リジカラ装着!★ZRR70W ノア★またまた・・・

週末ぐらいに寒波がやってくるそうです。
タイヤ屋さんとしては雪を期待したいところなんですが・・・(笑
きっと晴れの国には降らんのでしょうね。



さて、12月にやったリジカラ装着作業の年越し更新です。

クルマは・・・









ZRR70W ノア!








d0156040_18302430.jpg


最近はノーマル車輛のリジカラ装着が増えてきました。
足廻りが純正でも乗り心地に不満を持っている人も多いんでしょうね。
まあ、リジカラは乗り心地だけでなく直進性とかも良くなりますから、
街乗りファミリー車輛にはバッチリかもしれません。









d0156040_18325855.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所です。
一般的なFFタイプのサブフレーム形状ですね。









d0156040_18344464.jpg


いつもの横からビューです。
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できます。









d0156040_18365038.jpg


フロント用のリジカラは3種類で合計8ピースです!
リジカラ1は中割れタイプになっていますね。
真ん中にスリットが入っているのがわかりますか?
このスリット部分で2分割にします。

その訳はまた後ほど・・・








d0156040_18401861.jpg


まずは  部の図解です!
ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造です。
そのためにサブフレーム上側にはめるリジカラ1が中割れタイプなんですよね。

スタッドボルトを外さなくてもはめられる構造にしてあるんです。
基本的にはスタッドを取り外すことは可能ではあるんですが、
サビとかで固着してしまっている場合を想定してあるんだと思われます。








d0156040_1847499.jpg


装着中の写真です!
いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
この状態でリジカラの突起はサブフレームの穴にも掛かっていますから、
サブフレームをジャッキアップすれば自然と位置が出るんです。
でも・・・
4ヶ所をこの状態にするのに苦労させられるんですけどね。
でも、確実な作業のためにはここで手を抜くわけにはいかないんです!

もちろん今回もミスリル施工もやってます!
リジカラ装着と同時施工の場合はお得なオプション価格ですよ!!










d0156040_18503647.jpg


続いて  部の図解です!
基本的な構造は  部と同じです。
ここはスタッドボルトではありませんので中割れタイプではありませんが・・・










d0156040_18541620.jpg


で、装着中の写真です!
ここはガセットプレートが共締めになっているのですが・・・
いつものように装着中は外したままで作業しています。
4ヶ所の位置出しが決まって本締めの時に装着してやります。









d0156040_1857322.jpg


ガセットプレートを付けて本締め完了!
オマケでミスリルをガセットプレートにも塗ってあります。
これもいつものパターンですね。








d0156040_18582962.jpg


続いてはリアの装着ポイントです。
FF車では毎度お馴染みのトーションビーム式アクスルですので、
ボディーへの固定部分2ヶ所になります。








d0156040_1913757.jpg


こちらもすっかり見慣れたトーションビーム用のリジカラです。
プリウスとかと共通の物になっています。
ごく一般的な突起の出ているタイプの構造ですね。









d0156040_194826.jpg


ボディーの穴とボルト径に差があるので、矢印部分にスキマが出来ています。
生産現場での効率を優先しているためにこういった事が起こるんです。
隙間が大きいほうがボルトを差し込みやすいですからね。
このスキマに先ほどの突起がはまり込むんです。








d0156040_1964096.jpg


リアの図解です!
トーションビームの固定方法は車種によって2通りあります。
このクルマのようにボルト&ナットで締め付けるタイプと、
ナットがボディーに溶接などで固定されているタイプです。

ナット固定のタイプは必然的にボルトの根元にはめるしかありませんが、
ボルト&ナットタイプの場合にはどちらにでもはめることが可能ですよね?
でも、ほとんどの場合がナット側にはめるようになってます。
このあたりもスプーンさんの検証の結果なんでしょうね。










d0156040_19133047.jpg


トーションビームにジャッキを当てて位置を調整しながらボルトを締めます。
突起が確実にスキマにはまっていないといけませんからね。
位置がズレたままで締め込むと、最悪の場合突起がツブれちゃいます。
そうなったら元も子もありませんので・・・

最後にタイヤを接地させて1G状態で本締めをして完了です。
あっ、もちろんアライメント調整もやってますよ!
トーションビームのリアだけなら必要ありませんが、
フロントはサブフレームの位置が動いちゃってますからね~。



で、タイトルにある「またまた」っていうのは・・・









d0156040_1919966.jpg


三原 からのご来店でした!!
県外からわざわざありがとうございます。
リジカラでは最近珍しくなくなったパターンですが・・・(笑



この度はお買い上げありがとうございました。






















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-07 19:37 | リジカラ | Comments(0)

<< リジカラ装着!★AZE156 ... 進化剤施工!★ブレイド★プリウ... >>