リジカラ装着!★ZC32S スイフトスポーツ★

今週は予告通りのリジカラウィークになってます。
なのでブログネタもリジカラの連チャンと言うことに・・・(笑





本日のクルマは・・・








ZC32S スイフトスポーツ!








d0156040_1849239.jpg


新型のスイフトスポーツへのリジカラ装着は初ですね。










d0156040_18492144.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所です!
お馴染みのFFタイプのサブフレーム形状です。
細かい部分に違いはありますが、基本的には各メーカーともに同じような構造です。
外車も似たような構造になってますので、世界的なスタンダードなんでしょうね。

排気量の大きいクルマになってくると構造は違ってきますが・・・








d0156040_1853152.jpg


いつもの横からビューです。
この角度から見ると装着ポイントがはっきりと確認できます。










d0156040_18541545.jpg


フロント用のリジカラは3種類で合計8ピース!
両側突起のUFOタイプとザグリワッシャタイプが4個ずつになってますね。

UFOタイプのサブフレーム側の突起は2種類ありますね。
径が大きくて長さが短い物と、径が小さくて長い物になっています。
サブフレームの穴径が違うので突起のサイズも変えてあるんですよね。









d0156040_18585892.jpg


まずは  部の図解です!
サブフレーム上側のリジカラは突起が太くて短いほうを使います。
下側はザグリワッシャタイプの物ですね。









d0156040_191858.jpg


装着中の写真です!
いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
この状態ってことは上側の突起がボディーのガイド穴にはまっているんです。
で、下側の突起はサブフレームの穴に掛った状態ですので、
このままサブフレームを上げていけば
突起のテーパーに沿って自然と位置出しが出来るんです。

ただここは下側の突起が短かったので、合わせるのに気を使いました。
突起が外れないようにするにはかなり上げた状態での作業になってしまいますので、
手が入りにくいもんですから・・・
スペースが狭いと確認もやりづらくなりますからね~。
ちゃんとはまっているかのチェックはすごく重要なポイントですので!











d0156040_1973250.jpg


続いては  部の図解です!
こちらは径が細くて長い突起のほうのリジカラになってます。
下側は共通のザグリワッシャタイプですね。









d0156040_19101157.jpg


こちらも上側のリジカラはボディーに貼りついています。
突起が長めだったので作業はやりやすいかと思いきや・・・
サブフレーム形状とかのおかげで、手が入りにくかったです。(笑

ここの固定ボルトは特殊な形状をしていますね~。
ボルトの頭からさらにボルトが出ています。
なんでこんな形状なのかと言いますと・・・










d0156040_19125694.jpg


ガセットプレートが共締めでは無く、そのボルトで固定するようになっているんです。
つまりサブフレーム固定ボルトの頭からガセットプレート固定用の
スタッドボルトが出ているような構造になっているんですよね。
で、ガセットプレートをナットで固定ってわけです。(矢印部分)
他は普通通りボルトですけどね。

この方法だとリジカラの装着には向いていますね。
共締めでは無いんで、位置決めしてからボルトを抜く必要がありませんからね。


今回もミスリルを施工していますよ!
もちろんいつものようにガセットプレートにもオマケでヌリヌリ。
リジカラ装着と同時施工の場合はお得なオプション価格でやっています!
サブフレームやボディーの強度が上がり、リジカラ効果が増大します!!










d0156040_19204565.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
お馴染みのトーションビーム式アクスルですので、
ボディーへの固定部分の2ヶ所ですね。












d0156040_19215173.jpg


黄色い矢印の部分がボディーの穴とボルトとの間のスキマになります。
けっこう大きなスキマがありますね~。

緑色の矢印部分の円はボルトのフランジ部分が接触していた痕になります。
ボディーの穴の円からだいぶズレていたことがわかります。
つまりトーションビームのブッシュがこれだけズレて固定されていたってことです。
スキマが大きいんでズレも大きかったんでしょうかね~?










d0156040_19264080.jpg


リア用のリジカラです。
サイズもけっこうデカイ物になっています。
ノーマルでズレが大きかったんでその対策でもあるんでしょうかね?











d0156040_1930425.jpg


リアの図解です!
リジカラの突起が先ほどのスキマにはまり込むことで、ボルトのセンターが出ます。
それによりブッシュが正しい位置で固定されるので、アクスルの動きが良くなるんです。

ボルトのフランジとボディーに挟み込まれる部分のリジカラは、
けっこう肉厚のある物になっているんです。
ここの部分がボディーに密着することで補強板の役目も兼ねているんです。
そうすることでボルトにしっかりとトルクが掛って締結強度がアップするんですよね。









d0156040_19345957.jpg


このタイプはリフトアップして状態でボルトを締めてはいけないんです。
タイヤを接地させて1G状態で本締めしてやります。
そうしないとブッシュに変なヨジレが出てしまうんですよね~。
このあたりもリジカラ装着の重要なポイントになります!





で、このお客さんは・・・
(もう、予想できましたか?(笑)




d0156040_19383383.jpg


福山 からのご来店でした!
本当にリジカラは県外からの方が増えてきましたね~。
遠くからわざわざ来ていただけるのはありがたいことですね。


この度はお買い上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-03-06 19:44 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★S15 シルビア... リジカラ装着! またまた★ZV... >>