リジカラ装着!★VW ポロ★

まだ紹介出来ていない3月分のネタが盛りだくさん!(笑
サボってるわけじゃないんですが・・・
さっさとアップしていかないと今月に入ってからのネタが
溜まりはじめてきちゃいました。(汗


と、言うことで3月分のリジカラネタのラストです!



クルマは・・・






VW ポロ!








d0156040_9245185.jpg


最近は輸入車へのリジカラ装着作業も増えてきましたね~。
まあ、プリウスに比べればカワイイもんですが・・・(笑








d0156040_926162.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所!
お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
この方式は万国共通のスタンダードになっているんでしょうね。

じつは以前に装着したアウディA1と、
プラットフォームは共通のようなんですよね。
まあ、VWとアウディとで味付けは変えてあるみたいですが・・・








d0156040_9252651.jpg


いつもの横からビューです!
装着ポイントがはっきりと確認できますね。








d0156040_9263284.jpg


フロント用のリジカラは3種類で合計8ピース!
両側突起のタイプが4ピースと、片側突起が4ピースの構成です。

プラットフォームが共通ですから、リジカラもアウディA1と共通になってます。







d0156040_9255637.jpg


 部の図解です!
サブフレーム上側が両側突起のタイプで、下側は片側突起です。
下側は突起の長い方のヤツですね。







d0156040_927114.jpg


装着中の写真です!
いつものように上側のリジカラはボディーに貼りついています。
この状態っていうのは上側の突起がボディーのガイド穴にはまった状態です。
で、下側の突起がサブフレームの穴に掛かっていますので、
このままサブフレームを上げていけば自然とボルトのセンターに位置出しが出来るんです。

って、4ヶ所ともをこの状態にするのが時間が掛るんですよね~。
中々ウマイこと上下の突起がはまってくれないんですよ。
ちゃんとはまっていない状態で締めちゃうと、
突起がツブレてしまう場合がありますんで注意の必要なポイントなんです。

今回もミスリル施工をしています。
リジカラ装着と同時施工の場合はお得なオプション価格です!
装着部周辺の強度が上がりますので、
リジカラ効果をさらに増大させてくれる働きがありますよ!!









d0156040_9262320.jpg


続いて  部の図解です!
上側のリジカラはA部と共通の物です。
下側は片側突起の短い方の物になります。



今回ここで今までに無いパターンのトラブルが・・・






d0156040_9272944.jpg


サブフレームの穴にバリが出ていてリジカラがはまらない!

サブフレームっていうのは鉄板のプレス品を溶接した物なんですが、
固定部分には上下の鉄板の間にカラーが溶接されているんです。
このカラーが入っていないと、上下の鉄板の間は空間になってしまいますので、
ボルトを締め付けた時にツブレて変形しちゃうんですよね。
それを防止するために入れられている物なんです。

今回このカラーと鉄板の穴位置がズレていました。
そのため上側の鉄板のズレた部分がバリになっちゃったんですよね。
ボディー側はこのズレパターンが車種を問わずけっこうありますが、
サブフレームではわりと珍しいですね~。
たぶんウチでは初?・・・でもないか?? 以前にもあったかも???

もちろん加工を施してリジカラがはまるように仕上げましたよ!!








d0156040_9265254.jpg


装着中の写真です!
こちらも上側のリジカラはボディーに貼りついています。

ここはガセットプレートが共締めなんですが、今は装着していません。
4ヶ所の位置出しが出来て、本締めする時に装着します。




で、今回このガセットプレートを交換しました。




d0156040_9275859.jpg


アイスイープ
 フロントメンバーリアブレース!
 


純正のガセットプレートは薄い鉄板をプレスしただけの物なんです。
それに比べるとアイスイープ製の物は鉄板もかなり厚くなっていますし、
補強のリブも入っていて見るからに頑丈そうですよね~。






d0156040_9272012.jpg


で、装着後の写真です。
純正品に比べるとかなり強度がありますので、ミスリルは塗っていません。
硬くなりすぎてもマズイですからね。








d0156040_9282521.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
お馴染みのトーションビーム式アクスルですので、
ボディーへの固定ポイント2ヶ所になります。







d0156040_9275194.jpg


リア用のリジカラです!
突起の出ていないタイプの物になっています。

と、言うことは・・・








d0156040_9285513.jpg


そうです! ボルトの根元が太くなっていてスキマが無いんですよね。
「やるなフォルクスワーゲン!」のパターンです!!(笑








d0156040_9281989.jpg


リアの図解です!

突起が無いタイプのリジカラでもちゃんと効果はあるんですよ!
このタイプのリジカラは肉厚が厚く作られているんです。
それがボディーとボルトのフランジに挟み込まれて密着しますので、
ボディー鉄板の補強の役目をしてくれるんです。
強度が上がることでボルトにしっかりと締め付けトルクが掛るんですよね。










d0156040_929249.jpg


本締めをしたらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!

トーションビームタイプは固定部分にブッシュが入っています。
そのためリフトアップした状態で本締めしてはいけないんですよね~。
タイヤを接地させて1G状態にしてから締め付けます。

リフトアップしている時と1G状態の時ではアクスルの角度が違いますよね。
そのためちゃんとした角度の時に締め付けてやらないと、
ブッシュに変なヨジレが出てしまうんですよね。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しになっちゃうんです。







d0156040_9284886.jpg


リアにも追加パーツが・・・

こちらもアイスイープ製の
リアスタビライザー! 

スプリングの受け皿の下にブラケットを固定しており、
それをスタビライザーが左右で繋いでいます。
写真だとちょっとわかりにくいですかね~?



で、このお客さんは・・・
ハイ、いつものパターンで、



d0156040_9295654.jpg


広島 からご来店の方でした!
しかも広島市内なんでけっこう遠いですよね。
わざわざ遠方からご来店いただくのはありがたいことですね。

実は地元で何軒かにリジカラの問い合わせをしたそうなんですが、
見事全店で断られたそうなんです。
そこで、「倉敷くらいなら・・・」ってことだったようです。

リジカラってけっこう作業をやっていないお店が多いんですかね?
ウチは普通にやってたんで、どこでもやってるもんだと思ってましたけど。
まあ、作業にミッションジャッキとかが必要になりますから、
今までハードな作業をしていなければ持って無いかもしれませんね。
それに注意ポイントも盛りだくさんの作業になりますので、
経験の無いお店は手を出さないのかもしれません。








d0156040_9291895.jpg


お土産まで頂いちゃいました!

スタッフと山分けして、我が家に持って帰ったらカミさんと娘が大喜び!!
「これ、すごくおいしいんよ~!」とのこと。
私は甘い物に疎いんですが、けっこう有名なお菓子みたいですね。



この度はお買い上げありがとうございました。











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-04-07 19:49 | リジカラ | Comments(0)

<< 祝!納車!!★パジェロ V75... 進化剤施工!★ZVW30プリウ... >>