MT修理!★ST195 カルディナ★ニコイチオーバーホール!!

ここのところ進化剤がらみのネタが続いてましたんで、
久々に大掛かりな作業のネタをば・・・



先日常連のお客さんからTELが・・・

「2速に入れるとガラガラ音がする~!」 

どうやらMTが逝っちゃったようです。
さっそく預かることになりました。


クルマは・・・





ST195 カルディナ!









d0156040_1785067.jpg


カルディナでMTっていうのはかなり珍しいんじゃないでしょうかね?
しかも4WDですし・・・

で、肝心の症状のほうはと言いますと・・・
2速に入れるとかなり盛大にガラガラいってます。(笑
おそらくギアの歯が欠けてるんじゃないでしょうかね?


そこで定番のリビルトミッションを確認したところ在庫無し!(涙
ってことは今のMTを降ろして直すしかありませんね。
どうせ降ろすならベアリング等も交換してオーバーホールすることになりました。
そこで必要な部品の納期を確認したところ・・・

なんと2速ギアが廃番! 

まあ、年式を考えればあり得る話ではあるんですが・・・
廃番になっていたのはアウトプットシャフト側のギアでした。
インプットシャフト側はシャフトに直切りのギアになっており、
このシャフトはメーカー在庫有り。
仮にシャフト側のギアにトラブルが出ていたとしても、
噛み合っているいるわけですからそのまま再使用っていうのはマズイでしょうね~。

まずは中古のMTをあたってみたのですが、こちらもどこにも在庫無し。
そりゃあそうでしょうね~。
カルディナのMT車なんてほとんどいないでしょうから、中古も有りませんわな。
さてどうしたものか・・・

ふと思いついて調べてみたところ、ある大発見が!!
他の車種で同じ部品を使ってるMTが存在するんですよね~。
しかも国民的大衆車です!
さっそく中古MTを調べてみたところ、有るは、有るは・・・
さすが国民的大衆車!!(笑

エンジンが違いますのでケースは当然使えません。
しかし内部の部品は4速ギア以外はすべて共通部品になってました。
4速はギア比が違うんで別品番ですが、使おうと思えば使えます。
あとファイナルも違うんでアウトプットシャフトも使えません。
でもそれ以外はものの見事に共通でした。
さすがトヨタさん、コストダウンは徹底してますな~。(笑
おかげで助かりましたけど・・・

で、ベアリング等は新品部品を使い、その他のパーツは現在のMTと、
中古MTの良いほうを使うというニコイチオーバーホールということになったんです。










d0156040_179392.jpg


話が決まればさっそくMTを降ろします。
4WDはMTにトランスファーがくっついているので降ろすのが面倒です。
車種によってはエンジンごと降ろしたほうが話が早い場合もあります。










d0156040_1792532.jpg


降ろしたMTをサクサクとバラシていきます。
この時にイロイロとチェックしながら作業を進めます。










d0156040_179402.jpg


まずはMT内部のマグネット。
金属の切り粉がテンコ盛りになってますね~。
そしてギアのカケラらしき物も・・・








d0156040_179543.jpg


2速ギアをチェックしたら、インプット側のギアが欠けていました。
緑の矢印部分が2枚と、赤矢印部分が1枚の合計3枚です。
3枚も歯が欠けていたらそりゃあガラガラ音もするわな~。










d0156040_1710816.jpg


オーバーホールでベアリングは全交換しますので、
とりあえずすべてのギアを一旦バラシます。
ニコイチでもありますんでまずは全バラが必須ですね。








d0156040_17102699.jpg


バラシた状態で見ると欠けている歯がよくわかります。
こんなギアと噛み合っていたんだから、反対側のギアもアウトですね。
現状では歯の欠け等が無くても、再使用では何が起こるかわかりませんからね~。









d0156040_17103935.jpg


現車MTと中古MTのインプットシャフト側です。
ギアが欠けてるシャフトは当然ながら中古MTのを使います。
そのほかのパーツは両方をチェックして状態の良いほうを使うことになります。

中古MTは走行距離が少なかったこともあって、
部品の状態はけっこう良かったですね。
一安心、一安心。







d0156040_17105392.jpg


アウトプットシャフト側も同じようにニコイチ作業をして組み付けます。
今回ベアリングは全て交換しましたが、
シンクロリングは2速・3速のみを新品にしました。

残りのシンクロはニコイチで状態の良いほうを使用。
4速ギアはカルディナの物を再使用。
ギア比が変わっちゃうってこともありましたし、
4速ギアは現状の物がさほど傷んでいませんでしたからね。









d0156040_17111118.jpg


ケースも洗浄しておきましたんでピカピカです。
って、光ってはいませんが・・・(笑
やっぱこれぐらいキレイな状態だと作業も気持ち良いですからね。










d0156040_17112689.jpg


シャフトをケースに組み込みます。
もちろんデフのベアリングも新品に交換してあります。
切り粉が各部に回ってるでしょうからね~。
そのための洗浄でもあったんですよね。









d0156040_17114650.jpg


組み付け完了です!








d0156040_1712236.jpg


今回クラッチはOKだったんで再使用しましたが、
レリーズベアリングは新品に交換しました。
さほど高価な物じゃありませんので、ここでケチってもね~。









d0156040_17123495.jpg


無事MTが載っかりました。
とは言え降ろすよりも載せるほうが大変なんです。
なんせトランスファーが付いているんでメチャクチャ重い!
MTジャッキを使っても汗をかくほどのね。(笑








d0156040_17124998.jpg


最後の仕上げにMTに進化剤を施工!
せっかくオーバーホールしたんですから、
ギアやベアリング・シンクロ等を保護しないといけませんもんね。

って、やっぱり今回も進化剤が出てきましたね。(笑



じつはこのクルマは以前にエンジンも載せ換えているんです。
その原因っていうのが、普通ではありえない事だったんですよね~。

まず症状っていうのがクラッチを切るとエンジンが止まる。
何でクラッチ切ってエンスト???????
まったく原因が思いつきません。

詳しく状態を確認していたところ・・・
クラッチペダルを踏み込んでいくと、
あるポイントからエンジンが不調になりブルブル震えだし、
さらに踏み込むとストンと止まっちゃいます。
う~ん、一体何が原因なんじゃ???

そこでエンジンルームを覗き込みながらクラッチを踏んでもらったら・・・
なんとクランクプーリーが縦に動いてるじゃないですか!!!
普通ではあり得ないことです。

おそらくクランクのスラストメタルが逝っちゃってるんだろうと判断しました。
スラストメタルっていうのはクランクシャフトが縦方向に動かないように
位置決めをしているパーツなんです。
これが逝っちゃてるんで、クラッチを踏むとクランクが押されて動いてしまうんです。
で、クランクが押し付けられるようになって、
過大な負荷が掛かるのでエンジンが止まっちゃうっていうことだったんです。

この状態だとクランク以外にもダメージがありそうなんで、
現状のエンジンを直すのは諦めて載せ換えたんですよね。


で、後日降ろしたエンジンをバラシてみたところ・・・







d0156040_1713412.jpg


スラストメタルはご覧の状態でした。
矢印のほうが正常なメタルです。
反対側はもうズタボロの状態になってました。(笑

そりゃあクランクも動くわな~。








d0156040_1713219.jpg


クランクを固定しているクランクキャップもこの通り。
下側が正常な状態です。
上側はクランクが押し付けられたので、かなり磨耗しちゃってます。
こんなになるにはかなりの負荷が掛かってたんでしょうね~。

普通に使っていてスラストメタルがこんな事になるなんてあり得ないんです。
走行距離が出ているエンジンのオーバーホールをする時でも、
ほとんどの場合は再使用できるぐらいにキレイな物が多いんです。

では何故こんなことが起きたのか・・・?

その原因は強化クラッチです。
このクルマはず~っと強化クラッチを組んでるんですよね。
想像できるようにカルディナ用の強化クラッチなんて存在しません。
しかも3S-Gエンジンならまだしも、ハイメカの3S-FEですからね~。

ところがこのクルマにはセリカGT-Four用のクラッチが流用できるんです。
そのため以前からずっと強化クラッチを使ってたんです。
ノーマルエンジンなんで強化品なんて必要ないと思うんですが、
なぜかオーナーさんの拘りで・・・(笑

ですが軟弱な3S-FEはその重さに耐え切れなかったんでしょうね。(笑
いまだに強化クラッチを組んだままですので、
2度目のエンジン載せ換えの日が来るかもしれませんね・・・

ってけっこう辛口コメントですが大丈夫!
このオーナーさんは私の高校時代からの友人なんです。
なんでさらに辛口で、
不必要なパーツのせいで余分な出費が増えてるんだぞ~!(笑











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-06-08 19:05 | メンテナンス&修理 | Comments(0)

<< RECS施工!★スマート★ 進... エアコン進化剤施工!★ekワゴ... >>