバーンをブッ飛ばすような国には必需品なのかもね?








d0156040_1961612.jpg


最後の仕上げにアライメント調整です。
フロントはサブフレームが動いちゃってますから、
必然的にアライメントも狂ってしまいますからね。



帰りの道中でさっそく効果が体感いただけたようです。

と、言いますのも・・・







d0156040_1985036.jpg


大阪 からご来店のお客さんだったんです!
リジカラ・進化剤・ミスリル施工では最近珍しくなくなってきた県外からのご来店ですが、
本当にわざわざ遠方から来ていただけるっていうのはありがたいことです。

必然的に高速を使うようになりますので、効果も体感しやすいでしょうね。
お客さんからいただいたインプレッションをご紹介します。

昨日はお忙しい中全部を対応していただきありがとうございました。
いっぺんに取り付けすぎで、激変しすぎで何が効果的だったのかわかりません(笑)
帰りの高速で、倉敷に行くときにはあった車高調入れて発生する段差とかつなぎ目の振動が、
純正のショックを入れていた時のような乗り心地になってました!
長距離を運転するのが楽しくてかつ疲れなくなりました。


スポーツ性の高い車高調を装着されていましたんで、
乗り心地が若干犠牲になっていたのかもしれませんね。
リジカラとボディーダンパーの相乗効果でコンフォート性が向上したんでしょう!
さらにコーナリングの安定性もアップしていますんで、
車高調の持っているスポーツ性能もフルに発揮できるんじゃないかと思います。

ノーマルの足廻りでも、ローダウンしていても関係無く効果が体感できるっていうところが、
リジカラの凄さであり、人気の秘密なんだと思います。


この度はお買い上げありがとうございました。


















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2013-12-15 19:29 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★デミオ★エンジン... 進化剤施工!★三菱アイ★フィッ... >>