進化剤で燃費は向上するのか?!

当店の大人気アイテムである進化剤!
金属の磨耗を修復して接触面を平滑に進化させます。
これにより摩擦面の抵抗が減りフリクションロスが少なくなります。
またシリンダー表面も修復されるので圧縮抜けも減ります。






d0156040_9261126.jpg


で、それがどういう効果に繋がるかと言いますと・・・
・エンジンのレスポンスがアップする。
・トルクが上がってアクセルを踏み込まなくても良くなる。
・エンジンの振動や騒音が減る。
・磨耗が減るのでエンジン内部の保護になる。
・エンブレが効きにくくなるのでブレーキ踏む回数が増え、運転がヘタクソだと思われる。(笑


まあ、最後のは冗談ですが。
巡航中にアクセルをはなしてもクルマがスゥ~っと進んじゃって、
前のクルマに近づくのでブレーキを踏まないといけなくなるっていうのは事実です。
そのうちに慣れますのでアクセルをはなすタイミングもわかってきますから、
ヘタクソ運転の期間は短いとは思いますけどね。


これらに加えて影響が出てくるのが・・・

燃費向上!! 

エンジン内部の抵抗が減っているわけですから、それだけでも燃費に影響が出るのは当然です。
さらにトルクが太くなるのでアクセルの踏み込みは少なくなりますし、
クルマがスゥ~っと前に行くのでアクセルをはなすのも早くなる。
つまりアクセルを踏んでいる時間が短くなるってことなんです。
そうなれば燃費に好影響が出るのは当然ですよね。

当店で進化剤の施工を始めた当初はあまり燃費向上の話は出ませんでした。
最初の頃に施工したお客さんは常連さんが多く、
走りのほうに興味がある人が多かったんですよね。
そのためレスポンスアップしたエンジンのフィーリングが楽しくって、
ついついアクセルを余分に踏み込んじゃったみたいなんです。(笑
それだと当然ながら燃費は期待できませんよね。

その後ドンドン施工車輌が増えましたので、いろんなクルマに施工しました。
当然ながら走りなんかには全く興味の無いお客さんもいましたし、
エンジン保護の目的のお客さんもいました。
みなさんレスポンスの変化や振動の低減などはすぐに体感されています。
でも燃費の変化はある程度の期間を乗らないとわかりませんよね。

進化剤はリピーターのお客さんがすごく多いんです。
やはりあの効果を体感しちゃうと2回目・3回目がやりたくなっちゃうんですよね。
そこで話をするうちに燃費が良くなったという方も多くなりました。
施工前と同じ運転をしている方は燃費が向上しているんだと思います。
レスポンスを楽しんじゃう人は・・・(笑


とは言え詳しいデータを伺ったわけではありません。
そこで私の通勤鈍足車のウィッシュを例に検証してみました。

私がウィッシュに乗り始めた時の走行距離は5万kmちょいだったと思います。(記憶が曖昧・・・)
で、その頃の燃費は11km/L台だったと思います。(こちらも記憶が曖昧・・・)
今の走行距離が12万kmを超えていますんで、7万kmぐらい走った計算になります。
毎日の通勤距離が長いんで年間2万km近く走るんですよね。

ウィッシュの燃費のカタログデータは

10・15モード 14.4km/L

自動車工業会が発表しているデータだと10・15モードでの燃費は、
カタログデータよりも実燃費が3割ほど悪くなるそうなんです。
これをウィッシュに当てはめると10km台ってことですから、
当初の11km台っていうのはそれでも良いほうだったってことですね。
最近のカタログデータはより厳しい測定方法のJC08モードになってますが、
それでも実燃費は2割ほどは落ちるようです。


私のウィッシュは今までに進化剤を5回施工しています。
最初の3回はオイル交換と一緒に5000kmごとのタイミングで施工!
その後は2万kmごとのインターバルで2回施工しました。
もうすぐ6回目の施工時期が近づいてきていると言う状況です。

施工をする度に少しずつ燃費は良くなっていき、今では・・・









d0156040_9254243.jpg


16km台! っていうのはウソですが・・・(笑
メーター内の燃費計は最近ではほとんど15~16km台を表示しています。
実際に満タン法で測った燃費は13km台後半~14km台になってます。
燃費計が16km台になってる時は実燃費もほとんどが14km台になっていますね。

満タン法は正確では無いって人もいるようですが、
同じような数値が連続するなら、ほぼその周辺の数値と思っていいでしょうね。

気温が安定して来た4月以降の直近の4回分を平均してみました。

・走行距離 2646km
・給油量   187L
・平均燃費 14.15km/L


なんとカタログデータ達成率 98.3%! 
本来70%程度と言われている達成率が98%ですからたいしたもんです!!
まあ、日頃のメンテナンスもやってますし、プラグとかも交換していますんで、
進化剤だけの効果とは言い切れないんですが・・・
それでも施工してから燃費が良くなってきたことは事実です。

私の場合は通勤での走行距離が長いんで、燃費は伸びやすい傾向にはあると思います。
田舎なんで信号も少ないし、渋滞の時間帯からも外れてますし・・・
それでも進化剤の影響がかなりの部分を占めているのは間違いないでしょうね。

進化剤は他の添加剤に比べると高価です。
でも燃費が良くなってくれれば十分に元が取れるんじゃないでしょうかね?

ちなみにウィッシュが元々11km/Lだと仮定すると、
一回の施工で0.5km/Lずつ良くなっていった計算になります。
その前提でどれぐらい節約出来たかを計算してみました。

*1~3回施工までの1万km(11.5~12km/L)

58L X ¥125 =¥7250


*4回目施工までの2万km(12.5km/L)

218L X ¥135 =¥29430


*5回目施工までの2万km(13km/L)

280L X ¥145 =¥40600


*6回目施工までの2万km(13.5km/L)

337L X ¥155 =¥52235

となり、ここまでで ¥129、515 の節約になった計算です。
きっちりとデータを残していたわけでは無いので、ガソリン価格とかも大雑把ですが・・・
まあ、イメージ的には大幅な違いは無いんじゃないかと。
進化剤5回分の施工料金が¥78750ですから、
少々燃費のデータが違っていたとしても完全に元は取ってますね!

最初の頃はさほど節約にはなっていないんですが、
燃費が向上してくると同時にガソリン価格が高騰しはじめましたんで、
後半ではかなりの節約になって来ていると思います。

これで6回目の施工後に14km/Lで2万kmを計算すると・・・

389L X ¥160 =¥62240!


今後もガソリン価格が大幅に下がる可能性は低いですから、
差額はドンドン広がっていくことになるでしょうね。
こうして計算すると進化剤は決して高くは無いんじゃないでしょうか?

なにしろレスポンスアップなどの効果も楽しめて、
エンジンの振動や騒音も減少して、
そのうえガソリン代が節約できるんですから、もう一石何鳥になるんでしょうね~!(笑


今回のデータはあくまでも計算上のデータであり実際とは合致していないかもしれません。
さらに施工した車輌全てに同様の効果を保証するものでもありません。
ひとつの事例として進化剤施工の検討材料としてください。

でも、効果があることに間違いは無いんですけどね!

私も進化剤のドロ沼からは抜けられません!!(笑













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-06-23 09:27 | 進化剤 | Comments(0)

<< エアコンリビルト修理!★AZR... 進化剤施工!★ZVW30 プリウス★ >>