リジカラ装着!★コルトVerR★

本日は久々のリジカラネタです!
ここのところ装着作業は一段落していますね。
相変わらず問い合わせは多いんですけど・・・



で、本日のクルマは・・・






コルトVerR!







d0156040_12321820.jpg


こちらのお客さんは 岩国 からのご来店でした!
ただし、ご自宅は岡山なんだそうです。
仕事の関係で現在は岩国に住んでいるようなんですね。
で、当日は遠路はるばるご来店いただきました。






d0156040_12353415.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定している部分ですね。

珍しく4本のボルトがちゃんと写ってますが・・・





d0156040_12373278.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できますね。







d0156040_1241179.jpg


フロント用のリジカラは3種類で合計8ピース!
両側突起のタイプが1種類で2ピースになっています。
突起の厚みが微妙に違いますね。

片側突起のタイプは突起の大きい物が2ピースと、
小さい物が4ピースの2種類になっています。





d0156040_12441916.jpg


まずは  部の図解です!

上側のリジカラはサブフレームの穴と、
ボディーのガイド穴にハマる両側突起のタイプです。
サブフレーム側の突起のほうが若干厚めの突起になっていますね。

下側はサブフレームの穴にのみハマる片側突起です。
ここの突起はかなりゴツイですね。







d0156040_12473175.jpg


装着中の写真です。
いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
ただ、サブフレーム側の突起が短かったので、
かなりスペースの狭い状態での作業になっちゃいます。
この状態で上下の突起をちゃんとそれぞれの穴にハメておく必要があるんです。

ここがリジカラ作業のミソになりますので、
やりにくくても適当にハメ込むわけにはいきませんからね。






d0156040_12594641.jpg


続いて  部の図解です!

こちらは上下ともに片側突起のタイプを使います。
上側は突起がボディーのガイド穴に、下側はサブフレームにハメ込みます。
どちらも上側に突起が向いた状態ですね。







d0156040_13382.jpg


装着中の写真です!

上下とも片側突起でしたので、
ボディーとサブフレームにそれぞれを貼り付けておけばOK。
比較的ラクな構造ですが・・・
サブフレームのズレ具合によっては下側をハメるのに苦労することもあるんですよね。








d0156040_1364853.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
このタイプはアクスルをボディーに固定する部分2ヶ所に装着するんですが・・・

コルトはここの固定方法が他の車種とは異なる構造なんです。







d0156040_139215.jpg


一般的な構造だとアクスルのブッシュのセンターに穴が開いたカラーがあって、
そこにボルトを通してボディーの鉄板で挟み込むように締め付けます。

コルトの場合はブッシュのセンターにマウントステーが付いているんです。
で、そのステーをボディーに固定する構造になっています。
そのため一般的なタイプだと固定ボルトは左右1本ずつの2ヶ所になりますが、
コルトは片側2本ずつで、合計4ヶ所になるんですよね。






d0156040_13161955.jpg


リア用のリジカラは2種類が4個ずつの合計8ピースになります。
両側突起と片側突起が1種類ずつですね。
全て突起は小さめになってます。






d0156040_13285672.jpg


リアの図解です!

マウントステー上側は両側突起のタイプで、
ボディーのガイド穴とステーの穴にハマる構造になります。
下側はステーの穴のみの片側突起のタイプです。

マウントステーがさほど厚くないので、突起も小さめなんです。
突起が長すぎると上下で突いちゃいますもんね。






d0156040_13404190.jpg


マウントステーの穴です!
ボルト径との差でスキマがあるのがわかりますよね。
このスキマに突起がハマリ込んで埋めてくれるんです。






d0156040_13421097.jpg


ボルトを規定トルクで締めたら装着完了です!
タイプは違いますが、やはりタイヤを接地させての1G締めをします。
リフトアップした状態だとマウントステーがナナメになってますからね。
一般的なトーションビームに比べるとブッシュのネジレへの影響は少ないでしょうが・・・


最後にアライメント調整をして終了です。
トーションビームのリアだけ装着の場合には必要ありませんが、
サブフレームタイプに装着した場合には必須となります。


この度はお買い上げありがとうございました。













d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-02-20 14:28 | リジカラ | Comments(0)

<< 室内LEDイルミ装着!★New... 進化剤施工!★アルファード★ゴ... >>