リジカラ装着です!裁判長!!★新型ムーヴ カスタム★

本日もリジカラのネタです!



クルマは・・・






新型ムーヴ カスタム! です、裁判長!!(笑










d0156040_15185131.jpg


Kカーへのリジカラ装着ってわりと少ないんですよね~。
車体の剛性とかを考えるとけっこう効果は大きいとおもうんですが・・・

そう言えばムーヴじゃありませんが、同じダイハツのタントのCMに出てくる
「ベタ踏み坂」って実在するんですね!
私はてっきりCGだと思ってました。
何でも鳥取~島根県境の橋なんだそうです。

うちのスタッフも通ったことがあるそうなんですが、
「CMは実際よりキツイ坂に見えるように、うまく撮ってる気がするよ。」とのこと。
お客さんの話しだとバイクで通るのはちょっと怖いらしい。
まあ、あの坂の途中で止まっちゃったりしたら、バイクだと怖いでしょうね~。


さて、作業の紹介に戻りまして・・・





d0156040_15283215.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所です。
いつもの見慣れたタイプのサブフレームですね。
相変わらず  部のボルトは見えませんが・・・










d0156040_15305657.jpg


そんな時はお馴染みの横からビューです!
これだと装着ポイントがはっきりと確認できますね。









d0156040_1532318.jpg


フロント用のリジカラは3種類で合計8ピースです!
片側突起の物が2種類で6ピースですが、突起の径が違いますね。
高さはどちらも低めです。
残る2ピースは両側突起になっています。








d0156040_1538916.jpg


まずは  部の図解です!
ここはサブフレームの厚みが薄いんですよね。
そのためにサブフレームの穴に入るのは下側の突起だけになります。
上側のリジカラはボディーのガイド穴用の突起になっています。








d0156040_15402812.jpg


装着中の写真です!
上側のリジカラはボディーに貼りついています。
まあ、ボディー側にしか突起が出ていないんであたりまえなんですが・・・
下側のリジカラは突起がサブフレームの穴にはまった状態です。

今回はミスリルは施工していません。
オーナーさんが純粋にリジカラの効果のみを体感したいってご希望でしたのでね。









d0156040_15433392.jpg


続いては  部の図解です!
ここはサブフレームの固定ボルトがロアアームの固定ボルトを兼ねています。
ボックス型のサブフレームの中にロアアームが差し込まれているような形ですね。

上側のリジカラはサブフレームの穴とボディーのガイド穴にはまる両側突起。
サブフレーム下側にはまるリジカラは片側突起ですね。









d0156040_154826.jpg


装着中の写真です!
ここは上下同時に写真が撮れなかったので、まずは上側から。
リジカラはボディーに貼りついた状態です。
突起が小さかったのでサブフレームとボディーの間隔をこれぐらいにして、
位置出し作業をしないといけないんで、けっこう気を使います。

ツヤ消し黒の円錐状の物がロアアームブッシュになります。









d0156040_15534262.jpg


続いて下側の写真です!
リジカラはサブフレームの穴にはまった状態です。
ここはガセットプレートが付いているんですが、
サブフレームに溶接されていて一体化していました。

ここはロアアームの固定ボルトも兼用になっていますので、
タイヤを接地させて1G状態で本締めしなくてはいけないんです。
リフトアップした状態で締めちゃうと、ブッシュがヨジレてしまうんですよね。










d0156040_15555162.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
お馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着するようになります。











d0156040_15595641.jpg


トーションビーム用ですのでリジカラは2ピースです!
(マーチはトーションビームでも12ピースでしたが・・・)

いつものタイプと違って突起がありませんね。
このタイプって言うことは・・・









d0156040_1613991.jpg


そうです、ボルトとボディーの穴にスキマが無いんです。
まあ、若干はスキマが無いとボルトが入りませんが、
突起で埋めてやるほどの大きさではないってことなんですよね。
「やるな!ダイハツ!!」のパターンですね。(笑










d0156040_1641673.jpg


リアの図解です!
スキマが無いクルマでもリジカラの効果はちゃんと出るんですよ。
その秘密がリジカラの肉厚なんです。

ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる部分はけっこう厚みがあります。
これはボディーの鉄板の補強目的なんですよね。
そうすることでボルトにしっかりとトルクが掛り、締結強度がアップするんです。









d0156040_1683728.jpg


リアの装着写真です。
ここもいつものようにタイヤを接地させて1G状態で本締めします。
理由はフロントと同じくブッシュのヨジレを出さないためなんですよね。

この後アライメント調整をして作業終了となります。





で、このお客さんは、最近増えたパターンの・・・







d0156040_16105134.jpg


東広島市 からのご来店でした!
マジでリジカラ装着作業は県外の方が多いですね~。
わざわざ遠方からありがとうございます。



この度はお買い上げありがとうございました。


















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-01-30 09:36 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★ベンツC180★... 進化剤施工!★ライフ★ ミスリ... >>