リジカラ装着!★デミオ★新型2台目です!!

リジカラフェアでたくさんの方々にお買い上げいただいたおかげで、
ネタがドンドン溜まっちゃってます!(笑
さらに今日も1台装着しましたし、明日も1台予定に入ってます!
溜まる一方の状況に・・・
なるべく早めに更新できるようにがんばります!!



本日のクルマは・・・





DJ5 デミオ!







d0156040_18194680.jpg


新型のデミオへの装着は2台目となります。
残念ながら初装着車キャンペーンにはタッチの差で・・・(笑





で、このお客さんは・・・



d0156040_18213231.jpg


姫路 からのご来店なんです!

ほんとにリジカラと進化剤は県外からの方が多いです。
遠方からわざわざご来店していただけるのはありがたいことですね。






d0156040_182551.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

一般的なFFタイプと四角形を組み合わせた形状のサブフレームです。
強度的にはけっこう高い構造だと思います。





d0156040_18283867.jpg


最近のマツダ車の特徴であるクリップ!
アンダーカバーを外すのにこれだけのクリップ&ボルトを外さないといけないんです。
これってコストダウンになっていないような気がするんですが・・・(笑






d0156040_1831447.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計12ピースの構成です。
全て片側突起タイプですが、突起のゴツさが異なっていますね。





d0156040_18334773.jpg


まずは  部の図解です!

ここはサブフレームの肉厚が薄いので突起の小さいのを使います。
上側がボディーのガイド穴に、下側がサブフレームの穴にハマります。
下側は突起の径が少しだけ大きい物になっています。





d0156040_19224810.jpg


装着中の写真です!
どちらも上側に貼り付いています。
突起が上向きにしかありませんので、これで穴にハマった状態です。

ミスリルも施工してますよ!!
リジカラフェアの特典でサービス施工ですんでね。






d0156040_19225734.jpg


続いて  部の図解です!

ここも肉厚が薄いので、基本的には同じ方式です。
ただし、こちらは上下ともに同じサイズの突起のリジカラを使います。






d0156040_19231021.jpg


同じく上下ともに上側に貼り付いています!






d0156040_19232137.jpg


続いて  部の図解です!

ここは少し変わった構造になっています。
サブフレームの中にロアアームが入っており、固定ボルトが兼用になっています。
そのためリジカラの突起は上下ともにけっこうゴツめで、
サブフレームだけでなくロアアームブッシュのカラーにも掛かるようになります。
これによりロアアームも正しい位置に矯正されるんですよね。






d0156040_19233332.jpg


ここは上下同時に写真が撮れなかったので、まずは上から!
サブフレームとブッシュのカラーに突起がハマった状態です。

ロアアームの位置がサブフレームの穴とズレていたため、
奥までハメ込むにはロアアームを動かしてやる必要がありました。
これでロアアームの位置もバッチリです。





d0156040_19234474.jpg


こちらは下側です!
ロアアームを動かしましたので、奥までちゃんとハマってます!!






d0156040_19235559.jpg


本締めしたらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
補強プレートにもオマケで塗りました。

ここはロアアームが共締めのため、タイヤを接地させて1G状態で本締めします。
リフトアップした状態で締めちゃうと、ブッシュにヨジレが出ちゃうんです。
そうなるとせっかくのリジカラが台無しですからね。
この作業は重要なポイントなんです!!





d0156040_1924832.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部2ヶ所が装着ポイントになります。





d0156040_19241889.jpg


こちらもお馴染みのトーションビーム用のリジカラです!

突起があってザグリワッシャの形状は通常と同じなんですが、
本体の径がかなりデカイ物になっていますね~。





d0156040_19243018.jpg


ボルトに付いているワッシャの径がかなり大きめです!
なのでリジカラの径がかなりデカかったんですね。

矢印部分のスキマがわかりますかね?
ボディーの穴とボルトの径に差があるため、このスキマが出来ちゃうんです。
先ほどの突起がこのスキマにハマります。






d0156040_19244176.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマることで、ボルトとボディーの穴のセンターが揃います。
これによりブッシュが正しい位置で固定されることになります。
また、ボディーとボルトの頭(ワッシャ)に挟まれる部分は、
フロント用とかに比べて肉厚に作られています。
ボディーの補強板の役目も兼ねているからなんです。
接触部の強度が上がることで、ボルトの締付けトルクがしっかりと掛かり、
締結強度がアップするんですよね。






d0156040_19245298.jpg


こちらも本締め後はボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ。

当然、ここも1G締めが必要です!!
ブッシュを固定する部分では必須の作業になりますね。
これを怠ると百害あって一利無し!!!
リジカラを装着したのに乗り心地が悪化しちゃうこともありますので・・・



この度はお買い上げありがとうございました。


ドンドン溜まるリジカラネタの数に、最近はプレッシャーを感じてます。(笑









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-08-20 19:08 | リジカラ | Comments(0)

<< リジカラ装着!★スバル レヴォーグ★ ミスリル施工!★シビックTyp... >>