リジカラ装着!★スイフトスポーツ★

久々のリジカラネタです!
相変わらず問い合わせは多いんですけど、
作業のほうは小休止ってカンジですかね!?




本日のクルマは・・・





ZC31S スイフトスポーツ!







d0156040_17142549.jpg


先日、進化剤の施工でご紹介したクルマです。
これでスイフトスポーツは新旧合わせて5台目の装着になります。
プリウスに比べれば少ないですが、販売台数を考えれば多いほうですかね?







d0156040_17214344.jpg


フロントの装着ポイントは片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所!
一般的なFFタイプのサブフレームですね。
珍しく装着ポイントのボルトがちゃんと写ってますが・・・







d0156040_17234141.jpg


やはりいつもの横からビューは欠かせません!(笑
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できますからね。







d0156040_17252767.jpg


フロント用のリジカラは2種類が4個ずつの合計8ピース!
両側突起と片側突起が1種類ずつですね。

両側突起は上下で突起のゴツさが違いますね。
サブフレームにハマる側のほうがゴツイ突起になってます。







d0156040_17275226.jpg


お馴染みの図解です!
4ヶ所ともに同じ構造になっています。

サブフレーム上側に両側突起で、下側が片側突起ですね。
ただサブフレームにハマる突起がちょっと短めです。
下側のリジカラは短くっても問題ないんですが・・・







d0156040_17303389.jpg


 部の装着中の写真です!

上側のサブフレームにハマる突起が短いと・・・
これぐらいの狭いスペースでの作業になっちゃうんですよね。

リジカラはいつものようにボディーに貼り付いています。
ってことは上向きの突起がガイド穴にハマっている状態なんです。
そして下向きの突起はサブフレームの穴に掛かった状態になっています。

突起が短いんで、クリアランスが広いと上下の突起のどちらかが外れてしまいます。
そのためにこれぐらいまで狭くした状態にしないといけないんです。
せめてもう1cmでも長くしてくれれば作業はラクになるんですけどね~。
っていろんな車種で何度も言ってますが・・・
スプーンさん、よろしく頼のんます!!(笑


今回はミスリルも施工しました!
リジカラ装着ポイント周辺のサブフレームとボディーに施工することで、
強度が高まりますのでリジカラの効果を増大させる働きがあります。
装着作業と同時施工の場合にはお得なオプション価格でやってますよ!!

まあ、オカルト系の施工ですので信じるか信じないかは・・・(笑








d0156040_1741335.jpg


続いて  部の写真です!

こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
同じく突起が短いのでスペースが・・・(笑









d0156040_1743185.jpg


4ヶ所がちゃんとハマった状態になったら規定トルクで締付けます。
最後にボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
これでボルトも強度アップです!?







d0156040_17452451.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
お馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
アクスルをボディーに固定している部分2ヶ所に装着するようになります。







d0156040_17473140.jpg


リア用のリジカラです!
こちらもお馴染みのトーションビーム用の形状です。

スイフトスポーツ用は突起のあるタイプになってます。
このタイプの特徴はそれだけではありません。
サブフレーム用に比べて本体が肉厚になっているんです。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているからなんですよね。
補強することでボルトのトルクがしっかりと掛かるようにしてあるんです。








d0156040_175195.jpg


ボルトとボディーの穴の間にスキマがあるのがわかりますか?
このスキマに先ほどの突起がハマって埋めてくれるんです。









d0156040_17524286.jpg


リアの図解です!

ボルトとボディー穴とのスキマを突起が埋めることで、
ボディーとボルトのセンターがきちんと揃うようになります。
そうするとアクスルも正しい位置で固定されることになるんですよね。
またボルトのトルクが均等に掛かるようになりますし、
補強板の効果もあって締結強度がアップするんです!!






d0156040_18463797.jpg


ボルトを規定トルクで締めたら完了です!
もちろんタイヤを接地させて1G状態で締付けてますよ!!
このタイプのアクスルはリフトアップした状態で締付けるのはご法度なんです。
ブッシュにネジレが発生してちゃんと動かなくなりますからね。

こちらもボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
さらに強度アップを狙います!!

このクルマはリジカラの突起がハマりにくかったです。
ボディーの穴が真円じゃないというか、バリが出ているというか・・・
一部がキツく接触して奥まで入らなかったんですよね。
もちろん加工をしてちゃんとハメてやりましたよ!!

最後にアライメント調整をして完成です。


この度はお買い上げありがとうございました。





じつはこの作業をする前日にスプーンの営業さんが来店されたんです。

「一度お伺いしたいと思っておりましたので・・・」
「東京からわざわざご苦労さまです。」
「何かご要望とかあればおっしゃってください。」
おっと、これは言っとかなきゃ!ってことで・・・
「サブフレーム側の突起をできるだけ長くしてください!
 長いと短いとでは作業効率と確実性がかなり違うと思うんで!!」

って念願の要望を頼んでおきました。

「なるべく対応できるように努力します!」
とのことでしたので期待しないで待つとしましょうかね!?(笑

で、今回のスイフトのリアの件も後日連絡したところ・・・
開発担当者さんによるとZC31Sのリアは個体差が大きいみたいです。
すんなり入るクルマもあれば、キツイのもあるんだとか・・・
メーカーさんもイロイロ情報が欲しいみたいなんで、
今後も事例報告をすることになるでしょうね。
それで製品改良が行われれば、こちらとしても嬉しいですからね。












d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-03-13 19:12 | リジカラ | Comments(0)

<< 遅ればせながら・・・ 真央ちゃ... 進化剤施工!★コルトVerR★... >>