リジカラ装着!★レガシィ ツーリングワゴン★

やっとこさリジカラウィークエンドの3台目になりました!
2週間遅れっていうのはイカンですね~。(笑
他のネタもドンドン溜まってるし・・・
がんばって早めに更新していかないとね。




本日のクルマは・・・






BP5 レガシィ・ツーリングワゴン!








d0156040_1993610.jpg


BP系のレガシィではアウトバックは2台装着しましたが、
ツーリングワゴンは初の装着作業になります。
まあ、基本的な構造は同じなんですけどね。



で、このお客さんは・・・



d0156040_19131551.jpg


福山 からご来店の方でした。
遠方からわざわざありがとうございます。
本当にリジカラと進化剤は県外比率が高いですね~。
それだけ作業をやってるお店が少ないってことなんでしょうかね?







d0156040_1915954.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

スバルの水平対向エンジンはFFでも縦置きの方式ですので、
いつものFFタイプのサブフレームではありませんね。
FR車と同じようなクロスメンバー構造のサブフレームです。
固定ボルトは写真に写っていませんが・・・






d0156040_19185899.jpg


と言うことでいつもの横からビューです!
これなら装着ポイントのボルトがはっきり確認できますね。
クロスメンバーをボディーに固定している部分になります。








d0156040_19204299.jpg


フロント用のリジカラは3種類で8ピースになります。
両側突起のタイプが1種類で4個。
片側突起タイプとザグリワッシャタイプがそれぞれ1種類2個ずつですね。







d0156040_19233868.jpg


まずは  部の図解です!
上側のリジカラはサブフレームの穴とボディーのガイド穴にはまる両側突起。
下側はザグリワッシャタイプを使います。








d0156040_19252775.jpg


続いて  部の図解です!
装着部が並んでますんで装着写真は両方一緒に写るんです。
そのため先に図解を両方ご紹介しておきます。

こちらも基本的な構造は同じなんですが・・・
下側のリジカラは片側突起タイプでサブフレームの穴にはまるようになりますね。







d0156040_19284854.jpg


装着中の写真です!
いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
この状態っていうのは上向きの突起がボディーのガイド穴にはまっているんです。
それと同時に下向きの突起もサブフレームの穴に掛かっているんです。
リジカラの突起はテーパー状になっていますのでこのままジャッキを上げていけば、
サブフレームはテーパーに沿って上がるので自然とセンターが出るんです。

ただ、4ヶ所ともをこの状態にするのが苦労するんです。
1ヶ所でもズレていたら突起がツブレちゃいますからね~。

今回もミスリルを施工していますよ!
サブフレームやボディーの強度が上がりますので、さらに剛性感が高くなり
リジカラの効果を増大させる働きがあるんですよね。







d0156040_19353757.jpg


下側のリジカラをはめ込んでボルトを本締めしたら・・・
いつものようにボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。










d0156040_19365036.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定しているポイントですね。







d0156040_19394977.jpg


リア用のリジカラは2種類が4個ずつの合計8ピース!
両側突起と片側突起が1種類ずつになります。

両側突起は突起がかなり短めですね~。
これはサブフレーム上側に使うほうになります。
サブフレーム側にはまる突起はもう少し長くしてくれると助かるんですが・・・
その理由は後ほど・・・








d0156040_19435711.jpg


リアの図解です!
4ヶ所ともに同じ構造になっています。

上側のリジカラはサブフレームの穴とボディーのガイド穴にはまる両側突起。
下側はサブフレーム側のみの片側突起。
ここはガセットプレートが共締めになる構造ですね。







d0156040_19461083.jpg


サブフレーム上側のリジカラです。
フロントと同じようにボディーに貼り付いています。

ここで突起の長さが問題となってくるんです。
突起が短いとサブフレームとボディーの間隔をかなり狭くしないといけないんです。
写真のようにかなり狭いスペースでの作業になっちゃうんですよね。

作業の手順としてはリジカラをサブフレームの穴にはめた状態で上げていき、
これぐらいの間隔になったらボディ側の穴にはめてやるんですよね。
間隔が広すぎるとリジカラをボディー側に移動させた時に、
下向きの突起がサブフレームの穴から外れちゃうんです。
そうなるとまた一からやり直しなんです。

突起が長ければそれだけ広いスペースで作業できるってわけなんです。
装着してしまえば突起の長さは効果には全く関係ないですから、
作業する側のワガママとも言えますがね・・・(笑
でも突起が長いほうが作業の確実性は上がることに間違いありません。









d0156040_20121949.jpg


 部の下側です!
リジカラの突起がサブフレームの穴にはまった状態です。
ここはガセットプレートが共締めになりますが今は付けていません。
4ヶ所の位置出しができて本締めする時に装着します。







d0156040_2015191.jpg


続いて  部の下側です!
こちらもリジカラの突起がサブフレームの穴にはまっています。
ここのプレートはお皿タイプの物で位置出しの邪魔になりませんから同時装着です。









d0156040_20164668.jpg


本締めが終わったらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
ガセットプレートはパイプ形状でしたのでウラ面に塗ってあります。

最後にアライメントを調整して終了です!

この度はお買い上げありがとうございました。



これでやっとこさリジカラウィークエンドのネタが消化できました。
でもまたリジカラ作業がありましたし・・・
ここのところのバタバタの要因であった作業のネタもありますし・・・
早めの更新を心がけないと溜まる一方になっちゃいますね。














d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2014-09-27 20:24 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤祭り!★ミラ・イース★ス... リジカラ装着!★アルト ワークス★ >>