リジカラ装着!★コペン★ボディーダンパーも!!

最近リジカラの問い合わせ&装着が増えてきました。
一時期ややペースが落ちていたんですが・・・
やはり良い物は選ばれ続けるってことなんでしょうかね。

現在、当店ではリジカラ100台突破記念のキャンペーンをやってます。

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html



今回キャンペーンの対象となったクルマが・・・






コペン!









d0156040_18424387.jpg


前モデルのコペンです!
丸目のデザインを踏襲した新型車も発売になりましたね。
やはりこの雰囲気のほうがコペンらしくて良いんでしょうか?

最近オーナーさんは腰痛に悩まされているそうなんです。
そのため乗り心地改善を狙ってのリジカラ投入です。








d0156040_18455879.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

見慣れたFFタイプのサブフレームではありませんね。
2リッタークラス以上に良く採用されている四角形タイプになっています。
コペンはオープンなんでシャーシの剛性に気を使っているんでしょうね。
補強のラダーなんかもかなり装着されていますし・・・








d0156040_18491988.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類で10ピースの構成になっていますが、使用するのは8ピースです。
黄色と緑色のシールがはってあるリジカラをどちらか選択します。
サブフレームの穴径に合わせて選ぶんですね。

年式によってサブフレームが変更されている場合があったり、
エッセやムーヴと共通の設定になっているからだと思われます。
今回は説明書通りの組合せにならないという事態が発生しましたが、
その程度のことなら何の問題も無く対応できますからご安心ください!
なんせ過去の実績を積み上げていますんで!!








d0156040_1856387.jpg


まずは  部の図解です!
ここの上側がイレギュラーポイントでした。
上側にリジカラ1を使うよう指示されていましたが、穴径が小さくてハマりませんでした。
前期・後期とかでサブフレームが変更になっているのかもしれませんね。

突起の小さいリジカラ3を使用しましたが、それでもキツイ・・・
若干の加工を施して無事にハメこむことができました。









d0156040_191624.jpg


装着中の写真です。
上側のリジカラはサブフレームの穴にハマっているので写っていません。
この上側はカメラが入るスペースが無かったんですよね。








d0156040_193796.jpg


続いて  部の図解です!
本来ならここの上側がリジカラ1とリジカラ3を選択するポイントでした。
こちらは穴径が大きかったのでリジカラ1を使用しました。

どちらのポイントも下側は支持通りのリジカラが使用できましたよ。









d0156040_1972414.jpg


装着中の写真です!
上側のリジカラは両側突起のタイプでしたので、いつものようにボディーに貼り付いています。
この状態で上向きの突起がボディーのガイド穴にハマっています。
そして下向きの突起のテーパー部がサブフレームの穴に掛かっていますので、
このままサブフレームを上げていけば自然と位置出しが出来るんです。
じつはこの状態にするのにけっこう時間を取られちゃうんですよね。
まあ、最近は慣れてきましたんで、だいぶ早くなりましたが・・・
それでも時々泣きそうになるほど苦労させられることがありますけどね。(笑


今回もミスリル施工をしています。
装着部周辺に塗ることで、サブフレームやボディーの強度が上がります。
リジカラの効果を増大させる働きがあるんですよね。







d0156040_19125736.jpg


本締めをしたらいつものようにボルトの頭にもミスリルを塗ります。
ボルト自体の強度アップを狙ってます!








d0156040_19153470.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
毎度お馴染みのトーションビーム式アクスルですね。
ボディーに固定しているポイント2ヶ所に装着してやります。







d0156040_19242045.jpg


リア用のリジカラです!
こちらもお馴染みの形状ですが、本体部分が段付きのタイプになっています。
この理由はまた後ほど・・・









d0156040_19264345.jpg


ボルトとボディーの穴径に差があるのでスキマが出来ています。(黄矢印部)
このスキマに先ほどの突起がハマるようになります。

装着部周辺のボディー鉄板が若干窪んだ形状をしています。
そのためリジカラ本体のボディーに接触する部分は径を小さめにしてあるんです。
このボルトにはワッシャが付いていますよね。
基本的にはこのワッシャは取り外して装着するのですが・・・

リジカラ自体が数車種で兼用の設定になっているんです。
そのため車種によってはワッシャが外せない場合もあるようなんです。
なのでボルト側はワッシャもかわす寸法に径を大きくしてあるんですよね。







d0156040_19333985.jpg


リアの図解です!
突起がスキマを埋めることでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
そうすることでトーションビームは正しい位置で固定されることになるんです。

またボルトのフランジ部とボディーに挟まれる部分は肉厚になっており、
ボディーの補強板の役目を兼ねているんです。
ワッシャを取り外したほうがより肉厚の部分を押さえることになりますので、
締め付けトルクがしっかりと掛かって締結強度はGOODですね。









d0156040_19382460.jpg


ボルトを本締めしたらミスリルも忘れずに!

いつも言ってますがここはタイヤを接地させて1G状態で本締めします。
リフトアップした時はトーションビームは後が下がっています。
この状態で締めてしまうとブッシュが後ろ向きに回転した状態で固定されます。
で、クルマを降ろすと今度は前向きのネジレがブッシュに発生します。
その状態でクルマが沈み込むとさらにネジレが強くなってしまうんですよね。

これじゃあせっかくのリジカラも台無しです。
なので1G本締めは絶対に外せないポイントなんです!







d0156040_1944139.jpg


ボディーダンパーも装着しました。
こちらも乗り心地改善には定評のあるパーツです。
リジカラとの相乗効果も見込めるかもしれませんね。

コペンの場合は内張りの加工が必要になります。
まあ、この程度なら難なくできますけどね。



さっそくインプレッションをいただきました。


当方、60を過ぎて腰痛に悩まされるようになりましたが、
リジカラ+ボディダンパーの装着をしていただいた事でかなり緩和されるのではないかと思います。
装着後、時々通るガタガタ道をわざと通ってみました所、
いつもと違い体感的にも相当衝撃が和らいだのが感じられました。
かと言って、フワフワ感はなくリジカラのおかげでシャキッとした走りになりました。

それから、恥ずかしながら今まで知らなかったのですが、アライメントの重要さを初めて知りました。
と言うのが、ハンドルの歪みが直っているではありませんか!
この2年間は何だったのか!という思いです。




効果が体感いただけたようで良かったです。

この度はお買い上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-06-27 20:12 | リジカラ | Comments(0)

<< リジカラ装着!★デミオ★新型です!! 進化剤施工!★アクセラ・スポー... >>