クランクプーリーが割れた!★JZA70スープラ★タイベル&ウォポン交換も!

スタッドレスから夏タイヤに履き替えようかって時期なのに、
ここ数日はやけに寒いですね~!
ちょっと替えるタイミングを決めづらくなっちゃいますね。




先日、常連のお客さんからTELが・・・

「ベルトがすごく鳴くのでエンジンルームを確認したら、
   クランクプーリーがズレて揺れながら回ってるんですけど・・・」

ご来店いただいてチェックしたところ、どうやらプーリーが割れてるみたいです。(涙
そのままお預かりとなりました。

クルマは・・・







JZA70 スープラ!







d0156040_1830495.jpg


以前にパワステ修理でご紹介したクルマです!
年式もけっこう古くなってきましたし、走行距離も・・・
でも、まだまだ大事に乗っていきたいようなんですよね。
最近のクルマに魅力を感じないんで、買い替えモードにならないんだとか。(笑

ただこれぐらいの年式になるとアチコチにトラブルが出てきます。
古いクルマと付き合っていく上での宿命ですね。

クランクプーリーは交換しますので、当然ながら取り外します。
ならばタイベル交換も一緒にやっておこうかってことに。
2回目の交換時期が目前に迫ってたタイミングでもありましたし、
このエンジンのクランクプーリー取り外しってすごく大変なんです!!








d0156040_18385493.jpg


締付けトルクが 330Nm! 
NSXをも上回るバカみたいなトルクで締まってるんですよ!!

こんな長い延長バーとかを使って緩めます。
それでも簡単には緩んではくれませんけどね。
工具がブッ壊れるんじゃないかってぐらいの力が必要なんです。
なので外したついでにタイベルも! ってなるワケです。

一般的にクランクプーリーはけっこう大トルクで締まってはいますが、
ここまでデカイ締付けトルクのエンジンはほとんど無いでしょうね。
やっかいなエンジンってことで業界では有名です。(笑
某ディーラーの方に聞いたところ、
「ワシもバーを何本折ったかわからんで!」とのことでした・・・








d0156040_185118100.jpg


外したプーリーと新品の比較です!
割れると言っても鉄の部分がパカっと割れるわけではありません。

クランクシャフトに固定されるセンター部分と、
ベルトが掛かるV溝部分の間にゴムが溶着されています。(矢印部)
このゴムが剥がれて分離しちゃうんです。
NSXでもこのトラブルはよくあります。
ですのでNSXのタイベル交換時にはプーリー交換も必須にしています。

スープラのエンジンは直6なのでクランクシャフトも長いです。
長くなるほどネジリや曲げの振動振幅も大きくなります。
そのためプーリーセンター部は根元部分が大径になっていて、
フライホイールのような役目でその振動を抑えているんじゃないかと・・・?
締付けトルクがデカイのもその辺の関係なのかな?

さらにベルトが1本だけなのに、それに多くの補機類が掛かっているんです。
ベルトが掛かるV溝部への負荷も大きいんじゃないかと思われます。
クランクシャフトの振動に加えてベルトからの負荷が大きいもんだから、
ゴム部分の傷みが早いのかもしれませんね。







d0156040_19184962.jpg


チェックしていたら他にもイロイロと・・・
かなりオイル漏れで汚れちゃってますね~。
そのオイルがオルタにも掛かって、まるでブラックオルタみたい。(笑







d0156040_19204156.jpg


下から見るとオイル漏れの形跡がはっきりわかります。

このオイル漏れを発生している部品はオイルポンプなんです。
以前パワステ修理の時にもご紹介しましたが、
このクルマはラジエターファンが、な・な・なんと油圧式!
そのファン用のオイルポンプなんですよね。







d0156040_1925472.jpg


ベルトを外した状態です!
漏れたオイルが周辺にかなり拡散していたようですね。
こりゃあ掃除が大変だ!!(笑


当店ではタイベル交換時にはウォーターポンプの交換も推奨しています。
もちろん今回もと思ったら・・・
なんとファン用のオイルポンプとウォポンが一体型なんです。
で、ASSYでお値段が10万円弱!(涙

しかしオイルポンプはかなりヒドイ状態ですし、
前回のタイベル交換時にウォポンも交換していないようですし・・・







d0156040_19302982.jpg


思い切ってASSYで新品にしました!
いや~、外した物と比べちゃうと・・・(笑

前回のパワステ修理時にファン側に付いてるハイドロリックモーターを交換しました。
そこで今回ポンプを変えておけば当分ファン関係は大丈夫かと。
なんせ、まだまだ乗るつもりですので・・・(笑








d0156040_19343559.jpg


周辺のオイル汚れを洗浄してポンプを装着しました!
全体的にかなりキレイになりましたね~。

タペットカバーのパッキンやカムとクランクのオイルシールも交換してます。








d0156040_1934508.jpg


新品のタイベルを掛けて張り調整をします!
って、オートテンショナーなんで勝手にしてくれるんですけどね。

テンションプーリーとオートテンショナーも新品交換です!!







d0156040_1935344.jpg


クランクプーリーを締め付けます!
もちろん330Nmって大トルクでね!!

延長バーで回り止めをしてやって、デカトルクレンチで・・・
二人がかりでオリャ~~って言いながらでも中々締まりません。
かなり体力を消耗します。(笑








d0156040_19351744.jpg


オルタネーターもリビルト品に交換!
ブラックオルタから普通のオルタに逆戻り!?(笑








d0156040_19353110.jpg


やっぱし新しいパーツだと気持ちいいですね~!
交換前のドロドロとは見た目が大違い!!








d0156040_19354576.jpg


ファンベルトも新品です!
クランクプーリーがズレて回ってたわけですから、
ベルトもかなり傷んでいましたんでね。







d0156040_1936175.jpg


ファンのモーターとポンプを繋ぐホースからも・・・
カシメの部分からオイルが滲んでました。
これも新品にしようと思ったら、生産終了!  

ワンオフ加工でホースを作ってもらいました。
パイプ部分はそのまま流用して、ホース部分を交換します。
ネジのアダプターを溶接して新品ホースを接続する方式ですね。







d0156040_19361629.jpg


ホースをポンプとモーターに接続!
これでファンの油圧関係は当分心配ないことでしょう!!








d0156040_19363376.jpg


取り外した補機類を元に戻して作業終了です。
エンジンを掛けると振動も無く、音も静かになったような気がします。

クランクプーリーが新品になったことで、ダンパー効果がちゃんと働いて
振動をきっちり吸収するようになったのかな?
副産物としてシフトの入りが良くなったそうなんです。
おそらくクランクシャフトが安定して回転するようになったので、
クラッチがしっかりと切れるようになったからでしょうかね?






d0156040_19365069.jpg


今回交換した部品です!
これだけ交換しておけば当分は大丈夫でしょう!!

まあ、全然別の場所でトラブルが出る可能性は高いですが・・・(笑



もう一つオマケで!



d0156040_1937341.jpg


ボンネットダンパーも交換しました!
もう完全に抜けちゃってて、支え棒が必要な状態でしたのでね。
これで作業中にギロチンの刑に会うこともありません。(笑



古いクルマにトラブルは付き物です。
日頃のメンテも重要ですが、時には思い切った大掛かりな作業も・・・
長く乗るためにはどちらも必要になりますね。

当店はスタッフも古いですので、安心しておまかせください!(笑


この度はお買い上げありがとうございました。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-03-05 20:50 | 旧車&プチ旧車 | Comments(0)

<< 進化剤施工!★コルトVerR★... 進化剤施工!★ekワゴン★ R... >>