リジカラ装着!またまたまた★ZVW30 プリウス G’s★

はい、今週はリジカラウィークなんです。
営業日3日連チャンで装着作業がありました。
ラストを飾るのは、またまた・・・









ZVW30 プリウス G’s!



一応言っておきますが、
当店はプリウス専門店ではありません!(笑

しかしながらこれでプリウスはリアのみのクルマを含めると
新旧合わせて10台目のリジカラ装着となりました。








d0156040_18152940.jpg


G’sも3台目となりました。
エアロも付いていてカッコイイですね~。
純正でこのルックスっていうのはある意味反則ですよね。(笑










d0156040_18201921.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所です!
もうすっかりお馴染みとなった光景ですね。










d0156040_18215087.jpg


こちらもお馴染みの横からビューです。
下からの写真だと  部のボルトがはっきり写らないことが多いんです。
ドラシャやらタイロッドに邪魔されちゃうんですよね。
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できますね。










d0156040_1824295.jpg


フロント用のリジカラは4ピース!
ホンダ車じゃ無いんで逆エコ贔屓されてます。(笑
発売元のスプーンさんは元々ホンダ車専門のパーツメーカーさんですからね。
今でもリジカラ以外はホンダ車オンリーです。

そのかわりプリウス用は1個1個がかなりゴツイです!
まあ、それだけサブフレームの穴が大きいってことでもありますが・・・









d0156040_19192411.jpg


フロントの図解です!
4ヶ所ともに同じ構造になっています。
サブフレームの上側のみにリジカラがはまります。

両側突起のUFOタイプですので、ボディーのガイド穴と
サブフレームの穴に突起がはまるようになります。









d0156040_19215442.jpg


 部の装着中の写真です!
いつものようにリジカラはボディーに貼りついています。
この状態っていうのは上側の突起がボディーのガイド穴にはまっている状態です。
サブフレームの穴には下側の突起が掛っているので、
このままサブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って自然と位置が出るんです。

と、言うのは簡単なんですが4ヶ所ともこの状態にするのがけっこう大変。
プリウスのサブフレームはシナリが多いらしく、中々はまってくれません。
特にここの左右を同時にはめるのが難しいんです。
片側がはまると反対側はボルトが入らないとか・・・

まあ、個体差もあるんで一概には言えないんですけどね。
でも苦労させられる率は他のクルマよりも高いと思います。
これだけ同じクルマをやってると普通は作業時間が早くなってくるもんなんですが、
こればっかりはそんなに甘くはないようでして・・・(笑


今回もミスリル施工をしています。
リジカラ装着と同時施工の場合にはお得なオプション価格でやってます。
装着ポイント周辺のボディーやサブフレームに塗ることで、
強度が上がりますのでリジカラ効果が増大するんです。









d0156040_19311853.jpg


続いて  部の写真です!
こちらもリジカラはボディーに貼りついています。
 部に比べるとはまりやすいのですが・・・

先日紹介したボディー側のバリが出ている確率が高いんです。
そのため予め確認してのリューター加工が必要な場合が多いですね。
突起が確実にはまるようにしてやらないと効果が半減しちゃいますからね!











d0156040_19353454.jpg


4ヶ所の位置出しが出来たらサブフレームをジャッキで上げて本締めです。
一旦ボルトを抜いてガセットプレートも共締めします。
本締めが終わったらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
いつものようにガセットプレートにもオマケで施工していますよ!









d0156040_1941237.jpg


お次はリアの装着ポイントです!
こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーへの固定部分2箇所が装着ポイントになります。










d0156040_1942585.jpg


ボディーの穴とボルトの間にスキマがあります。
工場での生産効率を優先させるとどうしても仕方がない部分になるんです。
特にこのクルマは生産台数がハンパないですからね~。













d0156040_1944770.jpg


リア用のリジカラです!
もう見飽きちゃったって声が聞こえてきそうですが・・・(笑

この突起が先ほどのスキマにはまりこむんです。










d0156040_19463128.jpg


リアの図解です!
こちらも見飽きちゃった?(笑
プリウスだけじゃなく、いろんなクルマで同じ図を使ってますもんね~。
まあ、構造が同じなんでしょうがないんですが・・・

リジカラの突起がスキマにはまり込むことでボルトのセンターが出ます。
そうすることでブッシュが正しく固定されアクスルの動きが良くなるんです。
ボルトのフランジとボディーに挟み込まれる部分は肉厚がありますので、
補強の役目も兼ねており締結強度もアップします。









d0156040_2072343.jpg


タイヤを接地させて1G状態でボルトを本締めします。
そうしないとブッシュにヨジレが出てしまい、せっかくリジカラで正しい位置になったのに
効果が100%発揮できなくなっちゃいますからね。
本締めしたらこちらもボルトの頭にミスリルをヌリヌリ。




で、このお客さんは最近激増パターンの・・・




d0156040_2010780.jpg


兵庫県 からのご来店でした!
リジカラ装着は本当に県外の方が多くなっています。
わざわざ遠方からご来店いただけるのはありがたいことですね。



この度はお買い上げありがとうございました。
















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-03-08 09:09 | リジカラ | Comments(0)

<< ありがとう浅田真央! 史上最高... 進化剤施工!★S15 シルビア... >>