リジカラ装着!★GRS200 クラウン★

今朝、我が家のウラ山でミンミンゼミが鳴いてました。
暑さに弱いセミなんで県南部にはあまり生息していないと思ってましたが・・・
私の子供の頃は今よりも気温が低かったはずですが、
滅多に見かけることもありませんでしたし、鳴き声を聞くことも無かった。
このあたりで鳴き声が聞こえるなんてことはかなり珍しいんじゃないでしょうかね?

その頃のメインと言えばアブラゼミとニイニイゼミ!
クマゼミも少なかったですね。
なのでたまにクマゼミを捕まえたりしたらテンション上がってました。(笑

温暖化の影響なんでしょうが、最近ではクマゼミがメインになってきました。
今ではセミの鳴き声と言えばあの「シャーシャーシャー」ですもんね。
ここまで増えちゃうと煩く感じてしまいますね。







本日もリジカラのネタです。
クルマは・・・





GRS200 クラウン!








d0156040_20103967.jpg


先日RECSの施工でご紹介したクルマです。
リジカラ装着ではトヨタの高級車が3連チャンになりましたね。
(IS300hはレクサスですが・・・)








d0156040_1833198.jpg


このお客さんは 福山 からのご来店でした!
リジカラと進化剤は県外からのお客さんが多いですね~。
まあ、それだけやっているお店が少ないのかもしれませんが・・・
わざわざ遠方からありがとうございます。









d0156040_18355681.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
FR車なのでクロスメンバータイプのサブフレームなんですが、
ほとんどIS300hと見た目が同じです。
同じトヨタの高級車ですので共通部品を使ってるのかもしれません。








d0156040_18381885.jpg


横からビューもほとんど同じに見えますね。
材質も同じくアルミ製ですしね。









d0156040_1843160.jpg


フロント用のリジカラです。
4種類が2個ずつの合計8ピースです!

IS300h用は10ピースでしたので、2ピースほど少ない構成になってます。
まあ、その分お値段も通常のレベルになってますけどね。(笑
真ん中にスリットの入っている物は2分割にするタイプになります。








d0156040_1846509.jpg


まずは  部の図解です!
ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造になっています。
スタッドボルトを外さないでも装着が出来るように、
上側のリジカラは2分割のタイプを使います。
下側は通常の片側突起のタイプになりますね。











d0156040_18505792.jpg


2分割タイプを使う時には作業上の注意ポイントがあるんです。
サブフレームの穴にリジカラをはめ込んでジャッキで上げていくと、
リジカラがズレちゃうことがあるんです。
片側がナナメに浮いちゃったり、外に開いて位置がズレちゃったりと・・・

なので上側のリジカラが密着する寸前で上げるのをストップ!
その状態でズレていないかを確認してやります。
もしズレていたら修正をするんですが、なんせかなり狭い状態になっていますんで、
ミニドラを使ったりしてかなり難しいんですよね。
でも、そのまま締めちゃうと突起がツブれてしまいますから重要なポイントなんです。


今回もミスリル施工をしていますよ!
フェアの特典でサービスになってますからね!!
相変わらずアルミの地肌にシルバー塗装は目立ちませんが・・・(笑







d0156040_1859559.jpg


続いては  部の図解です!
サブフレームとロアアームブラケットが共締めになっている構造はIS300hと同じですが、
リジカラは上下にはめるだけの方式になっています。
IS300hではサブフレームとブラケットの間にもリジカラがはまりましたが、
このクルマではそこの部分が省かれています。
なので2ピース少なかったんですよね。

上下にはまれば位置出しという面では問題無いと思いますが、
締結強度からすれば中間にもあったほうが・・・
まあ、このあたりはスプーンさんの検証結果から出た答えなんでしょう!
2ピースで¥8、640の違いを高いと思うか、安いと思うか・・・(笑






d0156040_198309.jpg


上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
この状態っていうのは上向きの突起がボディーのガイド穴にはまっているんです。
そして下向きの突起はサブフレームの穴に掛かっています。
なのでこのままジャッキを上げれば自然と位置出しが出来るってわけなんですよね。

下側のリジカラはブラケットの穴にはまった状態です。
ここはガセットプレートが共締めになるんですが、今は装着していません。
位置出しをするのにけっこう邪魔になるんですよね。
ですのでちゃんと位置出しが出来て本締めする時に装着してやります。








d0156040_19152692.jpg


本締め後はいつものようにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
このクルマもガセットプレートはボックス形状でしたのでウラ面に塗りました。









d0156040_1917155.jpg


続いてはリアの装着ポイントです。
サブフレームをボディーに固定している部分になりますね。
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所です。









d0156040_19192742.jpg


リア用のリジカラは4種類が2個ずつの合計8ピース!
両側突起のタイプが2種類4ピース、片側突起のタイプが1種類2ピース。
そしてワッシャタイプが1種類2ピースの構成になってます。

ワッシャタイプがあるってことは、あのお下品な表現の構造が・・・(笑







d0156040_1922896.jpg


まずは  部の図解です!
上側のリジカラはボディーのガイド穴とサブフレームの穴にはまる両側突起。
下側はサブフレームの穴のみの片側突起になってます。
ここはガセットプレートも共締めになる構造ですね。









d0156040_19253429.jpg


上側のリジカラです。
上向きの突起がボディーのガイド穴にはまってボディーに貼り付いています。
下向きの突起がサブフレームの穴に掛かっているのがわかりますかね?
このままジャッキを上げていくとサブフレームは、
突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンター位置が出るようになります。








d0156040_1929958.jpg


下側のリジカラがサブフレームの穴にはまった状態です。
位置出しが出来て本締めをするときにガセットプレートを共締めします。









d0156040_19304689.jpg


続いて  部の図解です!
ここが例のお下品な表現の「チ〇コが出ている!」のパターンです。(笑
ボディーから位置出し用の突起が出ているんですよね。
そのため上側のリジカラにはスキマを埋める突起が必要無いんです。
密着度を高めるためのワッシャタイプでOKなんですよね。

下側に両側突起のタイプを使うようになっています。
なんとプレートの穴に小さな突起がはまるようになるんですよね。
これはなかなか珍しいパターンです。








d0156040_19365839.jpg


ボディーから突き出したチ〇コ突起の根元に
ワッシャタイプのリジカラが貼り付いています。
下側のリジカラはサブフレームの穴にはまっていますね。
プレート側の小さい突起がわかりますかね?

ここのプレートは大きな丸いワッシャタイプですし、突起が出ている構造ですから、
位置出しの作業が不要のため最初からプレートを共締め出来ます。
でもプレートを付けるとリジカラが見えなくなるのでその前に写真をパチリ!







d0156040_19433448.jpg


こちらも本締め後にはボルトの頭にミスリルをヌリヌリ。
ワッシャタイプのプレートやガセットプレートにも塗ってあります。
ここもガセットプレートはボックス形状でしたのでウラ面に施工しました。

あとはアライメント調整をして終了です。


オーナーさんからインプレッションをいただきました。

帰りに一般道と高速道路で変化を確認してみましたがとてもイイですね~。
言葉で表すなら”カッチリ、滑らか”でしょうか。
今まで気になっていた車体と足回りのズレのような感覚が解消されて
車に一体感が出て挙動が半減したように思います。
タイヤの接地感も向上したようでハンドルを切った分
ニュートラルな状態で曲がっていく感覚はとても新鮮で運転が楽しくなりました。
高速道路では氷の上を滑っていくような感覚で今までウニウニとしていたのがスッキリして、
”ビシッ”と安 定して今までよりも高速道路の運転が楽になりそうです。


ご来店された時にリジカラの現物を見て、
「こんなに小さい物なんですか!?」っておっしゃってましたので、
余計にその効果に驚かれたのかもしれませんね。

「次にクルマを買い替えたとしたら、一番に装着するのはリジカラですね!」 とも・・・
一度この効果を味わってしまったらクルマを替えたら装着したくなりますよね~。
その気持ちよくわかります!!(笑

この度はお買い上げありがとうございました。



当店ではただいま リジカラ・フェア! を開催中です。

おかげさまで大好評をいただいています。
そのため期間を 8月末 まで延長しています!


お得な特典もそのまま継続です!

*アライメント調整が特別料金!
 
*リジカラ装着部へのミスリル施工サービス!!
 
 

のお馴染みの特典に加えて・・・

*リジカラTシャツプレゼント! 
ただしデザインはご希望にそえるかどうかは・・・(笑

フェアの残り期間もあと少しになりました。
ご検討中の方はお早目のご決断を!!(笑
最終日のご注文分まで対象とさせていただきます!

















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-08-23 09:28 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤祭り!★ekスペース★シ... リジカラ装着!★レクサス IS... >>