リジカラ装着!★K12 マーチ★ミスリル施工も!!

本日もリジカラのネタです!
ここのところかなり台数も増えてきましたね~。
問い合わせもけっこうありますし、やはり人気が沸騰中なんでしょうかね?





本日のクルマは・・・








K12 マーチ!










d0156040_18215829.jpg


足廻りはノーマルの車輛です。
最近ノーマル車輛の装着も増えてきましたね~。
足廻りが純正でも社外品でも効果が期待出来ますから・・・








d0156040_18243345.jpg


フロントの装着ポイントは左右2ヶ所ずつの合計4ヶ所です。
下から見るといつものFF方式のサブフレームに見えるんですが・・・
このクルマのサブフレームはちょっと特殊なんですよね。

リジカラの装着ポイントが車輛後方に片寄っていますよね。
普通ならドラシャ周辺にも装着ポイントがあるんですが・・・
つまりサブフレームをボディーに固定しているのが後方だけなんですよね。

じゃあ、サブフレーム前方はどうなっているのかと言いますと・・・









d0156040_18294732.jpg


こういったステーで固定されているんですよね。(矢印部分)
ただ通常の方式のようにパイプやボックス形状のゴツイ物では無く、
単に吊り下げているような方式なんですよね。
固定強度としてはちょっと弱いんじゃないかと心配になっちゃいますが・・・








d0156040_18324426.jpg


フロント用のリジカラは3種類が2個ずつの合計6ピースです!
1種類はワッシャタイプになっていますね。
このタイプって言うことは・・・









d0156040_18351735.jpg


まずは  部の図解です!
ここはサブフレームから位置出し用の突起が出ている構造です。
そのため上側にはめるリジカラはワッシャタイプになっているんですよね。

ノーマルで突起がでているわけですから、位置出しはOKですからね。
密着度を上げる目的だけにリジカラを使うようになりますから、
ワッシャタイプの物でいいわけなんです。

下側はサブフレームの穴にはまり込むようになりますので、突起の出ているタイプです。







d0156040_18393065.jpg


装着中の写真です。
中央にけっこうゴツイ突起が出ています。
この突起が上のボディーの穴にはまり込むことで位置出しが出来るんです。
固定箇所が少ないんで強度を上げる目的もあるのかもしれませんね。

で、この突起の廻りにワッシャタイプのリジカラがはまってます。
わかりにくいですが、矢印部分にあるのがリジカラです。
サブフレームとボディーに挟まれることで密着度を上げる効果があるんです。









d0156040_18433658.jpg


こちらは下側の写真です。
ガセットプレートも共締めになっています。

今回もミスリル施工をしています。
同時施工の場合はお得なオプション価格でやっていますよ!








d0156040_18463744.jpg


続いては  部の図解です!
ここはサブフレームでは無く、ガセットプレートの固定部分になります。
サブフレームの固定箇所が少ないんで、大きめのガセットプレートで補強してあるようです。
当然ながらプレートは薄いですから、リジカラは上側のみにはまります。










d0156040_1846398.jpg


こちらもリジカラはボディーに貼りついています。
ガセットプレートの固定部周辺にもミスリルを塗っています。









d0156040_18472241.jpg


4ヶ所のボルトを本締めしたら完了です。
先ほど触れたガセットプレートですが・・・
左右が繋がったけっこう大きい物が装着されています。
固定強度を上げるための対策なんでしょうね。









d0156040_18464773.jpg


前側部分の吊り下げステーにもミスリルを塗っておきました。
ここの強度アップも少しは効果に影響するんじゃないかと思いますので!









d0156040_184811.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
普通のトーションビームに見えますが、固定方法がちょっと異なります。
そのためリジカラの装着方法も違うんですよね~。









d0156040_18472883.jpg


通常はボディーに直接トーションビームを固定しているクルマが多いんですが。
このクルマの場合はブラケット方式を採用しています。
トーションビームをブラケットに固定し、そのブラケットをボディーに固定。
なのでリジカラの装着ポイントはブラケットの固定ボルト部分になるんです。
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所ですね。








d0156040_18485474.jpg


リア用のリジカラは2種類が6個ずつの合計12ピース!
通常のトーションビーム用は2ピースですから、
かなりの豪華版になってますよね~。(笑









d0156040_18482188.jpg


両側突起のタイプとザグリワッシャタイプの2種類ですね。
突起はけっこう小さめです。










d0156040_18485414.jpg


リアの図解です!
6ヶ所ともに同じ構造となっております。

上側のリジカラはボディーのガイド穴とブラケットの穴にはまる両側突起タイプです。
ブラケットは鉄板1枚の薄い物なので突起も小さいんですよね。
下側はボルトの密着度を上げる目的のワッシャタイプです。
これによりボルトのトルクがきちんと掛るので締結強度がアップするんです。









d0156040_1850349.jpg


上側のリジカラはボディーに貼りついていますね。
突起がガイド穴にはまっている状態です。
下側の突起が小さいんでブラケットの穴に掛ってはいませんが、
ブラケット自体がけっこう動きますんで、ボルトを締めながらの位置調整が可能なんです。

ブラケットは薄いと言いましたが・・・
鉄板の厚みはそれなりの物を使っていますので強度的には問題ありません。
ボックス形状のサブフレームと比べて薄いって言う意味ですので。








d0156040_18492826.jpg


ボルトを本締めしたら完成です!
ブラケットとボディーにミスリルも塗ってますよ!!

最後にアライメント調整をしてリジカラ作業の終了です。




今回は他の部分にもミスリル施工をしました!

まずは・・・




d0156040_18503911.jpg


リアゲートの開口部です!
ボディー補強関係では1番施工台数の多いポイントですね。
まあ他の方法での補強っていうのが難しい場所でもありますので・・・

開口部自体がかなり広いですから、ここの強度アップは効果的です。
コーナリングのフィーリングが変わったり、キシミ音が減少したりといった効果があります。
車種によって効果の度合いは異なりますが、
私のウィッシュでは静粛性も良くなりましたよ!
ボディー強度が上がったことで外からの音が車内に入りにくくなったんでしょうね。







d0156040_1850929.jpg


つづいてはフロントドア左右です!
マーチは4ドアなんですが、とりあえずフロントのみに施工しました。
4枚全てに施工しちゃうと硬くなりすぎる場合もありますので。
それに「フロントがちょっと弱い気がする。」って言うオーナーさんの希望もありまして・・・

他にもサイドシルとかストラットタワー周辺とか、
ボディー剛性アップに貢献できるポイントがありますので、
様子を見ながら追々に進めていきましょうかね!



この度はお買い上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-27 17:23 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★ライフ★ ミスリ... リジカラ装着!★ZVW30 プ... >>