リジカラ装着!★ZC32S スイフトスポーツ★ミスリル&他にもイロイロ!!

先週の春を通り越したような陽気から一転、
ここ2・3日はけっこう寒いですよね~。
しかも週末に雨ですからお花見を予定していた人はガッカリですね。

月が変わって駆け込み需要のバタバタが無くなったはずなのに、
何故か今週もバタバタしちゃってます・・・(笑



と、グチばっかり言っててもしょうがないんで、
溜まってるネタを紹介していかないとね!

で本日はリジカラネタです。
他にもミスリル施工やらイロイロやりましたんで、まとめてご紹介!!







ZC32S スイフトスポーツ!







d0156040_1740827.jpg


先日進化剤のフル施工をしたクルマですね。
ZC32Sのリジカラ装着は2台目となりました。







d0156040_17422920.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所!
お馴染みのFFタイプのサブフレーム形状ですね。







d0156040_17425157.jpg


いつもの横からビューです!
装着ポイントのボルトが確認できますね。
 部はガセットプレートが共締めになっていますが、固定方法がちょっと特殊です。









d0156040_1746244.jpg


フロント用のリジカラは3種類で合計8ピース!
両側突起の物が4ピースとザグリワッシャタイプが4ピースです。
サブフレーム側の突起は大きさが異なっています。







d0156040_17473435.jpg


まずは  部の図解です!
サブフレーム上側のリジカラは突起が太くて短いほうのヤツですね。
下側はザグリワッシャタイプになっています。








d0156040_17492163.jpg


装着中の写真です!
いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
サブフレーム側の突起が短いってことは・・・
それだけサブフレームを上げておかないといけないんで、
作業スペースが狭くなるんでけっこうやりにくいです。

今回はミスリルも施工しています。
装着ポイント周辺に塗ることで、サブフレームやボディーの強度が上がり、
リジカラ効果をさらに増大させる働きがあるんですよね。
装着作業と同時施工の場合にはお得なオプション価格でやってます。







d0156040_17515516.jpg


続いて  部の図解です!
こちらは細くて長めだったほうの突起のヤツを上側に使います。
下側は同じようにザグリワッシャタイプですね。









d0156040_17535145.jpg


装着中の写真です!
こちらも上側のリジカラはボディーに貼りついてますね。

ここのボルトはちょっと特殊な形状をしています。
ボルトの頭からスタッドボルトが出ているんですよね~。
このスタッドボルトはガセットプレート固定用の物なんです。
なのでボルトを増し締めした後でもラクラク装着できちゃうんですよね。
リジカラ装着作業にとってはラッキーな構造ですね。









d0156040_181073.jpg


本締めしたらいつものようにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
もちろんガセットプレートにも塗ってますよ~!!







d0156040_1841327.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
お馴染みのトーションビーム式アクスルですので、
ボディーへの固定ポイント2ヶ所への装着になります。








d0156040_1844954.jpg


以前に装着したZC32Sもそうだったんですが、
この車種はノーマルの状態だとズレがけっこう大きいんですよね~。

黄色の矢印がボディーの穴とボルトのスキマになります。
で、緑の矢印部分の円はボルトが固定されていた痕跡なんです。
ボディーの穴とは偏芯しているのがわかりますかね?
これだけズレて固定されていたってことになります。









d0156040_1884930.jpg


リア用のリジカラです。
センター部分の突起が先ほどのスキマにはまり込んで、
ボルトのセンターを出す働きをしてくれます。







d0156040_1812884.jpg


リアの図解です!
このタイプは突起でセンターを出す効果だけでは無いんです。
フロント用とかに比べると本体の肉厚が厚くなっています。
これがボディーとボルトのフランジに挟まれて密着することにより、
ボディーの補強板の働きも兼ねているんです。
強度が上がることでボルトにしっかりと締め付けトルクが掛るんですよね。







d0156040_18162845.jpg


本締めをしたらボルトの頭にもミスリルを!

ここはブッシュを固定する部分になりますので、
リフトアップしたままの状態で本締めをしてはいけないんです。
タイヤを接地させて1G状態で締め付けます。
そうしないとブッシュに変なヨジレがでちゃいますんで、
せっかくのリジカラ効果も台無しになっちゃいますからね~。





続いてはミスリル施工です!

まずは・・・








d0156040_18223152.jpg


リアゲート開口部!
ボディー関係では一番施工台数が多いポイントです。
まあ、それだけ効果が大きいってことなんですが・・・

オーナーさんは以前のクルマでも施工していましたんで、
効果のほどは体感済みなんです。
なのでこのクルマでも迷うことなく施工を決断ってわけです。








d0156040_182524.jpg


ドア開口部も4枚ともに!
こちらも以前のクルマで体感済みなんで躊躇なく!!







d0156040_1826549.jpg


リジカラ装着後にアライメント調整をしますんで、
アールズのキャンバーロックキットを装着しました。
ハードな走行でキャンバーがズレてしまうのを防いでくれるパーツです。







d0156040_18294163.jpg


お次はブレーキパット!
TMスクエアのストリート用パットです。
お値段もリーズナブルな設定になっているんですよ!!







d0156040_18305013.jpg


クルマがド新車なんでキャリパーとかもキレイですね。
ゴールドのパットが目を惹きます。








d0156040_18333066.jpg


続いてはリアのハブ廻りをバラシています。
さて、何を装着するのかと言いますと・・・








d0156040_1834687.jpg


こちらもアールズのキャンバーシムキットです!

トーションビーム式アクスルの場合はキャンバーもトーも固定式で、
調整することが出来ないんですよね。
そこでハブをトーションビームに固定している部分に、
ナナメになったシムを入れてキャンバーを付けるキットなんですよね。

赤く色づけしている部分がトーションビーム側の固定位置です。
こことハブの間に上下で厚みの違うナナメのシムを挟み込みます。
するとキャンバー角が1度~2度ぐらいマイナス方向に変化するんですよね。
写真の赤色付け部分が垂直ですので、
ハブの角度がネガキャンになってるのがわかりますかね。

で、このままだとボルトがナナメに締まるようになりますので、
ウラ側に反対方向のナナメのシムを入れています。
こうすることでボルトの角度がハブに対して垂直になりますんでね。








d0156040_18442645.jpg


実際の装着中の写真です。
キャンバーシムの全体像がわかりますかね?



今回は一遍にイロイロやったのでどれがどの効果なのかわからないかも?(笑
まあ、ほとんどのパーツが以前のクルマで体感済みなんで、
一つ一つわからなくても問題ないのかもしれません。
効果が出ることは間違いないですからね!


この度はお買い上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-04-05 18:53 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★ZVW30プリウ... 進化剤施工!★FD2シビックT... >>