リジカラ装着!★200系 ハイエース★ ローダウンも!!

本日もリジカラのネタです!
やはり当分続きそうですね~。

まあ、今回はリジカラ以外の作業も紹介しますけどね。


クルマは・・・






200系 ハイエース!










d0156040_11584527.jpg


ハイエースへのリジカラ装着は当店では初になります。
このクルマは以前にローダウンの作業もやりましたので、
それも合わせてご紹介したいと思います。













d0156040_18234175.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
FR車ですのでサブフレームはクロスメンバータイプです。
ディーゼルの重いエンジンを支えるためかなりゴツイ造りになってますね~。
そのサブフレームをボディーに固定している部分に装着します。

片側3ヶ所ずつの合計8ヶ所になります。
固定箇所は前後にも広くとってあり、強度面を考えているんでしょうね。
このクルマは2WDなんで6ヶ所ですが、4WDは10ヶ所になるんですよ!









d0156040_1831050.jpg


いつもの横からビューです!
頑丈そうなサブフレームですね~。
この角度から見れば装着ポイントがはっきりと確認できます。











d0156040_18322599.jpg


フロント用のリジカラは2種類が6個ずつの合計12ピース!
ホンダ車じゃないのにエコ贔屓されてます。(笑

両側突起のタイプと片側突起のタイプが6個ずつですね。








d0156040_1835391.jpg


装着部の図解です!
6ヶ所ともが同じ方式になっています。

上側がボディーのガイド穴とサブフレームの穴にはまる両側突起。
下側がサブフレームのみの片側突起になってます。
一番オーソドックスな方式ですね。









d0156040_18381699.jpg


装着中の写真です!
いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
この状態で上下の突起が両方とも穴にはまった状態になっているんです。
ですのでこのままサブフレームを上げていけば自然と位置出しが出来るんですよね。
とは言え、6ヶ所ともをこの状態にするのに苦労させられるんですよね。

今回もミスリル施工をやってますよ!
装着部周辺に塗ることでリジカラ効果を増大させる働きがあります。
当店でのリジカラ装着車の約9割ぐらいが同時に施工してるんですよね!








d0156040_18433140.jpg


装着部のアップです!
上側のリジカラは下向きの突起がわりと短めでした。
そうなるとサブフレームをけっこう上げた状態で、狭いスペースでの作業になります。
間隔が広すぎると突起がサブフレームの穴から外れちゃうんです。
そうなると位置出しが出来なくなりますからね。

ただ狭いスペースでの作業はけっこうキツイんです。
下向きの突起を長くしてくれれば作業がラクになるんですけどね~。(笑











d0156040_18482012.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
ボルトの強度も高めてさらにリジカラ効果のアップを狙います!!


ハイエースはリアがリーフスプリングのためリジカラの設定がありません。
ですのでフロントのみでリジカラ作業は終了です。



ではここからはローダウンのご紹介です!







d0156040_1851954.jpg


まずはリアです!
リーフスプリングではお馴染みのローダウンブロックです。(矢印部分)
ショックは豪華にビルシュタイン!
もちろんローダウンに対応したショートストロークになっています。
赤いバンプラバーもローダウン専用品に交換してあります。







d0156040_18571713.jpg


ハイエースのフロントスプリングはトーションバーです。
日頃コイルスプリングを見慣れていると、これがスプリングには見えませんよね。
この棒を円周方向に捻じることでバネ効果を出しているんです。

昔のワンボックス車ではオーソドックスな方式だったんですが、
最近のミニバンとかではコイルスプリングが主流になっちゃってますね。

真ん中の黒い棒が純正品で、赤いのが強化トーションバーです。
ローダウンするとストローク量が減りますのでバネレートを上げてあります。
右側と左側では捻じられる方向が逆になりますので、それぞれ専用品になってます。











d0156040_1961268.jpg


トーションバーってけっこう長いんですよね。
棒の両端にスプラインが切ってあって前側はアッパーアームに刺さってます。
後ろ側が黄色矢印部分のブラケットに刺さっていて、
ここのナットを締めこむことで捻じれを生じさせているんです。
なのでここの締め具合で車高の調整も出来るんですよね。
これはノーマルでも備わっている機能なんです。

交換するにはナットを緩めてブラケットを外します。
そしてトーションバーを後ろ方向に抜くようにして外します。
右側はわりとすんなりいけるんですが・・・

左側は緑矢印の部分に燃料タンクがあって邪魔をしています。
一旦タンクを外す必要があるので、けっこう面倒です。








d0156040_19115419.jpg


フロントのショックもビルシュタイン!
もちろんショートストロークの専用品です。

フロントには赤いヤツが2個も付いていますね。
下側のはバンプストッパーで、ノーマルより短い物になります。
ローダウンするってことはここのスペースが狭くなるってことですから、
ノーマルより短くしないとすぐに当っちゃてお話になりませんので・・・

上側の物はリバンプストッパーです。
車体が段差で浮き上がった時や、リフトアップした時に、
アッパーアームが下がりすぎないようにするパーツになります。
ここは反対にスペースが広がってしまいますので、
ノーマルよりも長い物に交換して下がりすぎを防止するんです。



働くクルマでもルックスは重要です!(笑
ローダウンで悪化した快適性はリジカラでカバーしちゃいましょう!!
ルックスと走行性の両立が出来ますよ!





で、このクルマも最後の仕上げに・・・






d0156040_19182581.jpg


エンジンに進化剤を施工しました!
何の仕上げぢゃ? のパターンですね。(笑

ハイエースはシートの下にエンジンがありますので、
こうやってドアを開けての施工になります。

ディーゼルエンジンにも進化剤は効果的です。
気持ち良く走れれば仕事の効率もアップしちゃうかも!?(笑









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-09-05 19:32 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★プレマシー★クラ... リジカラ装着!★フィット★ エ... >>