リジカラ装着!★DJ5 デミオ★

今日、久しぶりに虹を見ました!
何年ぶり?っていうぐらい超久々でしたね~。
しかも二重の虹でしたよ。
まあ、外側のはちょっと薄めではありましたが・・・


現在、当店では・・・

2月末までリジカラフェアを開催中! 

いつものようにフェアの特典をご用意しました!

*アライメント特別料金
 通常よりもプライスダウンした料金に設定!

*ミスリル施工サービス
 通常オプション料金のミスリルをサービス施工!

*リジカラグッズプレゼント
 グッズが何かはその時のお楽しみに!


おかげさまで多くのご注文をいただいております。
そのため1月中の土・日はすでに予約で一杯となっております。
時間の掛かる作業はお受けできない状況なんです。
オイル交換や進化剤施工などの作業は可能な場合があります。
ご迷惑お掛けいたしますが、よろしくお願いします。




さて本日ご紹介のクルマから今年の作業分になります。
(リジカラの作業に関してはですが・・・)







DJ5 デミオ!









d0156040_17534821.jpg


何気にこの型のデミオは装着台数が多いですね~!
リアだけ装着を含めるとこれで4台目になります。
プリウスの圧倒的台数に比べればまだまだではありますが、
単独の型式で4台っていうのはけっこう多いほうだと思いますよ!!





で、このお客さんは・・・ っていういつものパターン!



d0156040_1757390.jpg


大阪 からのご来店でした!
遠方からわざわざありがとうございます。





で、このクルマはマツダ車ですから、いつものように・・・





d0156040_17585541.jpg


アンダーカバーを外すのに、
こんなにたくさんのクリップやボルトを外さないといけないんですよね~。
最近は各メーカーともこの傾向があるんですが、
特にマツダ車がクリップ等の数が多いように思えます。
これって本当にコストダウンになってるんでしょうか?






d0156040_1814582.jpg


まずはフロントの装着ポイントです!
片側3ヶ所ずつの合計6ヶ所になります。

FFタイプに四角形タイプを組み合わせたような形状のサブフレームです。
当然ながらこちらのほうがFFタイプより強度は高いですね。
コンパクトカーでこの形状を採用しているのは評価出来るんじゃないでしょうか。







d0156040_1851555.jpg


いつもの横からビューです!
A部は写っていませんが、B・C部は確認できますね。
この写真だとFFタイプのサブフレームにしか見えませんね。(笑







d0156040_1874747.jpg


フロント用のリジカラです!
3種類で合計12ピースになります。

全て片側突起タイプですね。
突起の径は全て太めになっていますが、
短いタイプが2種類8ピースと長いタイプが1種類4ピースの構成です。







d0156040_18114837.jpg


まずは  部の図解です!

ここのサブフレームはプレスした鉄板を貼りあわせただけの薄い構造です。
ですので片側突起を上向きに装着することで、
ボディーのガイド穴とサブフレームの穴にハマる方式です。







d0156040_1815026.jpg


装着中の写真です!

突起が上向きのみでしたので、両方のリジカラは上側に貼り付いています。
各々の穴に突起がハマった状態ですね。

もちろんミスリル施工もやってます!
リジカラフェアの特典でサービスになってますからね。






d0156040_18164637.jpg


続いて  部の図解です!

基本的な構造は先ほどと同じですね。
違うところと言えば、サブフレームの穴径が少し小さいので、
リジカラの突起も少し細めの物を使ってるぐらいでしょうか。







d0156040_18193138.jpg


装着中の写真です!

こちらも上側に貼り付けて、各々の穴に突起をハメ込んだ状態です。








d0156040_18204111.jpg


続いて C 部の図解です!

ここはサブフレームの固定ボルトが、
ロアアームブッシュのインナーカラーの固定も兼用しています。
そのためリジカラの突起はサブフレームだけでなく
インナーカラーにも掛かりますので、ブッシュの固定位置も矯正されます。

ここは片側突起タイプで上下からサンドイッチする方式ですね。








d0156040_18241179.jpg


サブフレームの穴径とボルト径の違いに笑っちゃいますね!
ここまで差を付けなくても・・・ って思いますが。(笑

黒いサブフレームの穴から見えてる白い円形部分が、
インナーカラーの上面になります。
サブフレームの穴位置とズレているのがわかりますかね?
インナーカラーの内径もかなり大きいので、けっこうズレ幅がありそうです。








d0156040_182843.jpg


装着中の写真です!

上下のリジカラの突起の先端が穴にハマっている状態です。
インナーカラーもズレていましたんで、
ブッシュの位置も動かしてやらないと突起はハマってくれないんです。
ロアアームをこじりながら突起のハマるポイントを探す作業が必要になります。

一旦突起が掛かってしまえば大丈夫。
ボルトを締めることで突起のテーパーに沿って自然とセンターが揃います。
これでロアアームブッシュも正しい位置で固定されますね。








d0156040_1832385.jpg


ここはブッシュの固定部ですのでそのままボルトを本締めしてはいけません。
いつも言ってる1G締めが必要な部分なんです。
タイヤを付けてリフトを降ろします。
クルマを前後させてブッシュを落ち着かせます。
再度リフトをタイヤごと持上げてから規定トルクで本締めします。
簡単なことですが大事なポイントなんです。

本締めが終わったらボルトの頭にもミスリルをヌリヌリ!
ガセットプレートにも塗ってますよ!!









d0156040_1837267.jpg


続いてはリアの装着ポイントです!

お馴染みのトーションビーム式アクスルです。
ボディーへの固定部分2ヶ所に装着するようになります。






d0156040_18391031.jpg


ボディーの穴径とボルト径とに差があるので、スキマが出来ています。
ワッシャが大きいのはスキマを誤魔化すための
せめてもの抵抗なんでしょうか?(笑








d0156040_1841342.jpg


リア用のリジカラです!

こちらもお馴染みの形状ですね。
センターの突起が先ほどのスキマにハマリ込みます。
リジカラの外径が大きめなのは、先ほどのワッシャをかわすためです。







d0156040_18433017.jpg


リアの図解です!

突起がスキマを埋めることで、ボディーの穴とボルトのセンターが揃います。
これによりブッシュも正しい位置で固定されるようになります。

ワッシャとボディーに挟まれる部分は肉厚になっています。
これはボディーの補強板の役目も兼ねているんです。
ボルトの締め付けトルクがしっかり掛かって締結強度がアップするんです。







d0156040_18465761.jpg


ここもいつものように1G締めをしてやります。
リフトアップした状態で本締めしてしまうと、
クルマを降ろした時にブッシュにヨジレが出てしまうんですよね。
そうなるとせっかくのリジカラ効果が台無しですから・・・

本締め後はこちらもボルトの頭にミスリルをヌリヌリ!
最後にアライメント調整をして完了です。


この度はお買い上げありがとうございました。














d0156040_1912777.jpg


岡山県倉敷市の「田舎のタイヤ屋さん」です。(笑
軽トラのタイヤ交換1本から、オイル交換・インチアップ・カーナビなどをはじめ
ドレスアップやローダウンもおまかせください。
ハードなチューニングやエンジン・MTなどのオーバーホールもやってます。
車検・一般整備・鈑金修理・中古車販売もお気軽にご相談ください。
当店は進化剤のマイスター店です。
超進化剤NT-1、塗る進化剤ミスリル、冷却系進化剤ZOMAも取扱っています。

http://www.auto-r.com/index.html

by AutoReference | 2016-01-18 19:08 | リジカラ | Comments(0)

<< 進化剤施工!★ギャラン・フォル... 進化剤施工!★VWシロッコR★... >>