リジカラ装着!★ZVW30 プリウス G’s★

当店ではただいま リジカラ・フェア! を開催中です。

おかげさまで大好評をいただいています。
そのため期間を 8月末 まで延長しています!


お得な特典もそのまま継続です!

*アライメント調整が特別料金!
 
*リジカラ装着部へのミスリル施工サービス!!
 
 

のお馴染みの特典に加えて・・・

*リジカラTシャツプレゼント! 
ただしデザインはご希望にそえるかどうかは・・・(笑

ぜひこのチャンスにゲットしてください!!



で、本日のクルマは、またまたまた・・・





ZVW30 プリウス G’s!








d0156040_17192717.jpg


当店はプリウス専門店ではありません!(笑

って最近はこのフレーズもご無沙汰でしたが・・・
それでも新旧モデルを合わせてもう10台以上に装着してますからね~。

プリウスオーナーさんの間ではリジカラ人気も高いようです。
何でも純正でけっこう乗り心地の評判が悪いんだとか。
リジカラ装着で乗り心地の改善をしてやろうってことなんですよね。



で、このお客さんは・・・


d0156040_17193953.jpg


広島 からのご来店でした。
最近ではリジカラと進化剤で県外からのお客さんは珍しくなくなりました。
それでも遠方からわざわざご来店いただけるっていうのはありがたいことですね。

このクルマは先日進化剤の施工をご紹介しました。
同じ日に施工したんですが、とりあえず先に紹介したんですよね。
なんせリジカラ作業は写真が多いもんで、編集に時間が掛かるんです。
更新が遅くなることのイイワケです・・・(笑






d0156040_17195499.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

プリウスはアンダーカバーやら補強プレートやらが付いているので、
この状態にするまでにけっこう時間が掛かります。
特にG’sはプラスαの補強もあったりして・・・
それでも台数こなしてきたので、要領がわかってきて早くなりましたけどね。







d0156040_1720797.jpg


ハイ!いつもの横からビューです!
これなら装着ポイントのボルトがはっきりと確認できますね。
毎度お馴染みのサブフレーム形状です。








d0156040_17202026.jpg


こちらもお馴染みフロント用のリジカラです!
同じ形状の物が4ピースです。
ホンダ車じゃないんで逆エコ贔屓になってます。(笑

それでもプリウス用は一個一個がけっこうゴツイです。
まあ、突起がゴツイってことはそれだけサブフレームの穴が大きくて、
ボルトとのスキマも大きいってことになるんですが・・・
でもその分効果も大きいのかもしれませんね。






d0156040_17203260.jpg


フロント取付け部の図解です!
4ヶ所ともに同じ構造になっています。

プリウスのサブフレームはシナリが大きいため、
上下にリジカラを入れるとボルトがはまらなくなることがあるそうです。
そのため上側のみにリジカラを装着します。

プリウスは上側のみの装着でもボルトがはまらなくて苦労させられますので、
もし下側にもあったらと思うとゾッとします。(笑






d0156040_17204572.jpg


 部の装着中の写真です。
いつものようにリジカラはボディーに貼り付いています。
この状態で上側の小さい突起がボディーのガイド穴にはまっており、
下側のゴツイ突起もサブフレームの穴に掛かっているんです。
なのでこのままサブフレームを上げていけば自然とセンターが出ることになります。

ここがいつも苦労させられるポイントなんですよね。
サブフレームのシナリのせいで片側のリジカラをこの状態にすると、
反対側のゴツイ突起がサブフレームに突っ張っちゃってボルトが入らないんです。

いつもここで時間を取られますので、その対策として・・・
当店オリジナル加工を施したリジカラを在庫しているんですよね。
突っ張り具合が激しいクルマの場合にはこの加工品を使ってやります。
もちろんリジカラの効果には何の影響も出ないように工夫した加工ですけどね。

このクルマの場合は加工品を使わないでもOKでした。
まあ、プリウスとしてはすんなり付いたほうですね。
あくまでもプリウスとしては!ですけどね。(笑





続いては  部なんですが、こちらはこちらで問題があるんです。
それは・・・


d0156040_17205916.jpg


ボディーのガイド穴にバリが出ていて突起が奥まで入らないんです。
この部分のボディーっていうのは数枚の鉄板を重ね合わせて溶接してあるんです。
あらかじめ穴を開けた鉄板を重ねてるんですが、
その穴位置がズレた状態で溶接してるんでバリになっちゃってるんですよね。

今まで装着した半数ぐらいのプリウスでこの症状がありました。
まあ、これはプリウスに限ったことでは無いんですけどね。
ZC32Sのスイフトスポーツにも3台装着しましたが、
3台ともにこの症状がありましたからね。

バリを削って突起が奥まではまるように加工してやります。
加工しないでそのまま付けたとしても、リジカラはアルミ製で柔らかいですから
勝手にツブレてしまうので装着は可能だと思います。
でもそれだとリジカラの効果が100%発揮できない恐れがあります。
まあ、効果がゼロってことにはならないでしょうけど・・・

せっかく付けるリジカラですからベストな状態で装着するのが、
作業する者の使命だと思ってます!(キリッ






d0156040_17211384.jpg


こちらもリジカラはボディーに貼り付いています。
バリ加工をしてありますので突起はちゃんと奥まではまってますよ。
ここはガセットプレートが共締めになるんですが装着中は付けていません。
4ヶ所の位置出しが出来て本締めする時に装着します。


もちろんミスリル施工もやってますよ!
現在はリジカラフェアの特典としてサービスで施工しています。
装着ポイント周辺に塗ることでボディーとサブフレームの強度が上がり、
リジカラ効果をさらに増大させてくれる働きがあります。







d0156040_17212622.jpg


本締めをしたらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
いつものようにガセットプレートにもオマケで塗ってありますよ!







d0156040_17213984.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
プリウスだけでなくコンパクトカークラス以下のFF車が多く採用している
お馴染みのトーションビーム式アクスルですね。

アクスル本体をボディーに固定している部分2ヶ所に装着します。







d0156040_17215261.jpg


こちらもすっかりお馴染みのリア用リジカラ!








d0156040_1722662.jpg


黄色い矢印部分にスキマがあります!
ここに先ほどの突起がはまるようになるんですよね。







d0156040_17221931.jpg


リアの図解です!
突起がスキマを埋めることでボルトの位置がセンターで固定されます。
そうするとトーションビームのブッシュも正しい位置に補正されるんです。
ボルトがズレているとブッシュもナナメに固定されちゃいますからね。

リアのリジカラの役目はそれだけではありません。
ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる部分っていうのが、
フロント用とかよりも肉厚がブ厚くなっています。
そうすることでボディーの補強板の役目も兼ねているんですよね。







d0156040_17223218.jpg


こちらも本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。

いつものことですがここはタイヤを接地させて1G状態で本締めします。
リフトアップした状態だとアクスルは後ろ側が下がった状態になっています。
ってことは固定部のブッシュは後ろ向きに回転した位置になってます。
そのまま本締めしてタイヤを接地させてしまうと、
ブッシュに前向きの力が加わってしまうんですよね。

つまりブッシュがヨジレた状態になってしまうんです。
そうなるとせっかく装着したリジカラの効果が台無しになっちゃいます。
ブッシュに変なヨジレが出ないように1G状態での本締めが必要なんですよね。


あとはアライメント調整をして作業終了です!






d0156040_17224520.jpg


わざわざ遠方から来ていただいて、さらにお土産までいただいちゃいました。
気を使っていただいてすいません。
おいしくいただきました。

この度はお買い上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-08-04 12:45 | リジカラ | Comments(0)

<< リジカラ装着!★シエンタ★ リ... 進化剤施工!★VWゴルフ6 G... >>