リジカラ装着!★ノート★ ミスリル施工も!!

現在、当店では・・・

2月末までリジカラフェアを開催中! 

いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!


おかげさまで多くのご注文をいただいています。
じつは12月にフライングでフェアの特典を適用していたんです。
なのでリジカラ作業が年末から目白押しになってまして・・・
ネタもたんまりと溜まってます。(笑

早めにご紹介していかないとドンドン溜まる一方ですね。


というわけで本日のクルマは・・・








ノート!









d0156040_16494711.jpg


この型のノートは当店では初装着ですね!

ってことは・・・

リジカラ装着100台突破記念キャンペーンの・・・

当店で初装着の車種は
アライメント調整が半額!
 


詳しくはコチラで→ http://www.auto-r.com/rijikara/option/hatu.html


適用されるのは最初の1台のみですので、対象車種の方はお早めにどうぞ。
フェアの特典でアライメント調整が特別料金になっていますが、
半額のほうが安いので対象車はこちらを適用させていただいています。



で、このお客さんは・・・っていういつものパターンで!







d0156040_16542681.jpg


大阪 からのご来店でした!
本当にリジカラは県外からのお客さんが多いです。
遠方からわざわざありがとうございます。







d0156040_16563931.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側2ヶ所ずつの合計4ヶ所になります。

お馴染みのFFタイプのサブフレームですね。
この構造は国際的なスタンダードになっていますからね~。







d0156040_16585587.jpg


いつもの横からビューです!
この角度からだと装着ポイントがはっきりと確認できますね。







d0156040_16595499.jpg


フロント用のリジカラです!
4種類が2個ずつの合計8ピースです。

両側突起タイプが1種類と、片側突起タイプが2種類、
ザグリワッシャタイプが1種類の構成になっていますね。
片側突起タイプは突起の長さが異なっています。






d0156040_1753951.jpg


まずは  部の図解です!

ここは鉄板をプレスしただけの薄い構造ですので、
突起の短いリジカラを使うようになります。
下側はザグリワッシャを使います。








d0156040_1784876.jpg


装着中の写真です!

突起が短いので狭いスペースでの作業が要求されます。
まずサブフレームの穴にに突起をハメ込んでおくんですが、
突起が短いためにサブフレームを上げる過程でズレることがあるんです。
そのため密着する寸前の状態でちゃんとハマっているかを確認します。

もしズレていたらこの狭いスペースでハメなくてはいけないんですよね。
まあ、ここは構造上突起を長くすることは出来ないんで仕方ありませんが・・・


もちろんフェアの特典でサービスのミスリルも施工していますよ!
装着部周辺に塗ることでサブフレームやボディーの剛性が上がるので、
リジカラ効果をさらに高めてくれる働きがあります!!








d0156040_1713561.jpg


続いて  部の図解です!

ここはサブフレームの固定ボルトが、
ロアアームの固定ボルトも兼用しています。
そのためリジカラの突起はサブフレームの穴だけでなく、
ブッシュのインナーカラーにも掛かるような方式になりますね。

上向きの突起はボディーのガイド穴にハマって位置出しをするようになっていますので、
これによりロアアームブッシュの固定位置も補正されることになります。








d0156040_17211429.jpg


いつものようにボディーに貼り付いています。
この状態っていうのは上向きの突起がボディーのガイド穴にハマっている状態です。

ボディー側の突起は華奢な場合が多いんで、
ズレたままボルトを締めてしまうと簡単にツブレてしまうんですよね。
そのためちゃんとハメておく必要があるんです。

そしてこの方法にはもう1つの理由が・・・
サブフレーム側の突起は長めの構造になっています。
突起が長いということは先端が細めになっているということなんです。

このスペースでリジカラをボディーにハメ込むと
サブフレーム側は突起の細い部分が掛かることになりますから、
他の箇所のリジカラもハマリやすくなるんですよね。









d0156040_17323944.jpg


下側のリジカラもハメ込んでボルトを本締めします。
ただしここはブッシュが共締めですのでそのまま締めてはいけません。
ブッシュに車重を掛けた1G締めが必要なんです。

タイヤを付けてクルマを降ろします。
一旦リフトから出してクルマを前後させブッシュを落ち着かせます。
再度リフトに入れてから本締めします。
もちろんタイヤを接地させたままのリフトアップが必要になりますので、
ドライブオンリフトじゃないとこの作業はできませんけどね。

本締めが終わったらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!








d0156040_1739695.jpg


続いてリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着するようになります。










d0156040_17403597.jpg


ボルトの径とボディーの穴径に差があるのでスキマが出来ています。
矢印部分のスキマがわかりますかね?








d0156040_1742284.jpg


リア用のリジカラです!

こちらもお馴染みのトーションビーム用の形状ですね。
センター部分に突起のあるオーソドックスなタイプになっています。
この突起が先ほどのスキマにハマって埋めてくれるんです。








d0156040_17435721.jpg


リアの図解です!

突起がスキマにハマることでボディー穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュも正しい位置で固定されることになります。

また、ボルトのフランジとボディーに挟まれる部分は肉厚になっています。
ボディーの補強板の役目も兼ねているんですよね。
これによりボルトの締付けトルクがしっかりと掛かり締結強度がアップします。









d0156040_1833267.jpg


こちらも本締めしたらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
もちろん1G状態で締めてますよ!!






今回リジカラポイント以外にもミスリルを施工しました。






d0156040_1852181.jpg


まずはフロントショックです!

ショックにミスリルを施工すると内部のオイルが活性化しますので、
オイル容量をアップしたような効果が出るんです。
単純に減衰力が上がるのではなく、しなやかな動きに変化します。
まるで上級クラスのショックに交換したような・・・ というのは言いすぎ!?(笑








d0156040_1893664.jpg


もちろんリアショックにも施工しましたよ!
別体式なんでフロントに比べて施工は簡単なんです。




この度はお買い上げありがとうございました。














d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-01-11 09:26 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★N-BOX★ ミ... 進化剤施工!★S660★ヴェル... >>