進化剤施工!★デボネア★ATに! ミスリル施工も!!

本日はとっても珍しいクルマをご紹介します!
進化剤&ミスリル施工のネタです!!







デボネア!






d0156040_14565754.jpg


な、なんと初代のデボネアです!
1960年代から20年以上も生産を継続していた

走るシーラカンス!  って呼ばれていたモデルです。

三菱関係の会社のお偉いさん専用車でしたので、
昔はこの辺でもよく見かけたもんですが、最近は街中も走ってないですよね~。

かなりキレイな状態でしたので、オーナーさんの情熱が感じられますね。






d0156040_1532699.jpg


室内も当時のニオイがプンプンしてます!
メーターも円形では無く横長の形状ですし、スイッチも時代を感じさせますね。
ラジオも当時モノでしょうか・・・?

ハンドルは簡単にポキッと折れそうなぐらい細かったです!(笑
しかもバスのハンドルか!ってぐらいの大径ですし・・・

三角窓の無い後期型ですので、意外と年式は新しめなんだそうです。
80年代まで製造していたわけですから、最終型だと私のボロハチよりも新しい!
それでこの内装の雰囲気ですからね~。

まあ、新しいと言ってもすでに30年ぐらい経ってるんですが・・・
初期型だったら50年ってことになっちゃいますね!




で、このお客さんは・・・



d0156040_15163842.jpg


姫路 からのご来店でした!
ネットで検索していてウチがヒットしたようです。
遠方からわざわざありがとうございます。






d0156040_1520111.jpg


まずは進化剤をATに施工しました!

ATは施工量に対してオイル量が多く、濃度が薄めになっちゃうんです。
かといって施工量を増やしすぎるのもマズイんですよね。
なので体感的な効果がわかりにくいんですが、
施工される方々のほとんどが保護目的でされるんです。

今回は年式とかを考慮してやや多めの40ccを注入しました!




続いてショックにミスリルを施工することになったのですが・・・



d0156040_1531239.jpg


フロントの足廻りは昔タイプのダブルウィッシュボーンでした。
ショックがサスの中にスッポリとハマってしまってます。
しかもサスの巻きピッチが細かいんで、このままでは塗ることが出来ません。






d0156040_15331882.jpg


ですのでショックを取り外して施工しました。
このタイプの足廻りはショックがわりと簡単に外せるんですよね。
外した状態ならバッチリ塗ることが出来ますよ!






d0156040_1641261.jpg


リアは装着状態のままで塗ることができました。
と言ってもリフトアップはしてますけどね。
ショックを伸ばした状態にしてやらないと、カバーに隠れた部分に塗れませんからね。


この度はお買い上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-01-23 16:57 | 進化剤 | Comments(0)

<< ミスリル施工!★ロードスター★... ミッドシップ祭り第8弾!★NS... >>