リジカラ装着!★AZR60 ノア★

昨日・今日と春を通り越したような暖かさですね~。
おかげで桜の開花も一気に進むんでしょうか?
私の通勤路の桜並木も今朝から咲き始めていましたよ!
来週末あたりが満開でしょうかね~?



写真の編集に時間が掛るって言いワケで放置しっぱなしってわけにもいかないんで、
そろそろリジカラのネタもアップしていかないと・・・(笑

ってことで本日のクルマは・・・







AZR60 ノア!









d0156040_1203126.jpg


ミニバンへのリジカラ装着はこれで何台目ですかね~?
最近はプリウスが圧倒的な台数になっていますが、
他の車種の問い合わせも多くなってきていますんで、人気は高まっているんでしょうね。









d0156040_123563.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所!
いつものFFタイプのサブフレーム形状ですね。
珍しく4ヶ所とも写真にボルトが写ってますが・・・









d0156040_1252681.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できます。








d0156040_1262799.jpg


フロント用のリジカラは3種類で合計8ピース!
1種類は中割れの2分割タイプになっていますね。
リジカラ1にスリットが入っているのがわかりますかね?
このタイプを使うってことは・・・








d0156040_1285310.jpg


そうなんですボディーからスタッドボルトが出ているタイプなんです。
これは  部の図解になります。
スタッドボルトを外さないでもリジカラがはめられるように、
2分割タイプにしてあるんですよね~。










d0156040_12112350.jpg


装着中の写真です。
いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついていますね。
今回もミスリル施工をしていますよ!
リジカラ装着と同時施工の場合はお得なオプション価格でやってます。

今回ここで思わぬアクシデントが・・・







d0156040_12142050.jpg


スタッドボルトの太さが左右で違っていたんです!
L側が普通の太さでR側が太くなっているのがわかりますかね?
こうすることでサブフレームの位置をボルトのセンターに合わせることが出来るんで、
リジカラと同じような効果を狙ったトヨタさんの工夫なんですよね。
まあ、リジカラは位置出しだけで効果が出ているわけではありませんけどね。

じつはトヨタ車ではこのパターンはちょくちょくあるんです。
なので思わぬアクシデントってほど大げさなものじゃ無くって、
ある程度想定内の事なんですけどね。(笑
最初に遭遇したのは私のウィッシュだったりします。

リジカラの内径は細いほうのボルトに合わせてありますので、
太いほうのボルトにははまらないんですよね。
そこでリジカラの内径に合わせてボルトを加工してやりました。
これに気付かないといつまでもはまってくれませんから注意が必要です。

スプーンさんの説明書にも書いてありませんでしたので、
このクルマ全車共通のボルトでは無いのかもしれませんね。
「トヨタ車は同型式でも年式等で微妙に寸法が変わっていたりする。」
って情報も過去にありましたんで・・・









d0156040_12264627.jpg


続いて  部の図解です!
ここは普通のボルトですので、一般的な構造ですね。








d0156040_12283867.jpg


装着中の写真です!
こちらも上側のリジカラはボディーに貼りついています。
下側は片側突起のタイプですのでサブフレームにのみはまります。









d0156040_12304436.jpg


ガセットプレートも共締めして装着完了です。
ラストにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
もちろんいつものようにガセットプレートにも塗ってますよ!








d0156040_12323951.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
お馴染みのトーションビーム式アクスルですので、
ボディーへの固定部分の2ヶ所になります。









d0156040_12342461.jpg


このクルマは固定方法がボルト&ナットのタイプです。
ボディーの穴とボルトの径にスキマがあるのがわかりますか?
矢印の部分です。











d0156040_1236035.jpg


リア用のリジカラは2ピースです。
こちらもすっかりお馴染みとなった形状ですね。
中央の突起部分が先ほどのスキマにはまり込むようになります。







d0156040_12374353.jpg


リアの図解です!
リジカラはナット側に装着するようになっています。
どちらでも装着は可能なんですけど、スプーンさんの検証の結果なんでしょうね。

ナットがボディーに固定されているタイプはボルト側にしか装着できませんけど・・・








d0156040_12421067.jpg


トルクレンチで本締めしたら作業完了です!

ここはブッシュを固定している部分になりますので、
リフトアップしたままの状態で本締めしてはいけないんです。
タイヤを接地させて1G状態にしてから本締めします。
そうしないとブッシュに変なヨジレが掛ってしまい、
せっかくのリジカラが台無しになっちゃうこともあるんですよね~。








d0156040_12453634.jpg


ボルト側には補強のプレートが共締めされていましたんで、
これにもオマケでミスリルを塗っておきました。







で、このお客さんは・・・
(ハイ、予想できましたね!(笑)





d0156040_12475970.jpg


福山 からご来店の方でした!
県外からわざわざ来ていただけるのはありがたいことですね。

この度はお買い上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-03-29 14:43 | リジカラ | Comments(0)

<< 祝!3度目の世界女王!!★真央... 進化剤施工!★ZC32Sスイフ... >>