リジカラ装着!★ステップワゴン★もちろんミスリルも!

今日も朝から雪になってますね~。
県南で2週続けて積るのはけっこう珍しいです。
でも先週に比べると量は少なめですね。
それでも道路はけっこう渋滞していて時間が掛りましたが・・・


早朝にはフィギュア男子シングルのSPが行われました!
私は半分寝ながらLIVE観戦。(笑

羽生くんは圧巻の滑りでついに100点越えの歴代最高得点更新!
滑り終わった決めポーズの時の表情は、
「私、失敗しないので!!」って言ってるように見えました。(笑

大輔は冒頭の4回転が両足着氷になりダウングレード判定?
それでも3位のハビちゃんマンに僅差の4位に着けています。
町田くんも順位は11位ながら3位との点差はさほどありません。
二人ともフリーの出来次第によってはメダルの可能性もありますね。

Pチャンは苦手の3アクセルでミスがあったものの、他をまとめて97点台。
こりゃあ金メダル争いは羽生くんとの二人に絞られましたかね~?
まあ、大崩れがなければどちらかが獲るでしょう。

残念と言うか寂しいと言うかなのが・・・
ロシアの皇帝プル様!
団体戦ではさすがの滑りを披露しましたが、個人戦は腰を痛めて棄権しました。
SP後のインタビューでは引退も表明したそうです。
もう一度皇帝の滑りを見てみたかったので残念でなりません。
長い間お疲れ様でした。

さあ、明日の早朝いよいよ結果が出ます。
日本人3選手には悔いの無い滑りをしてもらいたいですね。
そうすればおのずと結果は着いてくると思います。




さて、今日もリジカラのネタです。
相変わらず人気は衰えていませんね~。

本日のクルマは・・・








RK1 ステップワゴン!











d0156040_9372437.jpg


リジカラを扱いはじめた当初は足廻りを換えてるクルマへの装着が多かったんです。
「車高は低いままで乗り心地を良くしたい!」ってことだったんですよね。
ところが最近はノーマル車輛の比率がかなり高くなってきました。
ノーマルの足廻りでも乗り心地に不満を持ってる方が多いってことなんだと思います。

リジカラ装着で乗り心地の改善だけではなく、直進性の向上や、
コーナリングのフィーリングUPにも影響してきますので、効果は大きいんですよね。
純正の足廻りの性能をフルに引き出すといったところでしょうか・・・










d0156040_9373894.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

いつものFFタイプのサブフレームとは形状が違っています。
四角形のかなり大がかりな形状になっています。
お馴染みのタイプはKカー~5ナンバークラスぐらいまでに多く採用されています。
それ以上の大きいクラスになるとこういったタイプが多くなってきます。
まあ、見るからにこちらのほうが強度が高そうですもんね~。
でもコストが掛るんで・・・ ってことなんでしょうね。









d0156040_93755100.jpg


フロント用のリジカラは4種類が2個ずつの合計8ピース!
ホンダ車のわりにはエコ贔屓されておらず、ピース数は普通ですね。(笑
でも突起なんかは他メーカー車用に比べてちょっと長め?
価格もお安めですし、やっぱりエコ贔屓されてるようです。











d0156040_9381198.jpg


まずは  部の図解です!
サブフレーム上側のリジカラは両側突起のタイプになっています。
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にはまり込むようになります。
下側のリジカラはサブフレーム穴側だけの片側突起ですね。








d0156040_938308.jpg


装着中の写真です。
上側のリジカラはいつものようにボディーに貼りついています。
この状態っていうのは上側の突起がボディーのガイド穴にはまっており、
下側の突起がサブフレームの穴に掛かっている状態なんです。
このままサブフレームを上げていくと突起のテーパーに沿うように上がりますので、
自然と穴のセンターが位置出し出来るんですよね。

とは言え、4ヶ所ともにこの状態にするのにけっこう時間を取られます。
サブフレームの位置を動かして調整しながら慎重に作業をする必要があるんですよね。
それでもホンダ車用は突起が長めの物が多いので比較的ラクですかね。

今までの経験上、プリウスが一番苦労させられます。
たった4ピースしかないのになかなかうまく位置が決まらないんですよね~。
まあ、苦労が大きいってことはそれだけ効果の大きさに繋がるのかもしれませんが・・・

下側には本来ガセットプレートが共締めされているんですが、今は外したままにしています。
位置出し作業の邪魔になっちゃうんですよね。


もちろん今回もミスリルを同時施工しています。
装着ポイント周辺に施工することで、ボディーやサブフレームの強度が上がりますので、
リジカラの効果をさらに増大させてくれるんです。
同時施工の場合はお得なオプション価格で施工していますよ!









d0156040_9384642.jpg


続いては  部の図解です!
基本的には  部と同じ構造になっていますね。
突起の長さが若干違うぐらいでしょうか・・・










d0156040_9393632.jpg


で、装着中の写真です!
ここも上側のリジカラはボディーに貼りついています。

4ヶ所ともにこの状態になったらサブフレームを支えているジャッキを上げます。
ボディーと密着したら一旦ボルトを抜いてガセットプレートを装着します。
そして固定ボルトをトルクレンチで本締めしたら完了です!










d0156040_9395817.jpg


本締めが出来たらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
これでボルト自体の強度も上がりますからね。
前後の装着ポイントに付いているガセットプレートにも忘れずにね。









d0156040_1014816.jpg


このクルマはサブフレームの中間部分に、
ボディーから吊るすような形のステーが付いていました。
ここにもオマケでミスリルを!









d0156040_1014997.jpg


続いてはリア側の装着ポイントです!
FF車に多く採用されているトーションビームアクスルです。
ただしボディーへの固定方法がいつものパターンとは異なっています。
通常はボディーにアクスルを直接固定しているクルマが多いのですが・・・









d0156040_10143956.jpg


このクルマの場合はボディーにブラケットが固定されています。
で、アクスルはそのブラケットに固定される構造になっているんです。
先日装着したマーチと同じような方法ですね。

そのためリジカラの装着ポイントはブラケットをボディーに固定している部分になります。
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所ですね。








d0156040_10144238.jpg


リア用のリジカラは4種類で合計12ピース!
 部と  部で組合せる物が違っています。








d0156040_1015933.jpg


まずは A 部の図解です!
上側のリジカラはブラケットの穴にはまるのみの片側突起になっています。
下側は突起の無いザグリワッシャタイプですね。
この方式が6ヶ所のうち4ヶ所になります。










d0156040_10151513.jpg


装着中の写真です。
上側のリジカラは片側突起でしたんで、ブラケットの穴にはまった状態です。
ボディーに貼りつけておく必要はありませんからね。











d0156040_10154289.jpg


続いて  部の図解です!
こちらは上側のリジカラが両側突起になっています。
ボディーのガイド穴とブラケットの穴の両方にはまり込みます。

ここは  部よりもボルト径も太いんですよね。
ブラケットを固定している3本のボルトのうちでメインなんでしょうね。
そのためリジカラの構造もより締結強度を高める方式になっているんだと思われます。










d0156040_10154590.jpg


ここは両側突起でしたんで、上側のリジカラはボディーに貼りついています。
フロントと同じようにブラケットの穴にも下側の突起が掛った状態です。
これでブラケットを上げれば位置出しが出来るんです。










d0156040_10164127.jpg


本締めをしたらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
もちろんブラケットやボディーにも施工してありますよ!


まだまだリジカラ人気は続いています。
メールや電話でのお問い合わせも相変わらず多いですね。
多くの方々に認知され始めたってことなのかもしれません。
もう一部のマニア向けアイテムではなくなりましたね~!



この度はお買い上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-02-14 12:21 | リジカラ | Comments(0)

<< 3連メーター装着!★マツダスピ... ダッシュボード ベタベタ病修理... >>