ビッグスロットル装着!★スイフト・スポーツ★ZOMA&ミスリルも!!

ここ最近はリジカラと進化剤のネタのオンパレードになっちゃってます。
ちゃんと他の仕事もやってますんで、それらのネタがドンドン溜まっちゃって・・・
早めに消化していかないとえらいこっちゃになりそうです。(笑
まあ、それだけリジカラと進化剤の人気が高いってことではありますが。




本日はビッグスロットル装着のご紹介です!

クルマは・・・






ZC32S スイフト スポーツ!







d0156040_16324057.jpg


以前にリジカラを装着したクルマです!
もちろん進化剤もエンジンに2回と、エアコン・MTに施工してあります。
やはり人気アイテムは外せませんからね~。








d0156040_1634459.jpg


RRPビッグスロットル! 

スイフトやコルトのパーツでお馴染みのアールズさんの製品です。
ウチは一応特約販売店になっているので、よくお世話になっています。

左側のスロットル内壁がピカピカのほうがビッグスロットルです。
ただ単に削るだけで無く研磨もしてあるんですよね。
ピカピカ光ってると空気抵抗が少なくなる気がしちゃいます。(笑








d0156040_16392517.jpg


スロットルバルブの後方部です。
こちらもピカピカ光ってるほうがビッグスロットルです。
ノーマルは壁面に段差がありますが、それも削られていますね。









d0156040_164134100.jpg


ノーマルの内径は 55mm










d0156040_16423741.jpg


ビッグスロットルの内径は 57.5mm

2.5mmの拡大ですので、直径では4%ほどのアップでしかありませんが、
面積比では10%近いアップになっています。

ビッグスロットルはパワーアップさせるためのパーツではありません。
エンジンがノーマルだとピークパワーは変わらないんですよね。
スロットルというのは出力を制御するための部品なんです。
ノーマルでもそのクルマのピークパワーに対応した大きさの物が装着されています。
そのため面積を大きくしてもピーク時に必要な空気量は変わらないからです。

ではどんなメリットがあるのかと言いますと・・・
ノーマル比10%アップの場合、
50%のアクセル開度で55%分の空気が流れることになるんです。
そのため今までと同じアクセルの踏み方をしても、
トルクやパワーが早くから盛り上がってくることになるんですよね。

ビッグスロットルの詳しい解説はコチラをどうぞ。↓

http://www.auto-r.com/t-up/big-s/big-s.html








d0156040_174936.jpg


スロットル装着部のパッキンは新品に交換します。
サージタンク内部も手の届く範囲を清掃しておきました。








d0156040_1774913.jpg


装着完了です!
ピカピカ光っていてカッコイイんですが・・・
インテークパイプやエアクリーナーを戻してやると見えなくなり残念!(笑


この後ECUの学習をリセットしてやって、初期学習をしてやります。
走行するうちに新しい学習データが蓄積されるようになります。








スロットルとは直接関係ありませんが・・・


d0156040_17103819.jpg


冷却系進化剤ZOMA! を施工しました!

ZOMAを施工すると水温を下げる働きがあります。
純正の水温計では温度変化を確認することは出来ませんが・・・
水温が下がることでシリンダーに引き締め効果が生まれ、圧縮抜けが減ります。
そのためトルクがアップするんですよね。
熱に弱いアルミシリンダーのエンジンでは効果が大きいですね。

ただし、ZOMAの施工には条件があります。
シリンダーが引き締まることで圧縮抜けは減りますが、
エンジンの回転が重くなってしまうこともあるんです。
そのため通常の進化剤を施工してあるエンジンでないとZOMAは施工できません。
まずは進化剤からってことになります。






この作業とは別の日なんですが、ダウンサスを装着しました。
サスを組むのにショックをバラすことになりますので・・・





d0156040_1718539.jpg


ついでにショックにミスリルを施工しました。
ストラットタイプはクルマに装着したままだとサスが邪魔して塗りにくいんです。
この状態だと簡単に塗れますんでラクチンです!(笑








d0156040_17201379.jpg


もちろんリアショックも塗っています!
こちらはサスが邪魔しませんので外さなくても施工OK!

オーナーさんのインプレッションによりますと、
車高が落ちたのに乗り心地は悪化していないんだそうです。
ダウンサスはノーマルよりもバネレートが若干高くなってる場合が多いんです。
またストローク量も減りますから乗り心地が悪くなるのが普通なんですが・・・

ミスリルを施工したことでショックオイルの動きが活性化します。
そのためショックが容量アップされたようなフィーリングに変化するんです。
なのでバネレートが高くなったサスにマッチしたんでしょうね。


この度はお買い上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-08-25 18:31 | 今日のオートリファレンス | Comments(0)

<< リジカラ装着!★マツダ フレア... 進化剤祭り!★ekスペース★シ... >>