リジカラ装着!★フィット★ エアコン進化剤も!!

リジカラと進化剤のネタはまだまだ当分続きそうです。←予告?(笑
まあ、それだけ人気が高いってことなんですが・・・
作業待ちのクルマも3台ほどありまして、
来週の3連休はリジカラウィークエンドになる予定です。

ネットやクチコミでリジカラ人気が広がっているようで、
ウチでも問い合わせの件数は増えてきています。
やはり効果のあるアイテムだからなんでしょうね!!





さて、本日のクルマは・・・







GE6 フィット!











d0156040_1041619.jpg


フィットへのリジカラ装着は久しぶりですね~!
CR-Zが共通の商品になっているので、それを含めるとさほどでもなくなりますが・・・
GE系のフィットに限定すると約2年ぶりになります。

足廻りも完全ノーマルのクルマです。
最近はノーマル車への装着比率も上がってきています。
純正の乗り心地やコーナリング性能に不満を持ってる方が多いんでしょうかね?






で、このお客さんは・・・



d0156040_10494017.jpg


徳島 からのご来店でした!
最近は県外からのお客さんが多くなっていますが、
リジカラ装着で四国からのご来店は2台目になりますかね。
やはり橋の通行料金がネックなんでしょうか?(笑








d0156040_1055792.jpg


フロントの装着ポイントです。
お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所です。








d0156040_10563355.jpg


いつもの横からビュー!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できますね。









d0156040_10562372.jpg


フロント用のリジカラは4種類で合計10ピース!
他メーカー用よりもお値段も安く設定されていますので、
やはりホンダ車はエコ贔屓されてます!(笑

まあ、発売元のスプーンさんは元々ホンダ車オンリーのメーカーさんですから、
ホンダ車をエコ贔屓するのはしょうがないっちゃあ、しょうがない!?







d0156040_1102139.jpg


まずは  部の図解です!
サブフレーム上側は両側突起のタイプを使います。
上下にある突起がボディーのガイド穴とサブフレームの穴にはまります。
下側はサブフレームの穴用のみの片側突起ですね。

下側用の突起はかなり長い物になっています。
作業する側としては上側用の突起を長くしてほしいんですけどね。
その理由は後ほど・・・









d0156040_1144214.jpg


装着中の写真です!
いつものように上側の突起はボディーに貼り付いています。
この状態っていうのは上向きの突起がボディーのガイド穴にはまっているんです。
で、下向きの突起はサブフレームの穴に掛かった状態です。
このままジャッキを上げていけばサブフレームは
突起のテーパーに沿って上がりますので自然とセンターが出るんですよね。

この作業をする時に突起の長さが重要なんです。
突起が短いとサブフレームをけっこう上げた状態にしないといけません。
スペースが広すぎると突起が穴から外れちゃいますからね。
となるとかなり狭い状態での作業が要求されるんでラクではないんです。

また突起が長いっていうことは先端部分の径も細いってことになります。
(突起はテーパー状になってますからね。)
そうなるとサブフレームの位置出しをするのも簡単になるんです。
特に難しいプリウスなんかでは重要なんですよね。
まあプリウス用はウチ独自の加工した商品を用意してますけどね。


フィット用も下側の突起を長くするよりも、上側の突起を長くしてもらったほうが
作業する者としてはありがたいんですが・・・(笑








d0156040_11155970.jpg


続いて  部の図解です!
こちらは上下ともに片側突起のタイプですね。
これだと突起の長さは作業に関係なくなってきます。

それは・・・









d0156040_11172676.jpg


上側のリジカラも最初からサブフレームの穴にはめておけばOKなんで、
位置出しで苦労することもないからなんです。
上下の穴に同時にはめようとするから苦労するわけなもんで・・・


今回もミスリル施工をしていますよ!
もうリジカラ装着ではお馴染みの施工になっていますね。










d0156040_11195672.jpg


続いて  部の図解です!
ここは上側のみに片側突起のタイプがはまります。










d0156040_11215021.jpg


サブフレームと言っても鉄板が2枚重なっただけの薄い構造なんです。
そのために上側に入れるだけでOKってことなんです。

ここはカメラが入りにくいんでリジカラがわかりにくいですが・・・









d0156040_1123792.jpg


本締め後にはボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
ボルトの強度が上がってさらにリジカラ効果が高まります。 たぶん・・・(笑










d0156040_11243915.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスルです。
アクスルをボディーに固定している部分2ヶ所が装着ポイントになります。









d0156040_1126515.jpg


リア用のリジカラは2ピースです!
こちらも毎度お馴染みですよね。
フィット用はセンター部分に突起が出ている構造になってます。

ってことは・・・









d0156040_11301248.jpg


ボディーの穴径とボルトの径に差があってスキマがあるんです。
緑の矢印部分に見えている薄茶色っぽい物はブッシュのセンターカラーなんです。
ボディーの鉄板の奥にある物ですから、
カラーが見えている部分が全部スキマっていうことになるんですよね。
このスキマに先ほどの突起がはまります。

黄色い矢印部分の円模様はボルトが接触していた痕なんです。
ボディーの穴とはズレて偏芯して固定されていたことになりますね。
フィットは他の車種と比べてもスキマが大きいような気がしますので、
リジカラ装着の効果も大きいかもしれませんね。









d0156040_11385694.jpg


リアの図解です!
突起がスキマにはまることでボルトとボディー穴とのセンターが揃うことになり、
ブッシュが正しい位置で固定されるようになるんです。

また、ボルトとボディーに挟まれる部分は、フロント用とかと比べて肉厚になっています。
厚くすることでボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
ここの強度が上がればボルトにしっかりとトルクが掛かるようになりますので、
締結強度もアップするっていうわけです。











d0156040_114234100.jpg


もちろんリアもミスリル施工をしてあります。
本締め後にはボルトの頭にもね!

いつものようにタイヤを接地させて1G状態で本締めします。
トーションビーム式はブッシュを固定しているボルトになりますので、
リフトアップした状態で締めてはいけないんです。
なので1G締めが必須の作業になりますね。








で、最後の仕上げに・・・・




d0156040_11463643.jpg


エアコンに進化剤を施工しました!
何の仕上げぢゃ? っていういつものパターンですが・・・(笑









d0156040_11481896.jpg


お土産もいただきました!
遠方よりご来店いただいたうえにお気を使っていただきありがとうございます。
中々気軽に来ていただける距離ではありませんが、またのご来店をお待ちしています。


この度はお買い上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-09-04 09:17 | リジカラ | Comments(0)

<< リジカラ装着!★200系 ハイ... 進化剤施工!★ホンダ NSX★... >>