リジカラ装着!★N-BOX★

プロ野球は交流戦に入りましたね。
ベイスターズは2カード連続の負け越しで1勝2敗ペース。
やっぱし交流戦にはめっぽう弱い?(笑
2位の巨人が付き合って負けてるもんだから、なんとか首位を守ってますが・・・
まだ4カードも残ってるっていうのにねえ。
貯金が8もあるっていうのが例年とは違う安心材料ではありますが。
なんとか5割ペースぐらいで乗り切ってもらいたいもんです。




さて本日はリジカラのネタです!

クルマは・・・








N-BOX!








d0156040_1713176.jpg


スーパーハイト軽ワゴンへの装着はekスペース以来です。
重心が高いのでシャーシ剛性が上がるメリットは大きいかもしれませんね。








d0156040_1712403.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
見慣れた形状のFFタイプのサブフレームですね。

相変わらず  部はボルトが写ってません。
そんな時は・・・










d0156040_1715151.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できますね。







d0156040_1717358.jpg


フロント用のリジカラは3種類で合計8ピース!
両側突起タイプが4個と片側突起タイプが2個。
そしてザグリワッシャタイプが2個の構成になっています。







d0156040_1720695.jpg


 部の図解です!
サブフレーム上側が両側突起のタイプで、下側が片側突起になってます。
下側の突起はかなり長いですね~。
本当は上側の下向き突起を長くしてもらったほうがありがたいんですが・・・(笑








d0156040_17242324.jpg


装着中の写真です!
いつものように上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
ただ下向きの突起が短いので狭いスペースでの作業が要求されるんです。

まずボルトを抜いた状態で上側のリジカラをサブフレームの穴にハメます。
下側のリジカラの突起の先端を穴に掛けながらボルトを差込みます。
その状態でジャッキでサブフレームを上げていきます。
で、これぐらいの間隔になったところでストップ!
サブフレーム側にハマってた上側のリジカラを持上げて、
上向きの突起をボディーのガイド穴にハメます。

これで上側のリジカラは上下の突起がそれぞれの穴にハマった状態になるんです。
サブフレームの穴にのみハマった状態で最後まで上げてしまうと、
上向きの突起とガイド穴の位置がズレていた場合に突起がツブレちゃうんです。
そのため上下の穴に確実にハメておく必要があるんですよね。
で、4ヶ所を同時にこの状態にするのに苦労させられるんです!

下向きの突起が長いと広めのスペースで作業できますし、
先端が細くなるので位置出し作業もラクなんです。
なので長いほうがありがたいってことになるんですよね~。


今回はミスリル施工もやってます!!
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんです。
同時施工の場合にはお得なオプション価格でやってます!







d0156040_17404189.jpg


続いて  部の図解です!
サブフレーム上側のリジカラは同じ物を使います。
下側はザグリワッシャタイプになってますね。








d0156040_1742976.jpg


こちらも上側のリジカラはボディーに貼り付いています。
別々に紹介していますが、本当は4ヶ所が同時進行の作業になるんです。
4ヶ所の間隔等をチェックしながら慎重に作業を進めます。







d0156040_17452073.jpg


ボルトを規定トルクで本締めしたら、ボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
これもいつものパターンですね!










d0156040_1746461.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

毎度お馴染みのトーションビーム式アクスル!!
ボディーへの固定部分2ヶ所が装着ポイントになります。








d0156040_1748366.jpg


こちらも見慣れた形状のリア用リジカラ!
突起の出た一番オーソドックスな形状になっています。









d0156040_1750377.jpg


装着部の写真です!

黄色い矢印の白っぽい部分がスキマです。
ボディーの穴径とボルトの径が違うのでスキマが出来ちゃうんですよね。
緑の矢印は元々ボルトが固定されていた痕です。
ボディーの穴とは偏芯して締められていたのがよくわかります。







d0156040_17533720.jpg


リアの図解です!

リジカラの突起が先ほどのスキマにハマるようになります。
それによりボルトがセンターに位置出しされますので、
アクスルが正しい位置で固定されることになるんですよね。

さらにこのタイプのリジカラは、
ボディーとボルトのフランジに挟まれる部分が肉厚になっているんです。
これは補強板の働きを持たせることで、
ボルトにしっかりとトルクが掛かり締結強度をアップさせるんです。







d0156040_17582983.jpg


ボルトを仮締めしたらタイヤを付けてリフトを降ろします。
クルマを前後させて足廻りを落ち着かせてから本締めをします。
この作業を1G締めと呼びます。

アクスルに車重をかけることでブッシュが正しい角度になるんです。
その状態で本締めしないといけないんですよね。
リフトアップした状態で締めてしまうと、
クルマを降ろした時にブッシュにネジレが出てしまうんです。
そうなるとせっかくのリジカラ効果も台無しですから・・・

最後にボルトの頭にもミスリルを塗って完了です!


今回はフロントも装着したので、アライメント調整もやりました。
じつは先日リジカラ装着100台達成したことで、キャンペーンを始めたんです。
HPのほうでは告知してあるんですが、ブログでは紹介していませんでしたね。
詳しい内容はコチラでご確認ください! 


d0156040_1863496.gif


N-BOXは初装着車種でしたのでキャンペーンの対象でした!
最初の1台だけが対象ですので、ご検討中の方はお急ぎください!!(笑


この度はお買い上げありがとうございました。

















d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-05-31 18:17 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★ゴルフ5 R32... 進化剤施工!★カローラ・ランク... >>