リジカラ装着!★クラウン★進化剤&ミスリルも!!

現在当店では・・・

リジカラフェア開催中! 

*アライメント調整が特別料金! 

*ミスリル施工サービス! 

*リジカラTシャツプレゼント! 

というお得な特典をご用意しています。
Tシャツは数に限りがありますので、早い者勝ちですよ!!
また、デザイン・サイズはご希望に沿えない場合がありますのでご了承ください。


本日はリジカラ&進化剤&ミスリルのネタです!
リジカラを装着される方は進化剤にも興味津々の場合が多いです。
その逆のパターンもこれまた多いんです。
リジカラと進化剤はリンクしているんですかね~?(笑





本日のクルマは・・・





GRS200 クラウン!








d0156040_1201466.jpg


200系クラウンへのリジカラ装着はこれで3台目ですね!
高級車でもリジカラは効果を発揮しますから!!



で、このお客さんは、ってよくあるパターンですが・・・





d0156040_1224778.jpg


宝塚 からのご来店でした!
ご本人は「兵庫って言っても、ほとんど大阪ですけどね。」ってことでした。
遠方からわざわざありがとうございます。









d0156040_125978.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

FR車ですのでクロスメンバータイプのフレームになっています。
レクサスIS300hも同形状のサブフレームでしたね。
トヨタの高級車はこの方式になっているんでしょう。







d0156040_128027.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきり確認できますね。

B 部はロアアームのブラケットが共締めされています。
さらにガセットプレートも・・・








d0156040_12101271.jpg


フロント用のリジカラは4種類が2個ずつの合計8ピース!
両側突起タイプと片側突起タイプが2種類ずつになっています。

リジカラ1 は2分割の中割りタイプです。
なぜこの構造なのかは後ほど説明しますね。
他のリジカラはけっこうゴツめです。
でもゴツイってことはそれだけ穴が大きいってことになるので、
良いことなのかどうかは微妙ですが・・・(笑








d0156040_12144857.jpg


 部の図解です!
ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造です。
そのため上側にハメるリジカラは、
スタッドボルトを外さなくても装着できるように2分割になっていたんですよ。
下側は一般的な片側突起です。








d0156040_12185038.jpg


上側のリジカラはボディーに貼り付いてはいません。
スタッドボルトは動きませんので、位置がズレる心配が無いんです。
そのためサブフレームの穴にハメておけばいいんですよね。

ただサブフレームを上げていく過程で、
リジカラが穴から外れて浮いてしまう場合があるんです。
そのため密着する寸前でジャッキを止めて確認する必要があります。
密着寸前ですからスペースが狭く、けっこう苦労します。
でも広い状態の時に確認しても意味がありませんからね!

ミスリルも施工していますよ!
フェアの特典でサービスになっていますからね。
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあるんですよ!!
相変わらずアルミの地肌にシルバー塗装は塗ってる場所がわかりにくいですが・・・(笑









d0156040_12251526.jpg


続いては  部の図解です!
ここはサブフレームとロアアームのブラケットが共締めになっています。
レクサスIS300hも同じ構造でしたね。

サブフレーム上側のリジカラは両側突起のタイプです。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマり、
下向きの突起がサブフレームの穴にハマってセンターを出す方式です。

下側のリジカラはブラケットの穴側だけの片側突起です。
レクサスの場合はサブフレームとブラケットの間にも、
両側突起のタイプが追加される方式でした。
ただピース数が増えるのでお値段のほうも・・・(笑







d0156040_12304256.jpg


ここはいつものように上側のリジカラがボディーに貼り付いています。
上向きの突起がボディーのガイド穴にハマった状態ですね。
下向きの突起もサブフレームの穴に掛かっている状態ですので、
サブフレームを上げていけば突起のテーパーに沿って自然と位置が出るんです。

位置出しが出来たらガセットプレートも共締めします。






d0156040_12351270.jpg


本締めが終わったらボルトの頭&ナットにもミスリルをヌリヌリ。
ガセットプレートはボックス形状でしたので裏面に塗っておきました。








d0156040_12364795.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!
こちらも片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定している部分ですね。







d0156040_12384126.jpg


リア用のリジカラです!
こちらも4種類が2個ずつの合計8ピース!

片側突起のタイプが2種類と両側突起のタイプが1種類。
そしてカリ付ワッシャタイプが1種類になってます。
このタイプがあるってことは・・・
それはまた後ほど。








d0156040_12493179.jpg


 部の図解です!
片側突起のリジカラがサブフレームの上下にハマる方式です。
ここもガセットプレートが共締めされています。






d0156040_12514784.jpg


ここは上下を同時に写せませんでしたので、まずは上から!
カメラが入りにくかったんですが、なんとか・・・

リジカラの突起がサブフレームの穴にハマった状態です。







d0156040_12512993.jpg


続いて下側です!
こちらも突起がサブフレームの穴にハマった状態です。

ガセットプレートを付けてしまうとリジカラが見えなくなりますので、その前にパチリ。






d0156040_1256654.jpg


続いて  部の図解です!

ここはボディーから位置出し用のチ〇コ突起が出ている構造です。
(下品ですいません。(笑)
その突起の根元にカリ付ワッシャタイプがハマります。

下側のプレートはガセットプレートではなく、大径のワッシャといったカンジの物です。
このワッシャの穴にもリジカラの突起がハマる方式になってます。







d0156040_1303655.jpg


まずは上側の写真です!
ちょっとリジカラが見えにくいですが・・・

以前はカリの無いワッシャタイプの構造でしたので、ボディーに貼り付けてました。
新型の物はカリをサブフレームの穴にハメ込んでおく必要があります。
穴の回りにはブッシュがあるので見えにくいんですよね。






d0156040_134471.jpg


下側のリジカラもサブフレームの穴にハマった状態です。






d0156040_1344955.jpg


でワッシャを当てがうと・・・
リジカラの突起がワッシャの穴にも掛かっているのがわかりますかね?
突起が小さいんで見えにくいですが・・・







d0156040_1362875.jpg


本締め後はボルトの頭にもミスリルを塗ってます。

A部のガセットプレートがボックス形状だったので裏面に塗りました。
なのでここのワッシャも合わせて裏面に塗ってます。








d0156040_1381367.jpg


エンジンに進化剤も施工しました!
オイル容量が多いので150cc注入しました。

あれっ?さっきより車高が低くないですか??
じつは持込みで車高調の取り付けもやったんです。
なので車高が低くなってて当然なんです。(笑







d0156040_13102675.jpg


ブレーキキャリパーにミスリルも施工しました。
こちらはフロントです。

リジカラ装着に車高調取り付け、アライメント調整、進化剤。
時間的にミスリル施工までは厳しいかも?
ってオーナーさんとは話してたんですが何とかセーフ。
なんせ県外の方なもんですから、時間内に出来るだけがんばってみました。(笑







d0156040_1314258.jpg


こちらがリアです。
クルマが当たらしかったんでサビ落としは不要でした。

車高調も写ってますね。




この度はお買い上げありがとうございました。










d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-07-23 09:10 | リジカラ | Comments(0)

<< 夏季休業のお知らせ! 進化剤施工!★オデッセイ★アイ... >>