リジカラ装着!★ロードスター★進化剤も!!

台風で沖縄や九州地方ではけっこうな被害が出ているみたいですが・・・
この辺りには大した影響もなく通り過ぎちゃいましたね。
さすがは晴れの国!
でも油断してるとたまにお仕置きされてしまいますが・・・(笑
ウチの実家も以前に床上1mほどの浸水被害に遭ったのですが、
もう10年以上も経ったんだな~と思い返してます。



さて本日はリジカラのネタです。
たっぷり溜まってますんで、早めにアップしないとね。







NB6C ロードスター!







d0156040_16534280.jpg


先日ZOMA&エアコン進化剤でご紹介したクルマです。
やはり進化剤とリジカラはリンクしているようです。(笑

この型のロードスターは当店では初装着となります!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。






d0156040_16584971.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側4ヶ所ずつの合計8ヶ所になります。

FR車ですからエンジンは縦置きです。
なのでサブフレームは基本的には先日のレヴォーグ同様クロスメンバー形状ですが、
左右の部分を後方に伸ばしたような形状になっていますね。

ロアアームがAアーム形状なので、その固定をするためなんですよね。
そのおかげでサブフレームの強度は高そうです。
オープンカーなのでシャーシの強度には気を使っているんでしょう。







d0156040_1743461.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントのボルトがはっきり確認できますね。
(B部のボルトは見えにくいですが・・・)






d0156040_1783260.jpg


ロードスター用のリジカラは前後セットの設定になっています。

4種類で合計14ピースです。
両側突起タイプが2種類で6ピース、片側突起タイプが2種類で8ピースの構成です。
そのうち2種類は中割れの2分割タイプですね。

このタイプがあるってことは・・・






d0156040_17122273.jpg


まずはフロントの  部の図解です!

ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造です。
スタッドボルトを外さなくても装着できるように2分割になっているんですよね。
ここには両側突起のタイプを使います。
サブフレームの穴とボディーのガイド穴にハマる方式ですね。

サブフレームは鉄板のプレス品を貼りあわせた物なので肉厚が薄いんです。
そのためリジカラの突起も小さめですね。







d0156040_17174168.jpg


装着中の写真です!

サブフレームの穴にハメ込んだ状態です。
スタッドボルトはグラグラ動きませんので、上側に貼り付けておく必要が無いんです。
このままサブフレームを上げていって、
密着する寸前に上側の穴にもハマっていることを確認すればOKなんです。
って言っても密着する寸前ですから、かなり狭いスペースでの作業になりますが・・・


今回もミスリル施工をしてますよ!
リジカラ装着部周辺に塗ることで、
サブフレームやボディーの強度が上がりってリジカラ効果が高まるんです!!






d0156040_1723487.jpg


続いては B 部の図解です!

ここはスタッドボルトではなく、普通のボルトです。
両側突起がサブフレームの穴とボディーのガイド穴にハマる方式です。
やはり肉厚が薄いので突起は小さめになってます。
下向きの突起は先ほどよりはやや大きめにはなっていますが・・・







d0156040_1727464.jpg


装着中の写真です!

いつものようにリジカラがボディーに貼り付いています。
突起が短かったのでこれぐらいの狭いスペースでの作業が強いられます。
けっこうやりにくいんですよね~。
でも肉厚が薄い部分なんで突起を長くすることは出来ないんですが・・・(笑






d0156040_17303934.jpg


続いて  部の図解です!

ここは片側突起がサブフレームの穴にハマる方式です。
やはりここも肉厚が薄いので、突起は小さめです。






d0156040_17324725.jpg


片側突起なのでサブフレームにハメ込んでおくだけでOKですから、
作業は比較的簡単なほうになりますね。

ここはカメラが入るスペースが無くて写真が撮れませんでした。
サブフレームの穴から覗いている突起がわかりますかね?
ボルトもリジカラもグリス色なんでわからないかな~??(笑





d0156040_17364347.jpg


本締め後はいつものようにボルトの頭にミスリルをヌリヌリ。
ここはスタッドボルトですので、ナットとボルトの先端に塗ってます。







d0156040_17382638.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。
サブフレームをボディーに固定している部分ですね。






d0156040_173957100.jpg


こちらも横からビューで!

前後両端部はスタッドボルトで、真ん中が普通のボルトになっていますね。





d0156040_1742338.jpg


まずは  部の図解です!

ここはボディーからスタッドボルトが出ている構造ですので、
中割りの2分割タイプを使うようになります。
突起はサブフレーム側だけの片側突起になってます。
リアも鉄板のプレス品を貼りあわせた肉厚の薄い構造ですね。
そのため突起は小さめです。





d0156040_17525936.jpg


片側突起なのでサブフレームの穴にハメ込んでおけばOK!
ただし2分割タイプはサブフレームを上げていく過程で、
ズレて浮いちゃうことがあるんですよね。
そのため密着する寸前で止めてズレ確認をする必要があります。

これが狭いスペースなんでけっこう大変!
しかも最近は老眼で暗いところが見えにくいもんだから・・・(笑






d0156040_175838.jpg


続いて  部の図解です!

ここはスタッドではなく普通のボルトです。
サブフレームの穴にのみハマる片側突起のタイプを使います。
やはり肉厚が薄いので突起は小さめです。






d0156040_183686.jpg


ここも片側突起なのでサブフレームにハメ込んでます。
2分割タイプに比べるとズレにくいんですが、一応密着寸前で止めて確認します。
どうせA部を確認するのに一旦止めますからね。
サブフレームは一体で上がっていきますから・・・





d0156040_1874229.jpg


こちらも本締め後はナット&スタッドの先端にミスリルをヌリヌリ。
もちろん真ん中のボルトの頭にも塗ってますよ!





で、最後の仕上げに!
って何の仕上げぢゃ? といういつものフレーズで・・・





d0156040_18104619.jpg


MTに進化剤を施工しました!
今回はオイル交換も一緒にやりました。
以前にエンジンには2回施工済みなんですが、MTも2回目の施工になります。






d0156040_18165745.jpg


デフも2回目の施工です!
こちらもオイル交換と一緒に!!


この度はお買い上げありがとうございました。



リジカラのネタはまだまだ溜まってます。
さらに装着待ちも3台ほど・・・
早めにアップできるようがんばります!

最近一般の作業ネタを全然アップできてませんね。
こっちも眠ってるネタがけっこうあるんですが・・・











d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-08-25 18:28 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★プレミオ★コルト... RECS施工!★ステップワゴン... >>