リジカラ装着!★新型 デミオ★リアのみ!!

さて、本日はリジカラのネタです!


クルマは・・・







DJ5 デミオ!









d0156040_10353131.jpg


この型のデミオへの装着は3台目になりますね。

ただ、今回はリアのみの装着となります。








d0156040_10375752.jpg


毎度お馴染みのトーションビーム式アクスルです!
コンパクトカーやKカーなどのFF車ではほとんどのクルマが、
この方式をリアアクスルに採用していますね。
(このクルマは4WDですが・・・)
フロントのFFタイプサブフレームと同じく国際的なスタンダードになっています。

このタイプのアクスルの場合はボディーへの固定箇所に装着します。
そのため片側1ヶ所ずつの合計2ヶ所になります。






d0156040_1042822.jpg


こちらもお馴染みのトーションビーム用リジカラ!
突起のあるスタンダードな形状になっていますが、全体の径はやや大きめです。








d0156040_1043534.jpg


ボルトの径とボディーの穴径に差があるため、
スキマが出来てしまっています。(緑の矢印部分です。)

このスキマに先ほどの突起がハマリ込むんです。
本体の径が大きかったのは、この大径のワッシャをかわすためなんです。







d0156040_10512625.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマリ込むことでボルトとボディー穴のセンターが揃います。
これによりブッシュも正しい位置で固定されることになります。

また、ボルトのフランジ部とボディーに挟まれる部分は肉厚に造られています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
ボルトの締め付けトルクがしっかり掛かって締結強度がアップします。







d0156040_1057879.jpg


いつものように本締めは1G状態で行います。

まずタイヤを付けてクルマをリフトから降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
そのまま車重の掛かった状態で本締めをしないといけないんです。

リフトアップした状態っていうのは、
トーションビームの後方部が下に下がっている状態になっています。
この時支点であるブッシュは後方向に回転していることになります。
クルマをリフトから降ろすとトーションビーム後方部は上に上がってきます。
リフトアップした状態で締めてしまっていると、
この時点でブッシュに前回転のヨジレが発生してしまうんです。

そうなるとブッシュの動きを阻害してしまうことになりますので、
せっかくのリジカラ効果が台無しになっちゃうんですよね。
簡単なことなんですが大事なポイントなんです。


トーションビームタイプのリアだけ装着っていうのは、
リジカラ効果を体感するお試しにピッタリなんです。
2ピースだけですから商品代金も安いですし、
作業も比較的簡単ですから工賃もお安くなっています。
さらにアライメント調整も不要ですから、とってもリーズナブル!
(調整しようにも調整機能がありませんから・・・)

リジカラ装着を検討しているけど・・・
っていう方はゼヒお試しください!

サブフレームタイプのリアだけっていうのはお試しになりませんが・・・(笑









d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2015-10-17 11:13 | リジカラ | Comments(0)

<< ミスリル施工!★VW ポロGTI★ ミスリル&NT-1施工!★VW... >>