リジカラ装着!★ヴェルファイア★

一昨日、通勤路の桜並木がまだ3分咲きって言いましたが・・・
昨日は休みだったんで、買い物とかに行ったんですが、
なんと近所の公園の桜はすでに満開になってました。
他にも周辺の桜はほとんどが満開状態!

確認のため通勤路の桜並木に行ったら、8分咲きといったところでした。
火曜日はかなり暖かかった暑かったんで、一気に咲いたんでしょうかね?
でもこの桜並木だけ周辺よりも遅い気がします。
そういえばお花見スポットになってる近くの土手もまだ満開じゃありませんでした。
同じ地区でもけっこう誤差があるもんなんですね。
植えられてる桜の種類は同じように見えるんですがね~。




さて、本日は久々のリジカラネタです!


クルマは・・・






ヴェルファイア!






d0156040_1634981.jpg


ミニバンへの装着も久々で、ハイエース以来かな?
あっ、ハイエースはミニバンじゃ無く、モロバンですかね?(笑

他のミニバンもエスティマ・ステップワゴン・デリカD5等に装着しましたが、
ヴェルファイアには初の装着になります。
兄弟車のアルファードを含めてもネ。



で、このお客さんは・・・





d0156040_16105133.jpg


広島 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。
ほんとにリジカラと進化剤は県外からのご来店が多いですね~。
ありがたいことです。








d0156040_16141972.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みの一般的なFFタイプのサブフレーム形状ですね。






d0156040_16162520.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できますからね。







d0156040_16185023.jpg


フロント用のリジカラは2種類が4個ずつの合計8ピース!
片側突起と両側突起のタイプが1種類ずつになっていますね。

エスティマと共用の物になっているんですが・・・
以前装着したエスティマ用からは仕様変更されています。
矢印の部分にご注目ください。

突起の中間部分から角度が変えてありますよね。
この加工を加えることで突起の先端部分が細くなっています。
片側突起のほうも根元から角度が付けてあって先端は細めになってます。

これは作業をする者にとってはとってもありがたい変更です!
何がいいのかと言いますと・・・






d0156040_16252468.jpg


突起がストレートで先端が細くなっていない場合・・・
サブフレームのシナリが大きいクルマだと、
リジカラの突起がサブフレームに接触してボルトが入りにくい場合があるんです。

つまりリジカラの突起が左右で突っ張るようになるんですよね。
図のように片側をハメると反対側がサブフレームに接触しちゃって、
ちゃんとした位置に収まらないんでボルトが入りにくいんです。
そのため装着するのにすごく時間を取られちゃうんですよね。







d0156040_16295979.jpg


角度が2段階になっていると突起の径が細くなりますので、
片側をハメた状態でも反対側が接触することなく収まるようになります。
これならボルトもすんなりと入ってくれるんです。

ボルトを締めこんでいくとサブフレームは突起に沿って上がりますので、
ちゃ~~んと位置出しが出来てセンターが揃うってわけなんです。
ですので作業者にとってはありがたい仕様変更なんです。
作業時間が短くなれば、お客さんにお待ちいただく時間も短くなりますしね。






d0156040_1635385.jpg


と言うことで  部の図解です!

サブフレーム上側に両側突起のタイプを使用します。
上向きの突起がボディーのガイド穴に、下向きの突起がサブフレームの穴にハマリます。
サブフレーム下側は片側突起のタイプですね。







d0156040_1638987.jpg


ここの固定ボルトがサビてました。
特にトヨタ車に多いんですが、サブフレームの穴に水が溜まってるんですよね。
パッキンがあるわけじゃ無いんで水が浸入するのはわかるんですが、
じゃあ何故パッキンが無いのに抜けないで溜まるのかが不思議です??

もちろんサビ落しをしてから作業に掛かりましたよ!






d0156040_16412869.jpg


装着中の写真です!
いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。

この状態っていうのは上向きの突起がボディーのガイド穴にハマっていて、
下向きの突起がサブフレームの穴に掛かった状態なんです。
この時に仕様変更の効果が発揮されるんです。
4ヶ所の位置出しをするのに今までよりも時間が掛からないようになりますので・・・


今回はミスリルも施工してあります!
リジカラ装着部周辺のボディーやサブフレームに塗ることで、
固定部分の締結強度を上げて、リジカラ効果をさらに高めます。
装着作業と同時施工の場合には、お得なオプション価格で施工しています。







d0156040_1652174.jpg


続いて  部の図解です!

基本的な構造は同じですが、ガセットプレートが共締めになります。







d0156040_16532168.jpg


装着中の写真です。
こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いています。

装着途中なんでガセットプレートは装着していません。
4ヶ所の位置出しが出来て本締めする時に装着してやります。







d0156040_16555447.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。
オマケでガセットプレートにも塗っておきました。

これでフロントの作業は終了です。








d0156040_16572268.jpg


続いてリアの装着ポイントです!
こちらもお馴染みのトーションビーム式アクスル!
ボディーへの固定部分2ヶ所へ装着するようになります。







d0156040_16585982.jpg


トーションビーム用はお馴染みの形状ですよね~。
このクルマ用は突起の出ているタイプになっています。









d0156040_1704837.jpg


ボルトとボディーの穴のスキマがわかりますか?
このスキマに先ほどの突起がハマって、ボルトのセンターを出します。








d0156040_1725232.jpg


リアの図解です!

以前エスティマに装着した時はナット側に装着するようになっていたんですが、
ボルト側に装着する構造に変更になっていました。

こちら側には補強プレートがあるのですが、
そこにリジカラを装着することでさらに強度を上げて、
ボルトを確実にセンターで固定すると言うことなんでしょうね。
二重の補強になりますのでトルクがしっかり掛かって締結強度はバッチリです!!








d0156040_1774251.jpg


タイヤを接地させて1G状態で本締めします。
いつも言ってますがここはリフトアップした状態で本締めしてはダメなんです。
ブッシュにネジレが出てリジカラの効果を阻害してしまうからなんです。

トーションビームタイプは作業は比較的簡単なんですが、
このポイントを間違っちゃうと台無しになってしまうんですよね。

もちろんリアもミスリルを施工しています。
補強プレートとボルトの頭も忘れずに!

この度はお買い上げありがとうございました。




先日スプーンの営業さんが来店したって話をしましたよね。

その時にいただいたのが・・・









d0156040_1713767.jpg


リジカラ手拭い!(笑

リジカラマンTシャツに続く、お笑いネタ第2弾かと思いましたが、
なんか最近手拭いが流行ってるらしいですね。
TVのワイドショーでも手拭いを取り上げてたみたいです。
それなりの数をいただきましたので、ご購入いただいた方に差し上げてます。

数に限りがありますので、どうしてもリジカラ手拭いが欲しいって方は、
お早めにお買い上げください!(笑









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-04-02 17:24 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★ZVW30 プリ... 進化剤NT-1施工!★アウディ... >>